サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 古山喜章の最新刊
    「社長の決算書の見方・読み方・磨き方」(著:古山喜章、発行:日本経営合理化協会)税込み15,660円 銀行対策、税務対策など、会計事務所任せではできない決算対策の実務を網羅した一冊!決算対策の新・バイブルです!

好評発売中!

  • 井上和弘の最新刊
    「承継と相続 おカネの実務」(著:井上和弘、発行:日本経営合理化協会) 税込14,580円。 著者の長年にわたる指導体験をもとに、オーナー社長の承継と相続対策の実務を惜しみなく著した、他の誰にも書けない、渾身の一冊です。

古山喜章 出版記念セミナーのお知らせ

井上和弘次回セミナーのお知らせ!

  • 井上和弘次回セミナー日程のお知らせ
    平成30年6月5日(火)東京・27日(水)大阪にて、「高収益を稼ぎ出す、社員・組織の作り直し方」をテーマに開催します。 主催:日本経営合理化協会 詳細は改めてお知らせします。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 学級崩壊もあるけれど、職場崩壊もあります | トップページ | 平成26年高卒初任給調査データ »

2013年8月24日 (土)

ダメな税理士が作る決算書②

福岡雄吉郎です。

税理士の優劣を判断する一つの方法は、
損益計算書(PL)をもらったら、
営業外収益をみることです。

営業外収益には、
本業と、直接関係のない収益を計上します。
株式投資や保険の解約収入などです。

よく見るのは、例えば、
・受取利息
・受取配当金
・生命保険配当金
といったところです。
これらは、確かに営業外といえます。

もう一つ、よく見かけて、金額が大きいのが、
賃貸収入です。
科目は、
「受取地代家賃」
「賃貸収入」
「不動産収入」など、
会社によって違います。

一般的には、これらは営業外収益と言われています。
ダメな税理士は、教科書通りに、処理します。
しかし、分かっている税理士は、
これを「売上高」にもってゆきます。

売上高にしようが、営業外収益にしようが、
結論、どちらでも問題ないです。

「おたくは、なぜ、賃料を売上高にしているのですか?」
と言われたら、
「不動産収入も、事業の一つと考えているからです。」
と答えれば、それで終わりです。

営業外収益にしようが、売上高にようが、
支払う税金は変わりません。
なので、税務署にケチをつけられることもありません。

こうすることで、銀行が重視する、
「営業利益」を多く見せることができます。
営業利益が赤字なのと、黒字なのでは、
評価がまるで違います。

このように工夫することで、
赤字だった営業利益を、
黒字に見せることができる会社は、
たくさんあるはずです。

« 学級崩壊もあるけれど、職場崩壊もあります | トップページ | 平成26年高卒初任給調査データ »

節税対策&決算対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1165409/52994881

この記事へのトラックバック一覧です: ダメな税理士が作る決算書②:

« 学級崩壊もあるけれど、職場崩壊もあります | トップページ | 平成26年高卒初任給調査データ »

おすすめブログ

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック