サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 古山喜章の最新刊
    2月28日発売!「社長!カネ回りをよくしたければ 銀行の言いなりはやめなさい!」(著:古山喜章、発行:ダイヤモンド社)税込み1,620円 銀行交渉を有利に運ぶことで、稼いだお金をより多く残せます。銀行の実態に即した知識と交渉術を、余すことなくお伝えする、銀行交渉本の新バイブルです。

次回セミナーのお知らせ!

  • 次回セミナー日程のお知らせ
    6月20日・27日 古山喜章のセミナー 「《決算書》見方、読み方、今年の磨き方」 主催:日本経営合理化協会 は好評にて終了しました。 次回セミナーは、 11月22日(大阪)、28日(東京)にて、 「決算対策セミナー」を予定しております。 詳細はあらためてご案内いたします。

好評発売中!

  • 福岡雄吉郎の最新刊
    「会社にお金を残したいなら 今すぐ経費を増やしなさい」(著:福岡雄吉郎、発行:ダイヤモンド社) 税込1,620円。 リターンのない社外流出である税金を、いかに減らし、稼いだお金を会社にしっかり残すのか。誰もが知りたくなる実務を詳細に書いた、中小企業必携の一冊です!

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 10年後にどれだけ残っているだろうか? | トップページ | 完全キャッシュレス化への道 ④ »

2012年11月10日 (土)

企業で起こる不正⑦

福岡雄吉郎です。

今回は、ホームセンターJ社で起こった不正について紹介します。

J社には、毎日大量の商品が入庫されます。
一部の商品は、運送会社K社によって納品されていました。
納品時には、入荷リストと商品を照合して検品します。
入荷リストと、納入商品の品名や数量が整合しているかを確認し、
受領書にサインしたうえで、納品完了としていました。

K社のドライバーは、
長い間J社の担当になっていました。
J社の検品担当者とも親しく話すなど、
お互い信頼関係が出来ていました。

当初は、一つ一つ検品を行っていました。
しかし、次第に、馴れ合いの関係から、
J社の担当者はいちいち確認せずに、
受領書へサインするようになっていきました。

それをいいことに、あるときから、
K社のドライバーは、商品の一部を抜き取って、
納品するようになっていました。

J社では棚卸を1年に1回しか行っていませんでした。
棚卸をしてみると、帳簿上であるはずの数量が、
実際には全くないことが分かったのです。
そして、調査を進めていくと、
K社のドライバーが横領していたことが発覚したのです。

J社の社内で起こった不正ではなかったものの、
不正の原因は、J社側にもありました。
ドライバーと馴れ合いの関係にならず、
検品を丁寧に行っていれば、こうした不正は防止できました。
また、棚卸を毎月行っていれば、
早期の発見につながったはずです。

信頼関係と「馴れ合い」の関係というのは表裏一体です。
馴れ合いの関係が強くなると、
不正の発生する可能性が高まります。

たくさんの商品を扱う店舗や、
毎日、頻繁に納品が行われる店舗などでは、
①ドライバーとの信頼関係や、忙しさを理由に、
検品がおざなりになっていないか確認すること
②検品担当者をローテーションさせる、
あるいは、人事異動させること
など、一度検討されてはいかがでしょうか。

« 10年後にどれだけ残っているだろうか? | トップページ | 完全キャッシュレス化への道 ④ »

社内不正」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 企業で起こる不正⑦:

« 10年後にどれだけ残っているだろうか? | トップページ | 完全キャッシュレス化への道 ④ »

おすすめブログ

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック