サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 古山喜章の最新刊
    「社長の決算書の見方・読み方・磨き方」(著:古山喜章、発行:日本経営合理化協会)税込み15,660円 銀行対策、税務対策など、会計事務所任せではできない決算対策の実務を網羅した一冊!決算対策の新・バイブルです!

好評発売中!

  • 井上和弘の最新刊
    「承継と相続 おカネの実務」(著:井上和弘、発行:日本経営合理化協会) 税込14,580円。 著者の長年にわたる指導体験をもとに、オーナー社長の承継と相続対策の実務を惜しみなく著した、他の誰にも書けない、渾身の一冊です。

井上和弘次回セミナーのお知らせ!

  • 井上和弘次回セミナー日程のお知らせ
    平成30年3月7日(水)東京・13日(火)大阪にて、「事業承継の実務」をテーマに開催します。 主催:日本経営合理化協会 詳細・お申し込みは、こちらから。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 新入社員に申し上げる その2 | トップページ | 労働形態が何んと言おうと変わります »

2014年4月25日 (金)

災害による修繕は、災害特別損失にする

この時期、3月末決算の方々から、
仮締めの決算書を、見せていただく機会が増えます。
で、気になるところなどを、お聞きします。

先日も、こういうことがありました。
ある経営者から、次のような連絡をいただきました。
“2月の雪の被害で、建物を修繕した費用はすべて、
 災害特別損失に計上しました!”
“おかげで店舗はきれいになり、税引き前利益をほぼゼロにできました!”
とのことでした。

その企業は、3月末決算です。
当期は業績好調で、大きな法人税発生が見込まれていたのです。
そこへあの、大雪です。
店舗が被害を受け、キレイに修復したのです。
最初、税理士任せにしていると、
何もかも、資産計上していたそうです。
で、
“これは修繕費になるでしょう?”
“災害による修繕なので、特別損失でしょう?”
“これは少額資産で、一括償却できるでしょう?”
と、粘り強く交渉したそうです。
顧問税理士に交渉するというのもおかしな話しです。
が、事実、
税理士任せだと、このような決算処理が、
横行するのです。

結果、税引き前利益をほぼゼロにできた、
というわけです。
交渉した本人いわく、
“税理士とバトルをする自信がつきました!”
“その税理士とも、今後の処理の方向性を確認できました!”
とのことです。
大きな自信につながったようです。

税理士任せにしていると、
あらゆる処理が、とおりいっぺんになります。
そこをチェックしてもの申すことで、
稼いだカネの流出を防ぐことができるのです。
ならばやはり、
財務・税務の知識を蓄えておいてほしいのです。

(古山喜章)

LINEアプリのタイムラインにて、
巷で出会ったスイーツを、3行だけ書いて紹介する、「スイーツ3行書く命」を配信しています。
ID:icofuruyama で、LINE内で検索ください。


web拍手 by FC2

« 新入社員に申し上げる その2 | トップページ | 労働形態が何んと言おうと変わります »

節税対策&決算対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1165409/55915226

この記事へのトラックバック一覧です: 災害による修繕は、災害特別損失にする:

« 新入社員に申し上げる その2 | トップページ | 労働形態が何んと言おうと変わります »

おすすめブログ

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

最近のトラックバック