サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 古山喜章の最新刊
    「社長の決算書の見方・読み方・磨き方」(著:古山喜章、発行:日本経営合理化協会)税込み15,660円 銀行対策、税務対策など、会計事務所任せではできない決算対策の実務を網羅した一冊!決算対策の新・バイブルです!

好評発売中!

  • 井上和弘の最新刊
    「承継と相続 おカネの実務」(著:井上和弘、発行:日本経営合理化協会) 税込14,580円。 著者の長年にわたる指導体験をもとに、オーナー社長の承継と相続対策の実務を惜しみなく著した、他の誰にも書けない、渾身の一冊です。

井上和弘次回セミナーのお知らせ!

  • 井上和弘次回セミナー日程のお知らせ
    平成30年6月5日(火)東京・27日(水)大阪にて、「高収益を稼ぎ出す、社員・組織の作り直し方」をテーマに開催します。 主催:日本経営合理化協会 詳細は改めてお知らせします。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 銀行取引の「なぜ?」 ②必要以上の現金を借りる不思議 | トップページ | 銀行取引の「なぜ?」 ④担保・保証人がなくならない不思議 »

2013年4月11日 (木)

銀行取引の「なぜ?」 ③長期より短期の方が多い不思議

古山喜章です。

銀行取引のことをお聞きすると、
“なぜ?そうなのですか?”
と感じることがしばしばあります。

③長期より短期の方が多い不思議

B/S面積グラフを作成してみると、
長・短借入のバランスが、おかしい場合があります。
長期よりも、短期のほうが多くなっているのです。

そのため、
自己資本と長期借入で固定資産をまかなうことが、
できなくなってしまっています。
で、不足分を短期借入金でまかなっているのです。
当然、毎月の返済額も大きくなります。

“なぜ、短期のほうが多いんですか?”
とお聞きします。
“資金繰りが厳しくなったときに銀行から勧められて・・・”
“経理担当がこうすればうまく回ります、と言っていたので・・・”
などなど。
要は、言われるがままにそうしてしまった、というわけです。

何事も、
実務担当者は、自分がやりやすい方法や、
自分にメリットのある方法を勧めます。

この場合、銀行にしたら、
本部決済の長期で貸すより、
支店決済できる単名手形の短期貸付けにしたほうが、
手続きも簡単で、ラク、なのです。
面倒くさくないのです。
で、それでも金利はとれるのですから・・・。

経理担当にしても、
銀行の本部決済に必要な書類を準備したり、
交渉をすることを思うと、ラク、なのです。

そこには、
強い財務体質にしたいとか、余計な金利がないようにしたい、
などという思いはありません。
結局、担当者レベルで、自分がラクかどうか、なのです。

しかも、
このパターンに一度入り込むと、簡単には抜け出せません。
少なくとも、担当者レベルまかせでは、
この体質から抜け切れなくなります。

少人数私募債を活用して、経営者が資金を入れる。
長期で別途調達し、短期を終わらせてしまう。
キャッシュアウトを減らして、短期返済を終える。
などの手立てが必要になります。

一度、自社のB/Sをチェックしてみてください。
短期借入のほうが長期借入よりも多いなら、
危険信号なのですよ。

« 銀行取引の「なぜ?」 ②必要以上の現金を借りる不思議 | トップページ | 銀行取引の「なぜ?」 ④担保・保証人がなくならない不思議 »

銀行交渉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1165409/51156799

この記事へのトラックバック一覧です: 銀行取引の「なぜ?」 ③長期より短期の方が多い不思議:

« 銀行取引の「なぜ?」 ②必要以上の現金を借りる不思議 | トップページ | 銀行取引の「なぜ?」 ④担保・保証人がなくならない不思議 »

おすすめブログ

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック