サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 古山喜章の最新刊
    「社長の決算書の見方・読み方・磨き方」(著:古山喜章、発行:日本経営合理化協会)税込み15,660円 銀行対策、税務対策など、会計事務所任せではできない決算対策の実務を網羅した一冊!決算対策の新・バイブルです!

好評発売中!

  • 井上和弘の最新刊
    「承継と相続 おカネの実務」(著:井上和弘、発行:日本経営合理化協会) 税込14,580円。 著者の長年にわたる指導体験をもとに、オーナー社長の承継と相続対策の実務を惜しみなく著した、他の誰にも書けない、渾身の一冊です。

井上和弘次回セミナーのお知らせ!

  • 井上和弘次回セミナー日程のお知らせ
    平成30年6月5日(火)東京・27日(水)大阪にて、「高収益を稼ぎ出す、社員・組織の作り直し方」をテーマに開催します。 主催:日本経営合理化協会 詳細は改めてお知らせします。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« ヤフーID流出トラブル | トップページ | 「リンカーン」に見るリーダーシップ »

2013年5月25日 (土)

債権の時効

福岡雄吉郎です。

どの会社にも、回収が遅れている債権があります。
この債権、種類によって時効が定められています。

建設工事の代金なら3年、
貸付金や家賃なら5年、
といった具合です。

先日、ある会社の債権明細を見たところ、
今も全額回収できていない、
3年前に発生した債権が100万円ありました。

で、話を聞くと、
「弁護士先生に相談したら、
“裁判をしても、時効となるため、債権放棄しましょう。”
と言われました。」とのこと。

しかし、よくよく聞くと、
その債権、ときどき1万円回収していたのです。
この場合、1円でも回収していたら、
その分、時効は延びるのです。

また、時効というのは、
債務者が、時効であることを主張することで、
初めて成立します。
ですから、時効期間が過ぎたからといって、
債権が消滅するわけではないのです。

経理担当者に、こういう知識が頭に入っていれば、
対応も違ったのでしょうが、
「弁護士先生がおっしゃるので、
てっきりそういうものだと思っていました。」とのこと。

滞留債権(回収が遅れている債権)が、
全くない会社であればよいですが、
そのような会社は、とても少ないです。

少しでも、滞留債権がある会社は、
是非こうした知識を、知っておいていただきたいです。

« ヤフーID流出トラブル | トップページ | 「リンカーン」に見るリーダーシップ »

財務・会計・キャッシュフロー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1165409/51761081

この記事へのトラックバック一覧です: 債権の時効:

« ヤフーID流出トラブル | トップページ | 「リンカーン」に見るリーダーシップ »

おすすめブログ

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック