サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 古山喜章の最新刊
    「社長の決算書の見方・読み方・磨き方」(著:古山喜章、発行:日本経営合理化協会)税込み15,660円 銀行対策、税務対策など、会計事務所任せではできない決算対策の実務を網羅した一冊!決算対策の新・バイブルです!

好評発売中!

  • 井上和弘の最新刊
    「承継と相続 おカネの実務」(著:井上和弘、発行:日本経営合理化協会) 税込14,580円。 著者の長年にわたる指導体験をもとに、オーナー社長の承継と相続対策の実務を惜しみなく著した、他の誰にも書けない、渾身の一冊です。

井上和弘次回セミナーのお知らせ!

  • 井上和弘次回セミナー日程のお知らせ
    平成30年3月7日(水)東京・13日(火)大阪にて、「事業承継の実務」をテーマに開催します。 主催:日本経営合理化協会 詳細・お申し込みは、こちらから。

古山喜章 出版記念セミナーのお知らせ

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 労務コスト上昇にどう備えるか ⑦ | トップページ | M&Aの現場から »

2013年9月 6日 (金)

むやみに決算書を渡さない

古山喜章です。

銀行融資を受けていると、毎年決算書の提出を求められます。
それはわかるのですが、
“えっ?どうして必要なの?”という場合があります。

“うちはなぜか毎年、リース会社に決算書を渡してたんですよ!”
という企業がありました。

で、それはおかしいと思い、社内の担当者に聞いたそうです。
“ずっと以前からそうしてますので・・・”
という返事だったそうです。

同時にリース会社の担当者にも聞いたそうです。
すると、
“ずっと、以前からいただいておりますので・・・”
と、同じ返事なのです。
結局、もらう方も、渡す方も、その目的を知らずに、
受け渡しをしていた、ということです。

理由も無く決算書を渡すことはしたくないので、
“もう今後は決算書をお渡ししませんので”
と、リース会社に伝えました。
すると先方は、
“どうなっても知りませんよ”と、言ってきたそうです。
とはいうものの、結局、何事も起こっていないのです。

今回の場合、おそらく、契約をスタートした当初のやりとりが、
慣例化してしまった、ということだと思うのです。
渡すにしても、
どの部分が必要なのか?
何のために必要なのか?
を、しっかりと確認してほしいのです。
そして、必要最小限の部分だけを、渡せば良いのです。

決算書には、財務体質が現れます。
財務体質がわかれば、管理の体質が見えてきます。
管理の体質には、経営姿勢が見えてきます。
だから、決算書は、むやみに渡すものではないのです。
現在どこに決算書を渡しているか、全部を把握できていますか?

« 労務コスト上昇にどう備えるか ⑦ | トップページ | M&Aの現場から »

銀行交渉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1165409/53151252

この記事へのトラックバック一覧です: むやみに決算書を渡さない:

« 労務コスト上昇にどう備えるか ⑦ | トップページ | M&Aの現場から »

おすすめブログ

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

最近のトラックバック