サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

相続対策セミナーのお知らせ

  • 相続対策セミナーのお知らせ
    相続対策セミナーの日程が決定しました。 6月26日(水)東京、6月28日(金)大阪 主催:日本経営合理化協会 講師:古山喜章、福岡雄吉郎 詳細&お申し込みは改めてお知らせいたします。

ICO新刊発売のお知らせ!

井上和弘「経営革新全集」10巻完結記念講演会 CD発売!

  • 井上和弘「経営革新全集」10巻完結記念講演会 CD発売!
    2023年7月に開催され大好評を得た、井上和弘の記念講演セミナーを完全収録!全集のエッセンスを凝縮してお届けします! 移動中などにお聞きいただき、学びを深めてください。 動画でも視聴できるよう、購入者専用アクセスコードも入っております。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 財務を動かす損得感情 ③ | トップページ | なぜ、回収が遅れるのか④ »

2013年6月21日 (金)

財務を動かす損得感情 ④

古山喜章です。

“得をしたい!”
決算書には、経営者のそんな想いが表れます。

④“そのうち返すから・・・”

貸借対照表の資産に、“貸付金”という科目を見かけます。
それも、
流動資産には、“短期貸付金”があり、
固定資産には、“長期貸付金”がある、
という場合があります。
で、過去3年ほどさかのぼっても、
金額がまったく減っていない、
ということがあるのです。
つまり、まったく返していないのです。

“この貸付金って、なんなんですか?”
後継者や財務担当幹部にお聞きします。

すると、
“あぁ、これは、社長への貸付金ですねぇ・・・”
“ぜんぜん減ってないじゃないですか?”
“そのうち返すから、と言われて出金したんですけど、
 誰も「返せ!」なんて言えないんですよ・・・”
というパターンであったり、、
“社長が個人で株を買った分ですね・・・、
 たぶん、損しているんで返せないんだと思います・・・”
というパターンなど、さまざまです。

いずれにせよ、
個人が得をしたいがために、会社のカネを私物化してる、
ということに変わりはありません。
しかも、社内の誰が言おうとも、聞く耳を持ちません。
それに多くの場合、誰も言えません。

会社の資産は、業績を上げるためのものです。
それを、何を勘違いしているのか、
“オレが稼いだカネはオレの自由だ!”
と言わんばかりに、私物化しているのです。

しかも、
貸借対照表の右側には、しっかり、借入金がある、
というパターンがまた多い。
結局、銀行借入金を、私物化しているのと同じです。

その貸付金がなければ、
借入金をもっと減らし、総資産を減らし、金利を減らし、
自己資本比率を高め、総資本経常利益率を高める、
ということができたのです。

もっと銀行交渉に強くなれたのです。
天にツバする、とはこのことです。

個人ではなく、法人が得することを、
もっと考えて欲しいのです。

« 財務を動かす損得感情 ③ | トップページ | なぜ、回収が遅れるのか④ »

経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 財務を動かす損得感情 ④:

« 財務を動かす損得感情 ③ | トップページ | なぜ、回収が遅れるのか④ »

2024年 ご挨拶動画

おすすめブログ

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック