サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

相続対策セミナーのお知らせ

  • 相続対策セミナーのお知らせ
    相続対策セミナーの日程が決定しました。 6月26日(水)東京、6月28日(金)大阪 主催:日本経営合理化協会 講師:古山喜章、福岡雄吉郎 詳細&お申し込みは改めてお知らせいたします。

ICO新刊発売のお知らせ!

井上和弘「経営革新全集」10巻完結記念講演会 CD発売!

  • 井上和弘「経営革新全集」10巻完結記念講演会 CD発売!
    2023年7月に開催され大好評を得た、井上和弘の記念講演セミナーを完全収録!全集のエッセンスを凝縮してお届けします! 移動中などにお聞きいただき、学びを深めてください。 動画でも視聴できるよう、購入者専用アクセスコードも入っております。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 給与明細の電子化を進めよ ① | トップページ | 実践者に聞く ~電話加入権の除却~① »

2013年9月19日 (木)

給与明細の電子化を進めよ ②

古山喜章です。

給与明細発行業務には、時間がかかります。
時間がかかるということは、コストがかかる、
ということです。
その割に、何の業績貢献もない、
というのが、給与明細発行業務です。

給与明細を電子化した企業の方に、聞いてみました。
在籍人数は、アルバイトも含め、数百人のレベルです。
各人が、社員番号をシステムに入力し、明細を閲覧する、
という方法です。
もちろん、プリントアウトも各自で可能です。

Q:従業員全員の分を、電子化されたのですか?
A:パートさんの中には、メールやインターネットなど、
  使う環境が身近にない方もおります。
  そのような従業員には、従来通り、明細を発行しています。
  が、10人前後のレベルです。
  それも、だんだん減る方向ですから、さして気にしてません。

Q:電子化になって、
明細をもらう立場としては、何か変わりましたか?
A:今まで以上に、明細を見なくなりました。
  特に管理職だと、さほど変化もないので・・・・。
  まあ、いつもどおりに振り込まれているだろう・・・、と。

Q:発行する側の作業としては、どうですか?
A:格段に、ラクになりました。
  今さらあの作業をしろ、といわれると、もうできませんね。

Q:導入までの期間はどれくらいかかりましたか?
A:検討を始めて数ヶ月でテスト導入し、
  2ケ月のテスト導入のあと、完全に移行しました。

この企業では、従来の給与システムを改良して、
明細発行を電子化することができました。
そもそも、
データそのものは電子化されているわけですから、
さほどハードルの高い改良ではなかったようです。

“明細を手渡しするから、コミュニケーションがとれる”
“ありがたみがなくなる”
などといって、
今までどおりに明細発行業務を続ける方が、
大きな間違いです。

管理業務のコスト削減の為にも、
一度検討してほしいことなのです。

« 給与明細の電子化を進めよ ① | トップページ | 実践者に聞く ~電話加入権の除却~① »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 給与明細の電子化を進めよ ②:

« 給与明細の電子化を進めよ ① | トップページ | 実践者に聞く ~電話加入権の除却~① »

2024年 ご挨拶動画

おすすめブログ

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック