サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 古山喜章の最新刊
    「社長の決算書の見方・読み方・磨き方」(著:古山喜章、発行:日本経営合理化協会)税込み15,660円 銀行対策、税務対策など、会計事務所任せではできない決算対策の実務を網羅した一冊!決算対策の新・バイブルです!

好評発売中!

  • 井上和弘の最新刊
    「承継と相続 おカネの実務」(著:井上和弘、発行:日本経営合理化協会) 税込14,580円。 著者の長年にわたる指導体験をもとに、オーナー社長の承継と相続対策の実務を惜しみなく著した、他の誰にも書けない、渾身の一冊です。

井上和弘次回セミナーのお知らせ!

  • 井上和弘次回セミナー日程のお知らせ
    平成30年3月7日(水)東京・13日(火)大阪にて、「事業承継の実務」をテーマに開催します。 主催:日本経営合理化協会 詳細・お申し込みは、こちらから。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 会計士と税理士はどう違う?① | トップページ | 回収・支払にこだわらない社員たち ② »

2013年4月15日 (月)

回収・支払にこだわらない社員たち①

古山喜章です。

“どうしてウチの社員はもっと考えて行動しないんですかねぇ・・・”
という経営者の声をよく聞きます。
“何がですか???”とたずねます。
特に多いのは、回収や支払いに関することです。

①社員はパターンで動きたがる

資材の仕入見積りを毎年行なっている企業の話しです。
毎年、見積価格を競わせ、コストダウンを図ろうというわけです。

その後継社長が嘆きます。
“担当者が3社から見積りを取っているんですけど、
過去をさかのぼらせたら、ずっとその3社なんですよ!”
“え!それで結果はどうなっているんですか?”
とお聞きすると、
“それが・・・、毎年交代のようにグルグル入れ替わっているんです・・・”
というのです。

“それって、購買担当者と癒着じゃあ・・・”
“いや、それはどうもないようなんです、けど、
その3社間で談合があるかどうか、はわからないんです”

毎年同じ3社で見積りを取り、
判で押したように順番で業者が入れ替わる。
ということは、
“ひょっとしたら、その3社が談合をして、
いいように取り扱われているかもしれない”
という疑問を、社員に持って欲しいわけです。
で、新たな業者を入れるなりしてほしいわけです。

しかし、多くの社員は、
“去年はこの3社だったから、今年もそうしておこう”
くらいにしか考えていません。
新しい業者を入れるような、面倒くさいことはしたくないのです。

特に、過去数年、そのパターンで続いていると、
なおのこと、そのパターンで物事を進めてしまいます。
そうです、社員はパターンで行動するのです。
そうしておけば、間違いではない、と思うからです。

しかし、
間違いではないけれども、正解でもないわけです。
経営者の思いは、どうすれば1円でも支払いを安くできるか、です。
間違いではない、というレベルは、言い換えれば現状維持です。
現状維持のカベを、経営者は打ち破って欲しいのです。
担当する仕事にかける、貪欲さがほしいわけです。

ある業務がパターン化し、ルーティーンになり出すと、
それはもはや、現状維持になりつつあるのです。
現状維持は、仕事を後退させ、
結局は、ゆでがえるのごとく、業績を後退させてゆきます。
パターン化しそうな芽があれば、早い内に摘んでほしいのです。

« 会計士と税理士はどう違う?① | トップページ | 回収・支払にこだわらない社員たち ② »

財務・会計・キャッシュフロー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1165409/51230100

この記事へのトラックバック一覧です: 回収・支払にこだわらない社員たち①:

« 会計士と税理士はどう違う?① | トップページ | 回収・支払にこだわらない社員たち ② »

おすすめブログ

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

最近のトラックバック