サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 古山喜章の最新刊
    「社長の決算書の見方・読み方・磨き方」(著:古山喜章、発行:日本経営合理化協会)税込み15,660円 銀行対策、税務対策など、会計事務所任せではできない決算対策の実務を網羅した一冊!決算対策の新・バイブルです!

好評発売中!

  • 井上和弘の最新刊
    「承継と相続 おカネの実務」(著:井上和弘、発行:日本経営合理化協会) 税込14,580円。 著者の長年にわたる指導体験をもとに、オーナー社長の承継と相続対策の実務を惜しみなく著した、他の誰にも書けない、渾身の一冊です。

井上和弘次回セミナーのお知らせ!

  • 井上和弘次回セミナー日程のお知らせ
    平成30年3月7日(水)東京・13日(火)大阪にて、「事業承継の実務」をテーマに開催します。 主催:日本経営合理化協会 詳細・お申し込みは、こちらから。

古山喜章 出版記念セミナーのお知らせ

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« ダメな税理士が作る決算書⑧ | トップページ | 金融庁の評価項目を見てみよう ② »

2013年10月28日 (月)

金融庁の評価項目を見てみよう ①

①全項目とも、重要性に“差”はないのです

反社会的組織への融資が問題となり、
Mほ銀行では、30人もの役員が処分されました。
(役員はいったい何人いるんでしょうか?)

これは、金融庁が定める、
金融機関の監督指針にある、評価項目に基づくものです。
つまり、銀行が中小企業を評価するのと同じように、
銀行も、評価項目をもとに、チェックされるわけです。

「銀行監督上の評価項目」として公開されています。
こちらです。
「業務の適切性」として、ズラズラと列記されています。
その中のひとつに、
「反社会的勢力による被害の防止」
という項目があります。
Mほ銀行の一件では、ここに触れたわけですね。

しかし、評価項目は、それだけではありません。
しかも、「業務の適切性」の冒頭には、
“遵守すべき法令等は多岐に渡り、いずれも重要性に差はないが、・・・”
と、されています。

そうです。
この評価項目に記載されていることは、
全て、同じレベルで重要な項目なのです。
反社会的組織に対する融資と同じレベルで、
してはいけないこと、なのです。

ところが、その項目の中には、
中小企業が普段、当然のように受入れている項目もあるのです。
知っていれば、その部分を突くことができます。
しかし、中小企業の多くの経営者は、
このようなことを知りません。
銀行の言うがまま、条件を受入れ、契約してしまうのです。

当然ながら、
この評価項目に書かれていることを、
金融庁から指摘されることが、
銀行にとっての、最大の恐怖なのです。
銀行の弱みなのです。
ここに、交渉の武器があるのです。

中小企業の“銀行サマサマ病”を、
銀行が武器にして強気に出てくるのと同じです。
われわれ中小企業も、相手の弱みを知ることなのです。
銀行は、“金融庁サマサマ病”なのです。

いったいどのような項目があるのか、
見ていきたいと思います。

(古山喜章)

« ダメな税理士が作る決算書⑧ | トップページ | 金融庁の評価項目を見てみよう ② »

銀行交渉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1165409/53724798

この記事へのトラックバック一覧です: 金融庁の評価項目を見てみよう ①:

« ダメな税理士が作る決算書⑧ | トップページ | 金融庁の評価項目を見てみよう ② »

おすすめブログ

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

最近のトラックバック