サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

相続対策セミナーのお知らせ

  • 相続対策セミナーのお知らせ
    相続対策セミナーの日程が決定しました。 6月26日(水)東京、6月28日(金)大阪 主催:日本経営合理化協会 講師:古山喜章、福岡雄吉郎 詳細&お申し込みは改めてお知らせいたします。

ICO新刊発売のお知らせ!

井上和弘「経営革新全集」10巻完結記念講演会 CD発売!

  • 井上和弘「経営革新全集」10巻完結記念講演会 CD発売!
    2023年7月に開催され大好評を得た、井上和弘の記念講演セミナーを完全収録!全集のエッセンスを凝縮してお届けします! 移動中などにお聞きいただき、学びを深めてください。 動画でも視聴できるよう、購入者専用アクセスコードも入っております。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 何が“成長”なのか? | トップページ | キャッシュレス対応 八策 その7 »

2013年2月28日 (木)

“ビッグデータ”って、なんだ?

古山喜章です。

最近、新聞紙上で“ビッグデータ”という言葉を
見る機会が増えてきました。
私自身、“なんのことだろう?”と疑問に感じました。

要は、
これまでの分析では取り入れられなかった、
幅広いデータソースのことを含めて、
あらゆる収集可能なデータを総称する言葉のようですね。

通信技術、モバイル機器、ICセンサー、口コミサイト、など、
情報革命によって、あらゆる情報がデータ化されるようになりました。
それらの情報を元に分析し、さまざまな予測を立てるわけです。
が、いまのところ、
それら全ての情報を元に分析しているわけではなく、
ある一部の情報を活用している、という状況なのです。

ところが、この“ビッグデータ”を活用することによって、
より早く、より正確に、予測を立てることができる、というわけです。
解析元データが多くなるのですから、そうなるでしょうね。

予防医学に活用する、
ヒット商品の目を早期に見つけ出す、
犯罪防止に活用する、
などといったことが検討されています。

そのためには、
巨大な情報記憶装置と超高速情報処理機能が必要となるようで、
大手企業を中心に、研究開発が進んでいるようです。

そしてやがて、その流れは中小企業にも及ぶでしょう。
おそらく、10年後には、
一般的な分析技術として運用されるのでは、と考えています。
そのときに出遅れることのない企業は、
やはり、ITやシステムに乗り遅れていない企業です。
中小企業にとって、IT・情報技術を活用できるかどうかが、
未来へ存続・繁栄しつづける、必須条件なのです。

« 何が“成長”なのか? | トップページ | キャッシュレス対応 八策 その7 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: “ビッグデータ”って、なんだ?:

« 何が“成長”なのか? | トップページ | キャッシュレス対応 八策 その7 »

2024年 ご挨拶動画

おすすめブログ

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック