サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 古山喜章の最新刊
    「社長の決算書の見方・読み方・磨き方」(著:古山喜章、発行:日本経営合理化協会)税込み15,660円 銀行対策、税務対策など、会計事務所任せではできない決算対策の実務を網羅した一冊!決算対策の新・バイブルです!

好評発売中!

  • 井上和弘の最新刊
    「承継と相続 おカネの実務」(著:井上和弘、発行:日本経営合理化協会) 税込14,580円。 著者の長年にわたる指導体験をもとに、オーナー社長の承継と相続対策の実務を惜しみなく著した、他の誰にも書けない、渾身の一冊です。

古山喜章 出版記念セミナーのお知らせ

井上和弘次回セミナーのお知らせ!

  • 井上和弘次回セミナー日程のお知らせ
    平成30年6月5日(火)東京・27日(水)大阪にて、「高収益を稼ぎ出す、社員・組織の作り直し方」をテーマに開催します。 主催:日本経営合理化協会 詳細は改めてお知らせします。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« セミナー「事業承継の成功実務」終了しました | トップページ | 試供品はありませんか? »

2013年2月15日 (金)

キャッシュレス対応 八策 その6

古山喜章です。

遠方への出張があるから、という理由で、
事業所や支店が小口現金を持っている、
というケースがあります。

“本社での会議に出るから”
“取引先への出張が多いから”
などなど、理由はさまざまです。

それでも、
小口現金のための口座を作り、
不足がでれば本部から入金する。
その現金を現地の担当者が出金しにゆく。
出張者は仮払い申請をして現金を受ける。
出張が終われば仮払い精算をする。

細かな作業ばかりですが、かなりの時間はかかります。
つまり、それだけコストがかかるわけです。
不正がないかのチェックも必要になります。

そこで、
遠方交通費のキャッシュレス対策として、
最もよくみかけるのが、やはり、“個人の立て替え払い”です。
その場合、立て替えする社員の多くは、
個人のクレジットカードでチケットを買っていますね。

クレジットなら、実際の引き落としは先になるし、
現金を用意する手間が要りません。
個人にしたって、キャッシュレスのほうが便利なのです。
細かい話し、クレジットのポイントもたまります。
仮払い申請も不要です。

で、支出申請をし、
出張手当などとあわせて、給与振り込み時に入金される。
これで十分じゃないでしょうか?

これだけでも、
事業所での小口現金管理や、仮払い管理、
などの業務がなくなるわけですから。

遠方交通費のための小口現金があるなら、
せめてこの程度のことは実施し、
ムダな小口関連業務を減らしてほしいのです。

« セミナー「事業承継の成功実務」終了しました | トップページ | 試供品はありませんか? »

財務・会計・キャッシュフロー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1165409/49404222

この記事へのトラックバック一覧です: キャッシュレス対応 八策 その6:

« セミナー「事業承継の成功実務」終了しました | トップページ | 試供品はありませんか? »

おすすめブログ

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック