サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 福岡雄吉郎の最新刊
    11月25日発売!「社長の賢い節税」(著:福岡雄吉郎、発行:日本経営合理化教会) 社長が賢い節税をせずして、会社にも、社長にも、お金を十分に残すことはできません。数々の現場での、あっと驚く事例をもとに、お金を残すための具体策を、余すところなく披露します。

古山喜章CD お金が残る決算書「100の打ち手」発売!

  • お金が残る決算書「100の打ち手」発売!
    1話5分完結で全100話収録! 会社を強くする決算書にするための具体策を、節税対策、銀行対策、危機対応、業種別対策など、7つの側面から、実例を交えて語ります。 移動時・在宅時などのすきま時間に、ぜひご活用ください。

相続対策セミナーのお知らせ

  • 相続対策セミナーのお知らせ
    2021年度の日程が決定しました。6月8日(火)東京・オンライン、6月22日(火)大阪。 主催:日本経営合理化協会 詳細は追ってご連絡いたします。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 忘れられた株主はいないか? ② | トップページ | 経営者の「分離課税20%」節税終了!(平成26年税制改正) »

2013年12月14日 (土)

経理が気づかない埋蔵金⑤

複数の会社の、内部監査をする機会が、
立て続けにありました。

財務体質が良く、企業体力も高い会社ですが、
監査すると、必ずといってよいほど、
見つかる問題点があります。

⑤金庫に知らないものが入っている

これもよくあります。
先日、都内にある会社で、
大金庫の中身を見させてもらいました。

で、中身を見ると、
たくさんの書類が出てきました。

古くなった契約書、
金融機関のパンフレットなど
次から次に、「これ必要なの?」
という書類が出てきます。

で、書類を一つ一つ確認してゆくと、
一番下の目立たないところに、
とある封筒を見つけました。

それで、その封筒には、
「簿外資産」と、堂々と書いてあります。

中を見ると、
○○○○銀行の株券だったのです。
金額としては、時価が10万円程度です。

いつも、経理部長がカギを管理していますが、
これは知らず、びっくりです。
いつもさわるのは、
通帳や印鑑ぐらいで、その他のものには、
ふれることはありませんでした。

この会社のように、
株券が入っている、ということは少ないですが、
・商品券、ビール券
・QUOカード
・誰のものか、はっきりしない現金
が入っている金庫を、たくさん見てきました。

大金庫は、少なくとも年に1回は、
棚卸をすることが必要です。
整理したら、思わぬ埋蔵金が見つかるはずです。

(福岡雄吉郎)

« 忘れられた株主はいないか? ② | トップページ | 経営者の「分離課税20%」節税終了!(平成26年税制改正) »

財務・会計・キャッシュフロー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 経理が気づかない埋蔵金⑤:

« 忘れられた株主はいないか? ② | トップページ | 経営者の「分離課税20%」節税終了!(平成26年税制改正) »

おすすめブログ

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック