サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 古山喜章の最新刊
    「社長の決算書の見方・読み方・磨き方」(著:古山喜章、発行:日本経営合理化協会)税込み15,660円 銀行対策、税務対策など、会計事務所任せではできない決算対策の実務を網羅した一冊!決算対策の新・バイブルです!

好評発売中!

  • 井上和弘の最新刊
    「承継と相続 おカネの実務」(著:井上和弘、発行:日本経営合理化協会) 税込14,580円。 著者の長年にわたる指導体験をもとに、オーナー社長の承継と相続対策の実務を惜しみなく著した、他の誰にも書けない、渾身の一冊です。

井上和弘次回セミナーのお知らせ!

  • 井上和弘次回セミナー日程のお知らせ
    平成30年6月5日(火)東京・27日(水)大阪にて、「高収益を稼ぎ出す、社員・組織の作り直し方」をテーマに開催します。 主催:日本経営合理化協会 詳細は改めてお知らせします。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 客足を遠ざける 7つの悪行 ③ | トップページ | 決算時のB/Sを縮める工夫 »

2013年3月 5日 (火)

3月末に増える、銀行からのお願い

古山喜章です。

決算書を見せていただくと、
“なんでこんなに現金があるのに、借入があるんですか?”
という場合があります。

“もし何かあったときのために”という返答もありますが、
同様に多いのが、
“銀行から、少しの間だけ借りてください、と頼まれて・・・”
というものです。

銀行からのお願いを、断り切れないのです。
“いやまあ、6月末には返すことになっていますから”
とおっしゃる方がおられます。
3月末以外が自社の決算月なら、
交換条件を出すなどして受け入れることもあるでしょう。
しかし、自社も3月末決算なら、
そのようなお願いは絶対に断ってほしいのです。
それではもう遅いのです。

結局、その借入が決算書にのり、
銀行格付けの判断材料となってしまうのです。
借入が増えることで、総資産が増えます。
となると、自己資本比率は下がってしまいます。
しかも、金利支払も発生します。
自社にとってなんのプラスもありません。

銀行だって、3月末は年度末です。
だから、決算書の数字をよくしたいのです。
つまりは、
決算書に占める融資金額の残高を大きくしたいのです。
手持ちのカネを、どれだけ貸せているか、
ということが銀行の評価に直結します。
決算書の数字をよくするために、営業努力をしているわけです。
で、その協力をしてしまっている、
というのが冒頭のような会社なのです。

3月に入って、銀行がやたらと声をかけてくる、
というなら、そのような誘いには絶対に乗らないでください。
逆手にとるなら、
“その代わりに現状の借入を借り換えで金利を下げてほしい”
“その代わりに返すときには、他の借入も併せて繰上げ返済させてほしい”
という、自社にメリットのある交換条件を出してほしいのです。

« 客足を遠ざける 7つの悪行 ③ | トップページ | 決算時のB/Sを縮める工夫 »

銀行交渉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1165409/49829701

この記事へのトラックバック一覧です: 3月末に増える、銀行からのお願い:

« 客足を遠ざける 7つの悪行 ③ | トップページ | 決算時のB/Sを縮める工夫 »

おすすめブログ

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック