サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

相続対策セミナーのお知らせ

  • 相続対策セミナーのお知らせ
    相続対策セミナーの日程が決定しました。 6月26日(水)東京、6月28日(金)大阪 主催:日本経営合理化協会 講師:古山喜章、福岡雄吉郎 詳細&お申し込みは改めてお知らせいたします。

ICO新刊発売のお知らせ!

井上和弘「経営革新全集」10巻完結記念講演会 CD発売!

  • 井上和弘「経営革新全集」10巻完結記念講演会 CD発売!
    2023年7月に開催され大好評を得た、井上和弘の記念講演セミナーを完全収録!全集のエッセンスを凝縮してお届けします! 移動中などにお聞きいただき、学びを深めてください。 動画でも視聴できるよう、購入者専用アクセスコードも入っております。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« セミナー「事業承継の成功実務」開催します! | トップページ | 即時償却って何ですか?③ »

2014年1月17日 (金)

年末年始の後始末 ②

②売上の回収をもらさない

なんだかんだいっても、
12月は何かと売上が伸びる、
という業種はたくさんあります。

12月は特に忙しい、という企業にとっては、
その売上が、全部遅れずに回収できること、
が重要になります。
なんと言っても、回収金額が大きいのですから。
それに、回収の前に支払いが来て、
1月末や2月は、資金繰りが厳しくなる時期なのです。

つまり、1月末や2月は、資金繰りの厳しい企業が、
そもそも多いのです。
そんなとき、払う側では、未払いが発生しがちになります。
“あそこはうるさく言わないから、少し延ばしてもいいだろう・・・”
くらいの感じで、滞納モードに入ります。
どちらかというと、小規模の額が多いです。
で、受ける側が督促せずに、ずるずると時が流れる、
というパターンがあるのです。

また、根本的に、請求できていなかった、ということも、
繁忙期には起こりがちです。
営業マンが、その忙しさに流されて、
売上モレや請求モレが発生する、というパターンです。
で、あとになって、
“今さら請求できない・・・・”となり、
仕入高、原価高要因に、うずもれてゆきます。
在庫誤差の要因にもなります。

これはみな、
担当者に“資金繰り”という概念がない、
ということが、大きな原因です。
売ればいい、
納品すればいい、
そうすれば、お金は入ってくるもの、
という意識なのです。

これから繁忙期の売上回収が始まる、
という企業は、特に注意してほしい、後始末なのです。

(古山喜章)

« セミナー「事業承継の成功実務」開催します! | トップページ | 即時償却って何ですか?③ »

経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 年末年始の後始末 ②:

« セミナー「事業承継の成功実務」開催します! | トップページ | 即時償却って何ですか?③ »

2024年 ご挨拶動画

おすすめブログ

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック