サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 古山喜章の最新刊
    「社長の決算書の見方・読み方・磨き方」(著:古山喜章、発行:日本経営合理化協会)税込み15,660円 銀行対策、税務対策など、会計事務所任せではできない決算対策の実務を網羅した一冊!決算対策の新・バイブルです!

好評発売中!

  • 井上和弘の最新刊
    「承継と相続 おカネの実務」(著:井上和弘、発行:日本経営合理化協会) 税込14,580円。 著者の長年にわたる指導体験をもとに、オーナー社長の承継と相続対策の実務を惜しみなく著した、他の誰にも書けない、渾身の一冊です。

井上和弘次回セミナーのお知らせ!

  • 井上和弘次回セミナー日程のお知らせ
    平成30年3月7日(水)東京・13日(火)大阪にて、「事業承継の実務」をテーマに開催します。 主催:日本経営合理化協会 詳細・お申し込みは、こちらから。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« どうなる?少人数私募債の利子課税 | トップページ | 高齢社員をむやみに採るな! »

2013年3月 9日 (土)

眠ったままの制服

福岡雄吉郎です。

関西地方にある、警備会社での話です。
貸借対照表を見ると、「貯蔵品」が200万円程度ありました。

貯蔵品とは、「原材料や商品以外で製造、営業、事務用に購入した、
消耗性資産の資産で未使用のもの」です。
「なぜ、警備会社でそんなにあるのだろう?」と聞くと、
「制服ですよ。」との答えが返ってきました。

制服といっても、200万近くとは結構な額です。
先日、実際に制服を見せてもらいましたが、
制服はオーダーメイドで作っていたことが分かりました。
当然、価格も市販のものより高くなります。
私は、「なぜ、オーダーメイドなのですか?」と質問しました。

「市販の制服は、メーカー側の理由で型がよく変更され、
今制服を買っても、数年後には型が変わってしまうことが、よくあった。
警備業では、制服が変わると、公安委員会に届出の必要があるため、
そうした手間を考えると、オーダーメイドのほうが安く済むと考えた」
という説明でした。

しかし、オーダーメイドの場合、
まとまったロットで発注しないと、生産してもらえません。
すべて使えばよかったのですが、仕事量が減り、
未使用の制服が大量に残ってしまっています。
当然、この中には、まったく動いていない在庫も含まれています。

そこで、担当者には、
「期末に棚卸したときに、正常在庫と不良在庫に分類して、
不良在庫は処分して、特別損失として計上してください。」
と伝えました。

決算の際に棚卸する、という会社は多いですが、
「数えて終わり」という会社が結構多いです。
この会社の棚卸も、これまで「数えて終わり」でした。
そうではなくて、
①不良在庫がないか検討する
②不良在庫があれば処分(返品、売却、廃棄)する
③処分したら、特別損失で処理する
という対策を講じるのです。

そうすれば、倉庫のスペースもすっきりするし、
何より、税金の支払が抑えられるので、
資金繰りがラクになります。

この会社には長年、顧問契約を結んでいる税理士がいます。
しかし、そもそも制服を「貯蔵品」として計上する必要があるのか?
という点も含めて、何もアドバイスはありません。
先週に引き続き、顧問税理士に違和感を覚えました。

« どうなる?少人数私募債の利子課税 | トップページ | 高齢社員をむやみに採るな! »

節税対策&決算対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1165409/50659721

この記事へのトラックバック一覧です: 眠ったままの制服:

« どうなる?少人数私募債の利子課税 | トップページ | 高齢社員をむやみに採るな! »

おすすめブログ

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

最近のトラックバック