サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 福岡雄吉郎の最新刊
    9月6日発売!「会社にお金を残したいなら、今すぐ経費を増やしなさい!」(著:福岡雄吉郎、発行:ダイヤモンド社)税込み1,620円 顧問税理士では教えてもらえない、会社にお金を残す税務テクニックを存分に披露します! グレーゾーンを白にする、税務対策の新・マニュアル!

井上和弘次回セミナーのお知らせ!

  • 井上和弘次回セミナー日程のお知らせ
    2019年3月7日(木)東京・27日(水)大阪にて、「ICO式事業承継対策」をテーマに開催します。 主催:日本経営合理化協会 詳細は改めてお知らせします。

好評発売中!

  • 古山喜章の最新刊
    「社長の決算書の見方・読み方・磨き方」(著:古山喜章、発行:日本経営合理化協会) 税込15,660円。 決算書を税理士に任せっぱなしでは、会社にお金は残らない!中間決算・本決算の前には一読したい、決算書づくりの新・バイブル!

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 新時代のレジ ② | トップページ | 忘れてません?法人税 ② »

2014年2月 6日 (木)

忘れてません?法人税 ①

経営者の元には、
さまざまなセールスマンがやってきます。
しかし、彼らの言葉を鵜呑みにすることは、
大いなる危険、なのです。

①私が死ねば借金を返せますよ!

こうおっしゃる経営者がおられました。
〝どういうことですか?〟と、尋ねました。
すると、
〝5億円の生命保険に入ってますから、
 私が死ねば、5億円の借金は返してチャラになります〟
と、言うのです。

〝えっ、その保険は、会社で加入しているんですよね。〟
〝そうです。〟
〝じゃあ、社長が死んだら、保険金は会社に入りますよね。〟
〝そうですね。〟
〝会社に入ったら、その5億円は、利益として計上されますよね。〟
〝そういうことなんですかね。〟
〝となると、その5億円に法人税がかかりますよ。
 少なくとも2億ほどは減って、5億円は返せないですよ。〟
〝えっ、そうなんですか???〟
〝そりゃあ、そうですよ〟
〝おかしいなぁ・・・〟
〝何かおかしいですか?〟
〝保険屋のおばちゃんはそんなこと言ってなかったですよ〟
〝保険屋のおばちゃんが法人税のことなんか知りませんよ!〟

とまあ、
こんなやりとりに、ときどき巡り会うわけです。
多くのセールスの方々は、
会社のキャッシュフローを理解されていません。
わからなくて当然なのです。
売ることしか考えてないのです。
会社に入るお金は、全部、使えるお金とお考えです。

そういう方々のお金の話しには、共通点があります。
一見、すごくおいしい話しに聞こえる、ということです。

で、
〝それはええ話しやないか〟
となり、安易に契約してしまいます。
不具合に気づいた時には、
売ったセールスマンは異動・退職しており、あきらめます。
本業の失敗ではないので、誰にも言えません。
結局、資金繰りが悪化しただけ、という自体に陥ります。
それで済めばいいです。
ヘタすれば、屋台骨が崩れる危険だって、あるのです。

会社の利益が増えれば、法人税が増える。
この当然のことを、一見おいしい話しに惑わされて、
忘れてしまう経営者が多いのです。

(古山喜章)

« 新時代のレジ ② | トップページ | 忘れてません?法人税 ② »

財務・会計・キャッシュフロー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1165409/54869757

この記事へのトラックバック一覧です: 忘れてません?法人税 ①:

« 新時代のレジ ② | トップページ | 忘れてません?法人税 ② »

おすすめブログ

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック