サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

労務コスト削減セミナーのお知らせ

  • 労務コスト削減セミナーのお知らせ
    労務コスト削減セミナーの日程が決定しました。 10月17日(木)大阪、10月25日(金)東京 主催:日本経営合理化協会 講師:古山喜章 ゲスト講師:福田秀樹 詳細&お申し込みはこちらから。

福岡雄吉郎「賢い節税 100の打ち手」CD発売!

  • 福岡雄吉郎「賢い節税 100の打ち手」CD発売!
    知らないと大損する!社長個人と会社のお金を正しく守る実務。 1話4分、全100項で、どこから手を付けてもお金が残せる実務を解説しています。  皆で頑張って稼いだ会社と社長のお金を1円でも多く残し、いざという時でも安心できる「お金に困らない経営」を実現するため、本CDの講話をいち早くご活用ください。

ICO新刊発売のお知らせ!

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 新入社員の成長を祈ります | トップページ | 銀行取引の「なぜ?」 ①借入先は1行のみ »

2013年4月 6日 (土)

有価証券の簿外取引②

福岡雄吉郎です。

前回は、3月決算の会社が、証券会社から残高証明書をとったら、
不正が発覚した、という話でした。

経理部長は、社長に内緒で「信用取引」を行っていました。
信用取引は、証券会社に対して一定の証拠金を積んで、
その何倍もの規模の株式を借りて、売買するという取引です。
ハイリスク・ハイリターンといえ、投資というよりは投機です。
不正発覚時点で、損失額は経常利益の3年分に膨らんでいました。

調べると、経理部長は信用取引の口座を、
社長に内緒で勝手に開設し、取引を行っていました。
ここで、疑問が2つ浮かびます。
①なぜ、不正が行えたか?
②なぜ、気づかなかったのか?

①経理部長は、前社長時代から部長を務めていました。
社内の信頼は大変厚く、印章管理は部長に一任されていました。
そのため、簡単に契約(取引口座の開設)ができたのです。
経理部長は、ギャンブル好きな一面はありましたが、
普段の仕事はしっかりこなしていたため、
まさか裏で不正を行っているとは、誰も思いませんでした。

②今回は、社長宛の郵便物に注意すれば、気づけました。
証券会社と取引を行うと、その都度、証券会社から
「取引残高報告書」が送付されていました。
しかし、経理部長は、これが社長に渡る前に回収していました。
だから、社長は不正取引を知るよしもなかったのです。
経理部長の机を調べると、直近の報告書が隠されていました。

こうした不正の対策としては、
①印章管理
・実印は社長が管理する
・手提げ金庫のなかに、小さな印鑑箱を入れ、
 それぞれのカギは別々の人間に管理させる
・実印と印鑑証明書は、別々に保管する
・検印簿を作成して、複数の社員で運用する

②郵便物の取扱い
・社長宛の郵便物は、総務に封を切らせる
・開封物は、必ず社長のもとに届けさせる

③残高証明書の取り寄せ(1通1000円程度)
などが、考えられます。

経理部長いわく、
「最初は利益をあげていたが、途中から損失に変わった。
損失を取り戻そうとしてから報告しようと思ったが、
損失は膨らむばかりで、告白するタイミングを失ってしまった。」

印章管理や郵便物の取扱いについて、
一度、確認されてはいかがでしょうか。

« 新入社員の成長を祈ります | トップページ | 銀行取引の「なぜ?」 ①借入先は1行のみ »

社内不正」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 有価証券の簿外取引②:

« 新入社員の成長を祈ります | トップページ | 銀行取引の「なぜ?」 ①借入先は1行のみ »

2024年 ご挨拶動画

おすすめブログ

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック