サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 古山喜章の最新刊
    「社長の決算書の見方・読み方・磨き方」(著:古山喜章、発行:日本経営合理化協会)税込み15,660円 銀行対策、税務対策など、会計事務所任せではできない決算対策の実務を網羅した一冊!決算対策の新・バイブルです!

好評発売中!

  • 井上和弘の最新刊
    「承継と相続 おカネの実務」(著:井上和弘、発行:日本経営合理化協会) 税込14,580円。 著者の長年にわたる指導体験をもとに、オーナー社長の承継と相続対策の実務を惜しみなく著した、他の誰にも書けない、渾身の一冊です。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« なぜ、回収が遅れるのか⑥ | トップページ | キャッシュレスが増えてきた ① »

2013年7月21日 (日)

日本映画の父は正しかった

古山喜章です。

「モンスターズ・ユニバーシティ」を見ました。
3Dで制作されていますが、メインの劇場は2Dです。
2Dのほうが、お客が集まるのです。
あれだけ騒いでいた3Dですが、ものの数年で、
ヒートダウンしているのが、明らかです。

やはり、3Dメガネを着用しての2時間はキツイ。
3Dテレビも、失速しています。
というか、さほど売れてません。

日本映画の父と言われたマキノ省三は、
“映画は、1.スジ 2.ヌケ 3.役者”
という言葉を、ヒットの条件として残しています。

1.スジ は、物語がいいこと。
3.役者 は、集客力のあるスターが出演していること。

2.ヌケ は、光と影がハッキリしていること。
映画草創期は、照明機材が不十分でした。
また、フィルムの感度もよくありませんでした。
そのため、光と影のバランスが悪くなり、
わかりにくい、見ずらい映像になることが多かったのです。

つまり、2.ヌケ とは、
見やすさ、わかりやすさ、なのです。

今で言えば、3D映像はこの、見やすさに欠けるのです。
日本映画の父は、正しかったのです。

だから、
オープン景気が長続きしない飲食店や、
ショッピングセンター同様、3D映画も、
リピーターを生み出せなかったのです。

メガネをせずに3D映像を楽しめる、
という技術が導入されるまで、
3D映画全盛の時代は、お預けといった感じですね。

« なぜ、回収が遅れるのか⑥ | トップページ | キャッシュレスが増えてきた ① »

日曜ビジネス映画劇場」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1165409/52478396

この記事へのトラックバック一覧です: 日本映画の父は正しかった:

« なぜ、回収が遅れるのか⑥ | トップページ | キャッシュレスが増えてきた ① »

おすすめブログ

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック