サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 古山喜章の最新刊
    「社長の決算書の見方・読み方・磨き方」(著:古山喜章、発行:日本経営合理化協会)税込み15,660円 銀行対策、税務対策など、会計事務所任せではできない決算対策の実務を網羅した一冊!決算対策の新・バイブルです!

好評発売中!

  • 井上和弘の最新刊
    「承継と相続 おカネの実務」(著:井上和弘、発行:日本経営合理化協会) 税込14,580円。 著者の長年にわたる指導体験をもとに、オーナー社長の承継と相続対策の実務を惜しみなく著した、他の誰にも書けない、渾身の一冊です。

井上和弘次回セミナーのお知らせ!

  • 井上和弘次回セミナー日程のお知らせ
    平成30年3月7日(水)東京・13日(火)大阪にて、「事業承継の実務」をテーマに開催します。 主催:日本経営合理化協会 詳細・お申し込みは、こちらから。

古山喜章 出版記念セミナーのお知らせ

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 金融庁の評価項目を見てみよう ① | トップページ | 金融庁の評価項目を見てみよう ③ »

2013年10月29日 (火)

金融庁の評価項目を見てみよう ②

②不適切な取引の発生の防止

金融庁による、銀行監督上の評価項目には、
たくさんの項目が並んでいます。
で、どの項目も、重要性に「差」はない、
ということを、①で申し上げました。

なかでも、中小企業に多く関わるのが、
「正常な取引慣行に反する、不適切な取引の発生の防止」
(銀行監督上の評価項目Ⅱ―3-1-6-2)
というものです。
くわしくは、こちらから。
たくさんあるので、ひとつずつ、見てゆきます。

(1)過当な歩積両建預金等の受入れ

歩積両建は、(ぶづみりょうだて)と読みます。
“お貸ししますので、定期預金にしておいてもらえませんか?”
というものです。
ありませんか?

例えば、こんな場合があります。
3千万円の融資をお願いしたとして、
“この際、6千万円お貸ししますので、
 3千万円は定期にしてもらえませんか?”
などと持ちかけてきたりします。

要は、3千万円は、銀行のおさえです。
で、しっかり金利は取ります。
借りる側は、借りたいわけで、すぐに、
“わかりました”と返事をしてしまいます。

あるいは、
“オレは、そんなに貸すほど、銀行から信頼されているのか”
と、勘違いしてしまいます。
信頼していないから、それだけ貸すのです。
銀行にあるお金の一部が定期となり、名義が変わるだけで、
そのお金の支配権は、銀行に握られているのです。
しかも、銀行にとったら、自分の手元にありながら、
金利をいただけるわけです。

子会社で借りたいときに、
“子会社にお貸ししますから、
 親会社で借りて定期にしてくれませんか?”
という場合もあります。
これも同じ事です。

これら、歩積両建預金は、不適切な取引として、
発生しないようにしなければならないのです。
それは、
“優越的な地位の濫用”にあたるとしているのです。

評価項目の文書には、
“過当な歩積両建預金等”とあります。

過去に契約してしまった、歩積両建による定期預金があり、
解約を申し込んでも応じないようなら、
“確か、金融庁の監督指針では、過当な歩積両建預金は”
 禁じられているはずですが・・・、
 〇千万円は過当にあたらないのかどうか、
金融庁に問い合わせてみます。”
と、言ってみて下さい。
情勢がガラリと変わりますよ。

経営者の皆さんには知っておいて欲しい、
重要な事実なのです。
(古山喜章)

« 金融庁の評価項目を見てみよう ① | トップページ | 金融庁の評価項目を見てみよう ③ »

銀行交渉」カテゴリの記事

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1165409/53751978

この記事へのトラックバック一覧です: 金融庁の評価項目を見てみよう ②:

« 金融庁の評価項目を見てみよう ① | トップページ | 金融庁の評価項目を見てみよう ③ »

おすすめブログ

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

最近のトラックバック