サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 福岡雄吉郎の最新刊
    9月6日発売!「会社にお金を残したいなら、今すぐ経費を増やしなさい!」(著:福岡雄吉郎、発行:ダイヤモンド社)税込み1,620円 顧問税理士では教えてもらえない、会社にお金を残す税務テクニックを存分に披露します! グレーゾーンを白にする、税務対策の新・マニュアル!

井上和弘次回セミナーのお知らせ!

  • 井上和弘次回セミナー日程のお知らせ
    2019年3月7日(木)東京・27日(水)大阪にて、「ICO式事業承継対策」をテーマに開催します。 主催:日本経営合理化協会 詳細は改めてお知らせします。

好評発売中!

  • 古山喜章の最新刊
    「社長の決算書の見方・読み方・磨き方」(著:古山喜章、発行:日本経営合理化協会) 税込15,660円。 決算書を税理士に任せっぱなしでは、会社にお金は残らない!中間決算・本決算の前には一読したい、決算書づくりの新・バイブル!

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 給与明細の電子化を進めよ ② | トップページ | M&Aの現場から③ »

2013年9月20日 (金)

実践者に聞く ~電話加入権の除却~①

古山喜章です。

今年の5月に、
電話加入権の除却に関する記事を書きました。
こちらです。
で、その後、実際に、
“電話加入権を除却しました!”
という経営者にお会いしました。
そこには、それぞれのストーリーがありました。

①これなら簡単にできそう

その税理士は、
電話加入権除却に、難色を示していました。
“それはちょっと難しいですねぇ”
経営者も、何が難しいのかは、追求せず、
そのままになっていました。

で、電話加入権除却のブログ記事を印刷し、
その税理士に見せたそうです。

“ちょっと調べます”
となり、その後、
“これなら簡単にできそうですね”
“ややこしくなさそうなので、やります”
と、その手続きどおりに、除却したそうです。

つまり、
難しいのではなく、やり方を知らなかっただけ、
なのです。
やった、という税理士に出会った事が無いのです。
“ああそうか、このやり方でいいのか”
“なるほど、NTTが言うなら間違いない”
“やっている会社もあるのか”
というわけです。

その結果、
約100万円の電話加入権を、除却したのです。
それでも、
約40万円の税金のキャッシュアウトを減らせたのです。
何かで40万円のコストダウンを図るより、
よっぽど簡単で、速いです。

“あの記事見せたら、態度が変わりました”
とは、その税理士に関わってきた経営者の弁です。

税理士に電話加入権除却のことを話しても、
“やりましょう!”と言わないなら、
一度、上記のブログ記事を見せて下さい。
重い腰が、ようやく動くかもしれませんよ。

« 給与明細の電子化を進めよ ② | トップページ | M&Aの現場から③ »

節税対策&決算対策」カテゴリの記事

コメント

井上先生のセミナーに毎回参加している者です。
これってただ単に税務署が見落としているだけではありませんか?
直接税務署に聞くのが早いと思うのですが。。。

コメントありがとうございます。
すみません、税務署に聞く、という意味がわからないのですが。
税務署に、どのように聞くのでしょうか?
除却してもいいかどうか、ということでしょうか?
せっかくコメントいただいたのに、
理解不足で申し訳ございません。

すみません。除却した会社が税務調査を受けて指摘されないとしても見落としではないかということです。うちは慎重なので様子見です。失礼しました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1165409/53301045

この記事へのトラックバック一覧です: 実践者に聞く ~電話加入権の除却~①:

« 給与明細の電子化を進めよ ② | トップページ | M&Aの現場から③ »

おすすめブログ

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック