サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

相続対策セミナーのお知らせ

  • 相続対策セミナーのお知らせ
    相続対策セミナーの日程が決定しました。 6月26日(水)東京、6月28日(金)大阪 主催:日本経営合理化協会 講師:古山喜章、福岡雄吉郎 詳細&お申し込みは改めてお知らせいたします。

ICO新刊発売のお知らせ!

井上和弘「経営革新全集」10巻完結記念講演会 CD発売!

  • 井上和弘「経営革新全集」10巻完結記念講演会 CD発売!
    2023年7月に開催され大好評を得た、井上和弘の記念講演セミナーを完全収録!全集のエッセンスを凝縮してお届けします! 移動中などにお聞きいただき、学びを深めてください。 動画でも視聴できるよう、購入者専用アクセスコードも入っております。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« セミナー「コスト大幅削減法」 | トップページ | セミナー「コスト大幅削減法」終了しました »

2013年10月24日 (木)

行き詰まる給与制度 ②

②イレギュラーがいっぱいいる

これも、
中小企業の給与制度において、
よくある問題です。

要は、
等級と役職が、制度上はリンクしているが、
実際にはリンクしていない社員がいっぱいいる、
という状態です。

で、理由を聞くと、
“店長が足らないので、下の等級の者を、
無理くり店長にしています”
とか、
“管理職だったんですけど、ちょっと不祥事があって、
 役職は外したんですが、等級がそのままなんです”
などと言われます。

ヒドイ場合には、
“この人、一般社員なのに、なんでこんなに高い等級なの?”
と聞くと、
“いやぁ・・・、この方は、社長の親戚で・・・、
 仕事はできないんですが・・・、仕方なく・・・・”
などということもあるのです。

そんなことなら、等級など、無くしてしまえ!
と、思うのです。

〇等級の〇〇号、などとして、役職と区別するから、
運用時に、簡単にイレギュラーが生じるのです。
職位と号俸だけで、良いのです。
そもそも、
自分が何等級か知っている社員が、少ないのです。

一般社員の〇号、係長の〇号、課長の〇号、
だけにすればよいのです。
で、もちろん、号俸にも天井を設けます。

店長に上げるなら、店長の給与を払えば良いのです。
役職を落とすなら、落ちた職位の給与にすればよいのです。
各職位に、権限や責任という職務が定められています。
職務の達成度合いに応じた、給与を払えばよいのです。

イレギュラー人材がいっぱいいる、
ということは、
職務とズレた給与の社員がいっぱいいる、
ということです。
つまりは、コストのかけかたが、間違っている、
ということです。

コピー代や電気代をとやかくいうより、
人件費というコストを先に精査してほしいのです。

(古山喜章)

« セミナー「コスト大幅削減法」 | トップページ | セミナー「コスト大幅削減法」終了しました »

人事・労務」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 行き詰まる給与制度 ②:

« セミナー「コスト大幅削減法」 | トップページ | セミナー「コスト大幅削減法」終了しました »

2024年 ご挨拶動画

おすすめブログ

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック