サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 古山喜章の最新刊
    「社長の決算書の見方・読み方・磨き方」(著:古山喜章、発行:日本経営合理化協会)税込み15,660円 銀行対策、税務対策など、会計事務所任せではできない決算対策の実務を網羅した一冊!決算対策の新・バイブルです!

好評発売中!

  • 井上和弘の最新刊
    「承継と相続 おカネの実務」(著:井上和弘、発行:日本経営合理化協会) 税込14,580円。 著者の長年にわたる指導体験をもとに、オーナー社長の承継と相続対策の実務を惜しみなく著した、他の誰にも書けない、渾身の一冊です。

井上和弘次回セミナーのお知らせ!

  • 井上和弘次回セミナー日程のお知らせ
    平成30年6月5日(火)東京・27日(水)大阪にて、「高収益を稼ぎ出す、社員・組織の作り直し方」をテーマに開催します。 主催:日本経営合理化協会 詳細は改めてお知らせします。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« もったいない決算書 ② | トップページ | ビジネスゲームが始まりました! »

2014年2月18日 (火)

ご存じですか? 種類株式

2月17日の日本経済新聞一面に、
「種類株、発行しやすく」という記事がありました。
とはいうものの、
〝種類株〟といっても、まだあまり知られていません。
配当優先株、無議決権株、黄金株、
といえば、聞いたことはある、という方もおられるでしょう。
そのような、普通株式とは異なる株を総称して、
〝種類株式〟と言います。
新会社法の導入時に、その規制が大きく緩和されました。
しかし、日本ではまだまだ普及していません。

ちょうど、この記事が出る数日前、
種類株について、専門家の意見を聞いていました。
〝上場企業で種類株を発行している会社って、あるんですか?〟
〝それが1社だけしか、ないんですよ。〟
〝どこですか?〟
〝お茶の伊藤園です。配当優先の種類株式を発行しています〟
〝なるほど、配当さえもらえればいい、という投資家もいますからね〟
確かに、日経の記事にも、上場企業では1社のみ導入、
と書かれておりました。

さらに、
欧米ではあるのに、日本ではまだ導入されていない、
種類株式もあるそうです。
〝複数議決権株式というのが、まだ日本にはないですね。〟
〝どんな種類株ですか?〟
〝名前のとおり、1株で、複数の議決権を設定できる株式です。〟
〝何のために使うんですか?〟
〝創業者の支配権を損なわずに、市場から資金を集めたいときなどに、
 使われますね〟
〝どこが使っているんですか?〟
〝誰でも知っている企業が使ってますよ。〟
〝どこですか?〟
〝グーグルです〟
この、複数議決権株式、
日本でも導入の動きが進んでいるそうです。

などなどと、欧米ではスタンダードな種類株式ですが、
日本では、まだ導入が進んでいません。
というより、あまり理解がされていません。

とはいうものの、
上記の事例を見ていてもそうなのですが、
種類株式は、
オーナーサイドの有利性を高める制度・仕組み、
なのです。

言ってしまえば、
相続対策にも、大いに活用できる制度なのです。
そのくわしい内容にご興味のある方は、
ICOまでお問い合わせください。

(古山喜章)

« もったいない決算書 ② | トップページ | ビジネスゲームが始まりました! »

事業承継・M&A」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1165409/55028072

この記事へのトラックバック一覧です: ご存じですか? 種類株式:

« もったいない決算書 ② | トップページ | ビジネスゲームが始まりました! »

おすすめブログ

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック