サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 古山喜章の最新刊
    「社長の決算書の見方・読み方・磨き方」(著:古山喜章、発行:日本経営合理化協会)税込み15,660円 銀行対策、税務対策など、会計事務所任せではできない決算対策の実務を網羅した一冊!決算対策の新・バイブルです!

好評発売中!

  • 井上和弘の最新刊
    「承継と相続 おカネの実務」(著:井上和弘、発行:日本経営合理化協会) 税込14,580円。 著者の長年にわたる指導体験をもとに、オーナー社長の承継と相続対策の実務を惜しみなく著した、他の誰にも書けない、渾身の一冊です。

古山喜章 出版記念セミナーのお知らせ

井上和弘次回セミナーのお知らせ!

  • 井上和弘次回セミナー日程のお知らせ
    平成30年6月5日(火)東京・27日(水)大阪にて、「高収益を稼ぎ出す、社員・組織の作り直し方」をテーマに開催します。 主催:日本経営合理化協会 詳細は改めてお知らせします。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 高齢社員をむやみに採るな! | トップページ | 労働条件通知書の見直しはできていますか? »

2013年3月12日 (火)

銀行に言ってみたかった言葉

古山喜章です。

ある経営者がこう言いました。
“このあいだ、銀行に初めて言えた言葉があるんですよ”
とおっしゃるのです。
“どんな言葉ですか?”とお聞きしました。

こういう言葉だそうです。
“「いやぁ、いまのところ借りる案件はないので、
どうかお引き取りください」”

普段から使っている方にはどうってことのない言葉なのですが、
“銀行にそんなこと、言ったことがないです!”
という経営者も結構おられるのです。

で、銀行から借りてください、と言われると、
簡単に借りてしまうのです。
心のどこかで、
“銀行の言うことをきいておかないと、貸してくれないかもしれない”
という不安を抱えておられる場合が多いですね。
あるいは、
経理担当者が銀行出身者で、古巣にいい顔をしたいから、
“借りておいたほうがいいですよ”
などと言われ、借りてしまうのです。
冒頭の経営者も、このパターンでした。

いずれの場合も、
財務に明るくないから、銀行のことがよくわからないから、
判断ができず、申し出を受けてしまうのです。

そこで冒頭の経営者は、
財務のことを勉強し、判断できるようになってきたのです。
と、
銀行は、言うことを聞いてくれる企業に貸すのではなく、
返済能力があるとみている企業に貸したい、
ということも理解されたのです。
で、これまで言えなかったセリフをようやく言えたのです。

“言ってみてどうでした?”
とお聞きすると、
“いやぁ、なんか気持ちいいですねぇ。スッキリしました。”
とのことでした。

さらに、
“それ以来、今まで以上にウチに来るようになったんですよ”
とのことで、
“これまでさんざん協力してきたんだから、
しばらくはスッキリする言葉を使い続けます。”
と、気持ちよさそうに語っておられました。

財務に明るくなり、融資の要・不要の判断ができるだけで、
経営者にとっては、とても大きな自信となるのですね。

« 高齢社員をむやみに採るな! | トップページ | 労働条件通知書の見直しはできていますか? »

銀行交渉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1165409/50700127

この記事へのトラックバック一覧です: 銀行に言ってみたかった言葉:

« 高齢社員をむやみに採るな! | トップページ | 労働条件通知書の見直しはできていますか? »

おすすめブログ

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック