サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 古山喜章の最新刊
    「社長の決算書の見方・読み方・磨き方」(著:古山喜章、発行:日本経営合理化協会)税込み15,660円 銀行対策、税務対策など、会計事務所任せではできない決算対策の実務を網羅した一冊!決算対策の新・バイブルです!

好評発売中!

  • 井上和弘の最新刊
    「承継と相続 おカネの実務」(著:井上和弘、発行:日本経営合理化協会) 税込14,580円。 著者の長年にわたる指導体験をもとに、オーナー社長の承継と相続対策の実務を惜しみなく著した、他の誰にも書けない、渾身の一冊です。

井上和弘次回セミナーのお知らせ!

  • 井上和弘次回セミナー日程のお知らせ
    平成30年6月5日(火)東京・27日(水)大阪にて、「高収益を稼ぎ出す、社員・組織の作り直し方」をテーマに開催します。 主催:日本経営合理化協会 詳細は改めてお知らせします。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 少人数私募債の調査が来ました! ① | トップページ | 少人数私募債の調査が来ました! ③ »

2013年11月12日 (火)

少人数私募債の調査が来ました! ②

②なぜ、調査対象に選ばれたのか?

大阪府税事務所から、
少人数私募債の利子課税の調査が来ました。

前回、調査が行われた経緯を書きました。
で、今回は、
“なぜ、ウチに来たのか?”
ということです。

これは、
対応いただいた税理士先生の話しです。
つまり、
公社債の利子課税調査をすることになったものの、
利子課税が発生している会社が少ない、
ということだそうです。

ということは、
少人数私募債を発行している会社が少ない、
ということです。

利子課税の対象となるのは、利子所得です。
源泉税の対象となる利子所得は次のものです。
①公社債の利子(これが少人数私募債に該当します)
②合同運用信託
③公社債投資信託
④公募公社債等運用投資信託
となっています。

②~④は、金融機関などで発生するものです。
①~④のなかで、
普通の中小企業に調査にくるのは、
①公社債の利子、だけです。
そこへきて、
公社債となる少人数私募債を発行する企業が、
まだまだ少ない、ということなのです。

で、
その数少ない中で、ウチが選ばれた、
ということのようです。
ウチを担当している税理士事務所でも、
300社ほど関わっているそうですが、
少人数私募債を発行しているのは、1社、
つまり、ウチだけ、だそうなのです。

とにもかくにも、
少人数私募債が普及していないことを、
実感した次第なのです。

で、どのような調査が行われたのか?
それは、次回に書かせていただきます。

(古山喜章)

« 少人数私募債の調査が来ました! ① | トップページ | 少人数私募債の調査が来ました! ③ »

少人数私募債」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1165409/53894664

この記事へのトラックバック一覧です: 少人数私募債の調査が来ました! ②:

« 少人数私募債の調査が来ました! ① | トップページ | 少人数私募債の調査が来ました! ③ »

おすすめブログ

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック