サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

労務コスト削減セミナーのお知らせ

  • 労務コスト削減セミナーのお知らせ
    労務コスト削減セミナーの日程が決定しました。 10月17日(木)大阪、10月25日(金)東京 主催:日本経営合理化協会 講師:古山喜章 ゲスト講師:福田秀樹 詳細&お申し込みはこちらから。

福岡雄吉郎「賢い節税 100の打ち手」CD発売!

  • 福岡雄吉郎「賢い節税 100の打ち手」CD発売!
    知らないと大損する!社長個人と会社のお金を正しく守る実務。 1話4分、全100項で、どこから手を付けてもお金が残せる実務を解説しています。  皆で頑張って稼いだ会社と社長のお金を1円でも多く残し、いざという時でも安心できる「お金に困らない経営」を実現するため、本CDの講話をいち早くご活用ください。

ICO新刊発売のお知らせ!

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 労務コスト上昇にどう備えるか ⑦ | トップページ | M&Aの現場から »

2013年9月 6日 (金)

むやみに決算書を渡さない

古山喜章です。

銀行融資を受けていると、毎年決算書の提出を求められます。
それはわかるのですが、
“えっ?どうして必要なの?”という場合があります。

“うちはなぜか毎年、リース会社に決算書を渡してたんですよ!”
という企業がありました。

で、それはおかしいと思い、社内の担当者に聞いたそうです。
“ずっと以前からそうしてますので・・・”
という返事だったそうです。

同時にリース会社の担当者にも聞いたそうです。
すると、
“ずっと、以前からいただいておりますので・・・”
と、同じ返事なのです。
結局、もらう方も、渡す方も、その目的を知らずに、
受け渡しをしていた、ということです。

理由も無く決算書を渡すことはしたくないので、
“もう今後は決算書をお渡ししませんので”
と、リース会社に伝えました。
すると先方は、
“どうなっても知りませんよ”と、言ってきたそうです。
とはいうものの、結局、何事も起こっていないのです。

今回の場合、おそらく、契約をスタートした当初のやりとりが、
慣例化してしまった、ということだと思うのです。
渡すにしても、
どの部分が必要なのか?
何のために必要なのか?
を、しっかりと確認してほしいのです。
そして、必要最小限の部分だけを、渡せば良いのです。

決算書には、財務体質が現れます。
財務体質がわかれば、管理の体質が見えてきます。
管理の体質には、経営姿勢が見えてきます。
だから、決算書は、むやみに渡すものではないのです。
現在どこに決算書を渡しているか、全部を把握できていますか?

« 労務コスト上昇にどう備えるか ⑦ | トップページ | M&Aの現場から »

銀行交渉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: むやみに決算書を渡さない:

« 労務コスト上昇にどう備えるか ⑦ | トップページ | M&Aの現場から »

2024年 ご挨拶動画

おすすめブログ

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック