サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 福岡雄吉郎の最新刊
    好評発売中! 「社長の賢い節税」(著:福岡雄吉郎、発行:日本経営合理化教会) 社長が賢い節税をせずして、会社にも、社長にも、お金を十分に残すことはできません。数々の現場での、あっと驚く事例をもとに、お金を残すための具体策を、余すところなく披露します。

福岡雄吉郎 出版記念セミナーのお知らせ!

  • 福岡雄吉一郎 出版記念セミナーのお知らせ
    「社長の賢い節税」出版を記念とした、税務対策セミナーです。 5月25日(大阪)、28日(東京)にて開催します。 ゲスト講師も登壇予定です。 詳細は追って連絡いたします。 主催:日本経営合理化協会

相続対策セミナーのお知らせ

  • 相続対策セミナーのお知らせ
    2021年度の日程が決定しました。6月8日(火)東京・オンライン、6月22日(火)大阪。 主催:日本経営合理化協会 詳細は追ってご連絡いたします。

古山喜章CD お金が残る決算書「100の打ち手」発売!

  • お金が残る決算書「100の打ち手」発売!
    1話5分完結で全100話収録! 会社を強くする決算書にするための具体策を、節税対策、銀行対策、危機対応、業種別対策など、7つの側面から、実例を交えて語ります。 移動時・在宅時などのすきま時間に、ぜひご活用ください。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月30日 (月)

ワンマン社長 失敗の要因

中小企業の経営者は、ワンマンでないとやっていけません。
しかし、会社の規模が大きくなったら、
ワンマン社長では危険性が増すと考えています。

だったらワンマン社長が、良いのか悪いのか どっちだと言われそうですが・・

しかし、ワンマンの中に「超」のつく人間がいらっしゃいます。
規模が大きい、小さいではなく、
どこにも「超ワンマン」経営者がいらっしゃる

①なにしろ元気な人物で事業欲のかたまりで、
規模を大きくするのが大好きで、
周りからは経営というより、膨張経営と陰口を言われている人

②内部の幹部の意見よりも他からの、
他社からの人の意見を尊重し、人の口車に乗ってしまう人

③P/Lの数字が黒字であれば良いと思っている。
B/Sがわからず、借金主義、銀行が大好きな人

④金の臭いをかぐのが上手、
しかし、社会技術(人間性)による指導力、
又、管理力が下手で人が育たない、機関車動力タイプ

⑤いつまでも若いと思い,
高齢にさしかかっていることを忘れている人。


①伸ばす と 伸びる は違う
理由があって成長していても、BSEの牛肉騒動が起ったり、
倒れる会社もあれば、修学旅行の船が沈没して、
関釜へりは客が来ないなど。

予想もしない『まさか』の坂があります。
私は、スピードを求めますが、一方で 慎重さも求めます。

②超ワンマンでも大成した人物には必ず、
3人の片腕、7人の武士が居るものです。
そして、竹中半兵衛や黒田官兵衛のごとく、智恵者が居るものです。

金儲け目当てに寄ってくる人物の話しを優先して聞くならば、
片腕人材も7人の武士も、その人を見切るのです。
「信」なくば立たず です。

③「経営は資金繰りです」
人、もの、金というが、金がなくては何もできない!
「金は天下のまわりもの」という人がいるが、
心貧しい者や不運な人には、ツキや金は回ってこない時が発生します

④超ワンマンでも人扱いの上手い、熱い人が成功を収めています。
この人なら命を失ってもいい! この人を成功させてあげたい! 
そんな人間的魅力が必要なんですが、
社会的技術力の無い超ワンマンが居ます

⑤30歳 40歳代の新しいセンスが、エネルギーが成功の要因なのです。
人は、悲しいかな年を取ります。
精神的にも感性的にも、肉体的にも老化していきます。

60歳を過ぎた社長が、会社の戦略の大きい決定をしたとします。
後で見てみると、それらは大失敗の要因になっていることがあるのです。
60歳で新戦略を決定しても、自ら先頭にたっての仕事は出来ず、
口だけとなればうまくは行かないのです。

(井上和弘)


web拍手 by FC2

道場主 井上和弘の趣味、旅、雑学など、
会社経営からちょっと離れた、日常生活をつづったブログ、
「井上和弘の寄り道スケッチ」もぜひご覧ください!
こちらをクリックしてください。

2014年6月27日 (金)

なぜ、売上を増やしたがるのか?②

“売上が上がれば利益がついてくる!”
そのような成功体験をお持ちの方ほど、
そうおっしゃいます。
いまだにおられるのです。

②売上を増やすことしか考えなくなる

“これからの3年間で、売上を1,5倍にする!”
このような方針が出ると、
社員たちは、「とにかく売上を増やさなければ!」、
という意識が中心になります。
となると、どうなるでしょうか?

儲けのない安売りが続出する。
回収条件を確認せずに売りつける。
などなど、とにかく無理な条件、不利な条件、
おかまいなしに、売上を増やすことしか、
考えなくなってゆきます。

安売りの結果、
通常よりも粗利の低い価格となる分、
数量でカバーしようとします。
数量が増えれば、人件費、物流費など、経費が増えます。
売上は増えたものの、粗利が減り、経費が増える、
となり、結局、残って使えるカネは、前より減った。
ということになるのです。

回収条件を確認せずに売った結果、
回収期間が長くなる、あるいは、未回収が発生する、
など、代金回収が遅延し、資金繰りを悪化させます。

しかも、ここまでしたからといって、
結局、無茶な売上アップ計画は、
達成できないことが、ほとんどです。

売上計画は未達成になる。
粗利益率は下がる。
経費増で営業利益も下がる。
と、なるのです。

“売上拡大のために、必死にやりました!”
“これから芽が出てきます!”
などと、言われます。
しかし、いくら必死に努力をしても、
間違った方向に努力をしては、
良い結果が得られません。
芽も出てきません。出たところで、育ちません。

使えるカネを増やし、商品力をさらに高める、
次に備える投資をする、ということに繋げたいのです。

今や、
売上が増えれば利益がついてくる時代、ではないのです。
それは、世の中全体の環境がそうであったからです。
それよりも、
使えるカネを増やすための、
商品磨き、仕組みづくり、仕掛けづくり、
に力を投じてほしいのです。

(古山喜章)


web拍手 by FC2

道場主 井上和弘の趣味、旅、雑学など、
会社経営からちょっと離れた、日常生活をつづったブログ、
「井上和弘の寄り道スケッチ」もぜひご覧ください!
こちらをクリックしてください。

日本経営合理化協会のサイトにて、
「決算書の“見える化”術」音声配信を始めました。
図を見ながら音声を聞く、新たな配信形式です。
こちらからどうぞ。

LINEアプリのタイムラインにて、
巷で出会ったスイーツを、3行だけ書いて紹介する、
「スイーツ3行書く命」を配信しています。
ID:icofuruyama
で、LINE内で検索ください。

2014年6月26日 (木)

税務業界の裏話 その②

私: 「先生方にお聞きしますが この5月は 変った月ですね!」
白山・黒川:「どうして?」

私:「税理士でもないのに税務署の調査が無茶苦茶だ!
理不尽だと言って、嘆いて私の所に、多くの相談があるのです」
黒川:「私の所にも先輩から相談に乗ってやれよ!
休日でも飛び込んでくる社長さんがいますよ!」
私: 「そうでしょう・・」

黒川:「そういうのに限って ムチャクチャ難しい問題を持っているのです」
白山:「それはね―― 5月だからですよ!
5月中にすべての処理をしないと6月に入ってしまうからでしょう・・」
私:「それって 7月の人事異動のためですか?」
白山:「そうです」

私: 「確かに税務署で30%職員が移動されるでしょうが、
しかし、70%の人は残るのですから、
続けて処理すればいいじゃありませんか!」
黒川:「30%の中に上司もいれば、同僚、部下もいます。
上司が変われば方針も変わり、
同僚、部下がいなくなったら自分一人でやらなければならないのです」

私:「上司が変わったら そんなに方針が変わるのですか?」
白山黒川:「変わります! 変わります!」
私:「そうしたら こちらが長期戦のつもりで、
徹底的に修正申告に応じず、長引かしたら、どうなります。困るでしょうね・・」

白山:「だから5月中に終わるように試験上がりの税理士との駆け引きで、
こちらは認めるが、こちらは認めよ!と 言うようになるのです。
いわゆる、『おみやげ』という奴です」
私:「だからエビデンス(証拠書類)をしっかりしておけば、
今や、さっさと こりゃダメだと言って帰ってしまうのでは・・・・・」

黒川:「そりゃそうですが、彼らも目標がありますし・・・・
我々OB風も今や、何の影響力もなくなり、商売がしにくくなりましたね・・・」
私:「KSKコンピューターシステムも発達してきましたしね・・」

私:「トップの方針が変わると 有無を言わさず、
従う縦社会の縮図みたいなものですか?」
白山:「その通りです」
私:「ごますりが上手いのが 出世の方法だと噂で聞いたのですが・・・・」

黒川;「どこでもそうでしょう。。。上司に順々な奴ほどかわいいじゃありませんか。
しかし、成績も大切ですよ!」
私:「おかしいなーと思う事に追徴税よりも、
どうも調査の職員は重加算税を取りたくて、
税の高い方を投げて、金額の低い方の重加算税を取ろうとしませんか?」

黒川:「そうですね・・彼らは、重加算を見つけるとポイントが高い。
成績に繋がるので そちらに向けるのですよ!」
私:「でしょうね・・ 重加算税というのは 
仮装隠蔽行為が行われた場合でしょう・・・
先日もある会社で通常の取引に対して難癖をつけて、
仕入れ先まで調査照会し、重加算にもっていこうとしてきた案件がありました」

黒川:「どうされました?」
私:「徹底して戦いました」
白山・黒川:「けっこうです」

(井上和弘)


web拍手 by FC2

道場主 井上和弘の趣味、旅、雑学など、
会社経営からちょっと離れた、日常生活をつづったブログ、
「井上和弘の寄り道スケッチ」もぜひご覧ください!
こちらをクリックしてください。

2014年6月25日 (水)

不正、毎日おきてます②

Google(グーグル)を使って、
「着服」「横領」のニュースを集めています。

前回の記事(4/30)から昨日(6/24)までで、
ニュースになったのは51件です。
やはり、毎日1件、のペースなのです。

で、どういうところで起きたかというと、

・伊予鉄道 (売上金985万円 着服)
・不動産仲介業 (手数料2715万円 着服)
・郡山市の農業器具販売会社 (預金1500万円 着服)
・JA大分 (葬儀代600万 着服)
・SUMCO (東証一部、不正送金1億2000万円)
・タイムズ (プリペイドカード売上金1540万円 着服)
・NHK釧路 (出張費155万円 着服)
・神戸老人ホーム (預金1340万円 着服)
・通信機器販売会社 (商品券1億2000万円 横領)
・平成筑豊鉄道 (売上金4400万円 横領)

①おカネを扱っている人が、ずっと一人
②上司にみられていない、ノーチェック
③現金をたくさん扱っている
という会社で、不正は起きるのです。

これが発覚するのは、
社内監査はもちろんですが、
ヒトの入れ替わりがキッカケ、というのも多いです。

不正を防ぐ対策としては、
①ムダな現金はおかない、
できることなら現金取引はしない。

おカネに困ったときに、
目の前に現金があれば、
だれしも魔が差す瞬間があるのです。

②おカネを扱うヒトを定期的に異動させる。
担当者がたまたま入院で、あるいは退職で、
その次の担当者が不正を発見した、という場合もあります。
ずっと任せっぱなしにしないことです。

しかし、「ヒトがいないから異動なんてムリ!」
という会社もあるでしょう。

その場合は、
③ときどき、けん制しておく。
「ちょっと通帳見せて」と言うだけで、
担当者は、「見られている」と感じます。

まさかのサカ、を防ぐために、
せめてこれだけでも、やっていただきたいのです。

(福岡雄吉郎)


web拍手 by FC2

道場主 井上和弘の趣味、旅、雑学など、
会社経営からちょっと離れた、日常生活をつづったブログ、
「井上和弘の寄り道スケッチ」もぜひご覧ください!
こちらをクリックしてください。

2014年6月24日 (火)

なぜ、売上を増やしたがるのか? ①

3ケ年計画などを組んでいると、
売上を増やしたがる会社があります。
しかも、3年で、1.2倍、1.3倍、
のような数字が出てきます。

“えっ、どうしてそんなに増えるの?”
“いやいや、○○とか、△△とか、◇◇とか、
 があるので、可能なんですよ”
などと言われます。

しかし、
これまで数年間、前年比100%いくかいかないか、
だった売上高が、そんな急激に伸びるのでしょうか?
“3年前も、○○とか、△△とかがあるから、
 て、売上計画を増やしたけど、全然達成してないじゃないか?”
“いやいや、あのときは、ああでこうで・・・・”
と、なります。
これはもはや、
売上拡大症候群、あるいは、売上増やせ増やせ病、
と言ってよいでしょう。

このような方々は、
売上が増えれば利益が増える、
という発想が、抜けきれていません。
はたして、そうなのでしょうか?
確かに、世の中が右肩上がりの時代、
売上が増えれば、経常利益が増えました。
経常利益率も高まりました。

原価ではスケールメリットが出て、原価率が下がりました。
人件費は、ムリをするので、固定費も下がりました。
しかし、
スケールメリットが出たのは、130%や150%の売上が続いたからであり、
人件費が下がったのは、先に売上が増えていったから、なのです。
右肩上がりの時代は、
売上先行で、伸びていったのです。
伸ばしたのではなく、伸びたのです。

その成功体験が抜け切れず、
“次の3ケ年は、売上高130%にするぞ!”
と、なるのです。

今の時代、
利益体質が変わらずに、売上拡大を中心に進めると、
どうなるでしょうか?
間違いなく、経常利益は落ちてゆきます。
キャッシュフローは悪化します。
なぜ、そうなるのか、
次回以降に考えてゆきます。

(古山喜章)


web拍手 by FC2

道場主 井上和弘の趣味、旅、雑学など、
会社経営からちょっと離れた、日常生活をつづったブログ、
「井上和弘の寄り道スケッチ」もぜひご覧ください!
こちらをクリックしてください。

日本経営合理化協会のサイトにて、
「決算書の“見える化”術」音声配信を始めました。
図を見ながら音声を聞く、新たな配信形式です。
こちらからどうぞ。

LINEアプリのタイムラインにて、
巷で出会ったスイーツを、3行だけ書いて紹介する、
「スイーツ3行書く命」を配信しています。
ID:icofuruyama
で、LINE内で検索ください。

2014年6月23日 (月)

税務業界の裏話 その①

2人の税務署OB税理士さんとお話をする機会がありました。
もう25年間 税理士事務所を開業している、
元税務署所長の税理士先生白山(仮名)先生と
63歳の開業ほやほやの黒川(仮名)先生と私の3人 

白山:「黒川先生 最近は、開業は大変なんですよね・・・」
私:「なぜ 今は 大変なんですか?」

白山:「私の頃は 顧問先の斡旋が当たり前で、
退職者の為に税務調査しては顧問先を先輩の為に紹介したものですよ!」
私:「そうですね、良くありましたね。二階建てとか言って、
従前の顧問税理士の上に別の税務署OBの税理士がいましたね」

黒川:「今は、それが出来なくなったのです」
私:「本当ですか?それでは定年退職して資格をもっても、
商売できないではありませんか?」
白山・黒川:「飯が食えません! 事務所開業もなかなか出来ません!」
私:「皆さんのようにキャリアーで公務員であれば年金も多いから、
そんなに生活はアクセクしなくてもいいでしょうから・・」

黒川:「井上さん 私の年金 年いくらだと思っているのですか?」
私:「私で年間300万円 役人の方々は公務員は別にあるので もっと上でしょう!」
黒川:「何を言っているのですか!200万円ぐらいしかありません! 
65歳になればアップしますが、62歳の今は、
税務署でシコシコ安い給料で65歳までアルバイトがほとんどです。」

私:「役人であろうと試験上の税理士であろうと営業が弱いですし、仕事量を増やすのは大変ですね」
黒川:「井上さん 紹介してくださいよ!」

私:「紹介しますよ。両先生は日々の経理事務には長けていませんが、
経営者が一番嫌がる調査の折は、両先生の様に調査の現場で、
アラさがしばっかりやっていた経験のある人は強いですからね。(笑)
試験あがりは税務署を怖がって、あれでは味方になりませんからね!
亀の甲より年の功ですよ!」

白山:「まーーー 永年やっていますからね。
税務調査が別に怖いとは思わないのですが・・・・」
私:「おかしくなったら 昔の人脈をきかせて、
ビール券100枚持って頼む! と言えますものね!」

白山:「それは昔の話。今は、そんなことできませんし、
税務署を訪ねても調査官の席の所まで行けないのですから・・・」
私:「税務署に行けないなら、ゴルフや料亭に呼び出して、
頼めばいいじゃありませんか!」

白山:「そんなことしたら いっぺんに贈収賄で捕まりますよ!」
私:「うまいことやればわからないのじゃありませんか?」
黒川:「組織の中には 斜交いに構えた性根のねじれた人がいて、
役人を観察している部署にチクルのですよ」
私:「へーーー そうなんですか、 昔とえらい違いですね」

白山:「昔はゴルフや飲み会やらで 忙しかったですね。
いくぞ!と言えば、会社の社長もついてきてくれたのですがね・・・」

私:「困ったときに力になってくれないと商売にならんでしょう・・
ダメだ!ダメだでは ダメなんですよ!
難しいところに立ち向かって、クライアントの為になる仕事をしてあげる、
ダメだったら今後、こうしなさい! と指導してあげてほしいのですが・・・・・」

白山: 「その通り! 役所の時と同じ口調では、顧客はつきません。
井上さんのように経営者と同じように悩んで、生きる道を見つけなくては!」
私:「黒川先生! 私の友人の200件の顧問先をもっている
恵まれた二代目の税理士は、
顧客として商店主、中小企業の工場の主人が多いのですが、
シャッター街に見るごとく、廃業、閉鎖でクライアントがどんどん減っているのです」

私:「法律を犯してはいけませんが、
先生方の同業者の中でも強い人だと見られれば、
口コミで相談に来られますから、強くなってくださいよ!」

(井上和弘)

web拍手 by FC2

道場主 井上和弘の趣味、旅、雑学など、
会社経営からちょっと離れた、日常生活をつづったブログ、
「井上和弘の寄り道スケッチ」もぜひご覧ください!
こちらをクリックしてください。

2014年6月20日 (金)

稼がない資産に投資しない

ある経営者が、相続で、まとまっまた資金を得ました。
そのほぼ全てを、会社に貸し付けることにしました。
“売り物を磨く、設備投資に使おうと考えています。”
その会社は、加工・販売業です。
“それはよかったですねぇ。”

“でも、ウチの顧問税理士は、こんなことを言うんです。”
“えっ、どう言うんですか?”
“こんなときこそ古い社屋を建て替えなさい、と。”

あきれました。
その会社は、決して収益性が高いわけではありません。
設備も、古い機械が多いのです。
加工メーカーとして、設備を強くし、商品力を高め、
収益性を高めなければならないのです。
そこへ、先代が遺していただいた財産を、
投資するのが、意思を繋ぐことにもなるのです。
なのに、社屋を建て替えて、何になるのでしょうか?
それで、収益性が高まるのでしょうか?

稼がない資産に投資をしては、ならないのです。
するなら、稼ぐようになってから、なのです。
物事には、順序があります。
経営者のお考えが、正しいのです。
なのに、
“新社屋を建てなさい!”
とは、間違った方向に、経営者を惑わせるだけです。
案の定、その経営者の奥様が、
“税理士先生がそう言うなら、そうしたらどうなの?”
と、言ったそうなのです。
もちろん、新社屋など、後回しになりました。

社屋がキレイになっても、
商品力は高まりません。
顧客も増えません。
ましてや、収益力など、高まりません。
社屋建て替えで、新たな総資産が増えるだけです。
それも、稼がない固定資産です。
当然、総資産経常利益率も、悪化するのです。
満たされるのは、自分たちの、見栄だけです。

で、またしても、税理士先生方に対して、
“何もわかっていらっしゃらないですねぇ・・・。”
という会話になるのです。

(古山喜章)


web拍手 by FC2

道場主 井上和弘の趣味、旅、雑学など、
会社経営からちょっと離れた、日常生活をつづったブログ、
「井上和弘の寄り道スケッチ」もぜひご覧ください!
こちらをクリックしてください。

日本経営合理化協会のサイトにて、
「決算書の“見える化”術」音声配信を始めました。
図を見ながら音声を聞く、新たな配信形式です。
こちらからどうぞ。

LINEアプリのタイムラインにて、
巷で出会ったスイーツを、3行だけ書いて紹介する、
「スイーツ3行書く命」を配信しています。
ID:icofuruyama
で、LINE内で検索ください。

2014年6月19日 (木)

又も 若者 ヒルズ族の経営者が飛んでしまった!

2年半前、JRの列車に乗っていると、
ドアのそばに本の広告が掲載されていました。
タイトルは「秒速で1億円稼ぐ男 与沢 翼」とありました。
与沢 翼とは何者か?
まだ29歳と紹介されていました。

秒速で1億円とはえらいホラを吹く奴だな!!
そして、全面は自分の顔写真でした。

1時間は60分 1日は8時間働くとして 480分
分速でカウントしても 480分で、
年200日としても 9兆9600億円の売り上げとなる・・・
何でこんな嘘っぽい事をいうのでしょうか?

家庭の主婦が株で数億円儲けた!
学生社長で大成功した!
そこいらのおっさんが儲けた!
好きですね。みなさん! そんな稀有な話を・・

この手の人間を私は、全く毛嫌いします。
自己顕示欲の突っ張った顔をしているし、
20代でこういうことになる人は、5年も持たないはずです。
安田 佳生と同じです。古くはホリエモンも同じなのです。

そして、先日、週刊誌が、
この人「フリーエージェント スタイル」の与沢翼会長が倒れてしまった事を報じていました。

年商は50億円 月収は数億円であったとのこと
月収1億円でも12億円。
税金がいくらいるのか? わかっていなかったのでしょうか?
3億円の滞納があったとのこと・・

税金は、後から請求が来て、そして、現金で持って行かれます。
そんなことも周りの人は言わないのでしょうか?
当然 当局は全てを抑えにかかるのです。

住まいは、六本木ヒルズ、
車はフェラーリ、ロールスロイス ベントレーの3台所有していたとのこと。
勿論、追い出され、車も没収となってしまったとのこと。

チョットのアイデアで新市場を開拓し、事業をおこし、有頂天になるのですね。
国産車にのり、地味な家に住み、10年間貯蓄に励み、
15年ぐらいたって世間が見えてから、贅沢をしたかったらすればよし。

なんで、若者経営者は成功者と囃し立てられると、
かくもバカなことをしでかすのでしょうか?

新聞、雑誌、テレビなどに、成功者としての顔をだし、意見を述べてはなりませんよ!
お客様だって足を引っ張ってくるのですから・・・・・

(井上和弘)


web拍手 by FC2

2014年6月18日 (水)

スゴくない?「減価償却」

日経新聞を見てみると、
“スゴい「減価償却」”という本の広告が目につきました。

まるまる一冊、減価償却だけにスポットライトを当てた本は珍しく、
さっそく読んでみました。

「減価償却を上手に使って税金をコントロールする」
というメッセージでしたが、
内容は、「どこかの本で見たことがあるなぁ」というものでした。

ところで、
「減価償却、減価償却ってよく聞くけど、イマイチよくわかりません」
という声をお聞きします。

1億の設備を買って、すぐに使いはじめました。
さて、1年後、この設備はいくらかおわかりでしょうか?
「んー、使っているから、価値は減ってるんでしょうけど。
でも、いくらと言われても・・・、わかりません…」

そうですね、使っているから、価値が減っているのは分かります。
でも、いくら価値があるか、金額ではよく分からないものです。
しかし、分からないでは困ってしまいます。

1年でいくら価値が減ったのか、そして、今の設備はいくらなのか?
これらを決算書に表さないといけません。

設備は、長く使えば、やがて価値がなくなります
(これを「償却する」といいます)。
なので、「帳簿上で、固定資産の値を少しずつらして、償却すること」
が必要になります。これが減価償却なのです。

計算は、建物や設備の金額を、
決められた年数(これを耐用年数といいます)で割ります。
減価償却費=取得価額÷耐用年数なのです。

この年数を会社が自由に決められると、
簡単に利益が調整できてしまいます。

なので、
「鉄筋コンクリートの建物なら50年」「車両なら5年」というように、
国税庁が細かく決めています。(興味がある方は、こちらをご覧ください)

減価償却を増やす
→税引前利益を抑える
→税金の支払を抑える
→抑えた分を、次の期にさらに投資する・・・

毎年、この流れを繰り返すことで、会社はどんどん強くなってゆきます。

・特別償却、即時償却という制度を活用する
(即時償却については、こちらをご覧ください)

・帳簿にのせる資産を小分けにして、
なるべく耐用年数が短い資産として登録する
(建物の耐用年数は50年と長いので、
何から何までひとまとめにして、「建物」で計上しない)

など、ルールの範囲内で、減価償却を増やすことができないか、
考えることが大切です。

(福岡雄吉郎)


web拍手 by FC2

2014年6月17日 (火)

だから金利が高い!

初めて経営相談を受けるとき、
金利の話しになることがあります。
“ところで、金利は何%で借りておられますか?”
先日も、このような回答がありました。
“2行あって、1行は1.4%、もう1行は1.6%で、
 保証協会もついてます。”
と、いうのです。
保証協会への保証料もあるので、プラス0.4%ほど、
になるのです。

“今時えらい高い金利ですねぇ・・・。”
“えっ、高いですか?”
“それ、どこの銀行ですか?”
“●●銀行と、▲▲銀行です。”
聞いて納得しました。
先般の週刊ダイヤモンドに掲載されていた、
「消滅銀行ランキング」のワースト5に、
その2行とも、見事にランキングされていたのです。

そのランキング表のコピーを、経営者に渡しました。
“えっ!あちゃちゃ、おもいっきり上位でがんばってますね・・・。”
結局、取引銀行を見直す前提で、金利交渉することになりました。

世間で業績が懸念されている上位の銀行は、
お聞きしていると、そろって金利が高いのです。
それに、リスクヘッジも万全を期したがるのか、
保証協会付き、になるパターンが多いです。
銀行は今や、手数料で稼ぐ時代です。
なのに、高い金利を要求してくる、というのは、
やはり、業績が悪いが故、なのです。

先ほどの企業の場合、
自己資本比率は、30%を超えていました。
他の銀行なら、0.5%以下は当たり前、なのです。

“どうして、この銀行と?”
“まあ、古くからのおつきあいで・・・”このパターンが、やはり多いですね。
今回も、そうでした。

銀行だって、業績の良し悪しが、あるのです。
業績が悪い銀行は、提示する条件も、悪いのです
特に、取引期間が長く、
他行へ変えられそうにない企業には、
その悪い条件を提示してきます。
“あまえても大丈夫だろう・・・”
という気持ちになるのでしょうね。

なのに、企業側は気づかず、
それを当たり前と思って、高い金利のまま、
融資を受けているのです。

もし、1.0%を超える金利の借入があるなら、
業績の悪い銀行かどうか、確かめてください。
銀行も、仕入れ先、取引先の、ひとつです。
どうせ取引するなら、業績が良い企業と、
取引したいはずなのです。

(古山喜章)

日本経営合理化協会のサイトにて、
「決算書の“見える化”術」音声配信を始めました。
図を見ながら音声を聞く、新たな配信形式です。
こちらからどうぞ。

LINEアプリのタイムラインにて、
巷で出会ったスイーツを、3行だけ書いて紹介する、「スイーツ3行書く命」を配信しています。ID:icofuruyama で、LINE内で検索ください。


web拍手 by FC2

2014年6月16日 (月)

相続税対策と称して銀行がうごめいている

本年から「相続税」がアップになりました。
新聞の広告を見ても銀行から送ってくるパンフレットを見ても、
経済雑誌においても相続対策が良く語られています。

相続税が倍になったわけでもないと思っています。
が、近ごろ、やたらと中小企業の社長に、
銀行が提案してきた「相続対策」なるスキームに、
目を通してくださいと頼まれます。

「この銀行 おたくのメイン銀行だったっけ?」
別にメインでもない銀行が、勝手にあつかましく会社を訪ねてきます。
各メガ銀行は、良好な企業めがけて提案営業をかけているのですね。

中身を見て共通するのは、銀行が提案を行いますが、
実際は、会計事務所が提案書を書いているのです。
①不動産を購入しなさい
②後継者が持ち株会社を作りなさい。借入金を融資します
すべて、借入金発生を提案していることです。

それ以外の提案もありますが、
費用は我々が見ても、高いと思われます
(銀行は自社ではできなくて、他の税務事務所に投げています)

株式を後継者に移動する前に、他人様や名義株の整理が一大事であり、
難儀な事から着手、そして、
①オフバランスを行い、真の株価を出す
②新会社法にのっとり 種類株の導入を考える
③持株会方式
④持ち株会社所有
⑤相続は、相続時精算課税制度の利用
等等 多角的に考えてみることが肝要です。

くれぐれも 銀行の利益を考えただけの策に乗らないようにしていただきたいのです。

(井上和弘)


web拍手 by FC2

2014年6月13日 (金)

とりあえず書いてある、担保・保証人

ある企業の銀行交渉でのことです。
銀行からの融資提案書には、
個人保証と担保をいただきます、
と書かれていました。

企業の交渉担当役員は、こう言いました。
「あのぉ、個人保証と担保のことですけれど、
 今、金融庁の方針では、どうなっていましたっけ・・・。」
当然、
企業からの申し出があれば、外す対応をしなければならない、
との新たなガイドラインを、知っていて質問しているわけです。

すると銀行の担当者は、ちょっと慌てた様子で、
“あ、まあ、提案書には、形式上、書かせてもらっていますので、
 個人保証と担保は、無しの方向で、対応させていただきます。”
との返答だったそうです。

形式上とはいうものの、
こちらから何も言わず、要望していなければ、
個人保証も、担保も、有り、ということです。
これが、銀行交渉の落とし穴です。とりあえず、
銀行側に有利なことを、すべて書いてあるのです。
結局は、借りる側が、
知っているか、知らないか、
言うか、言わないか、
ということになってくるのです。

そういうと、
“いやぁ、銀行にどこまで強い態度で出ていいのか、
 悩むんですよぉ・・・。”
と、おっしゃる方が、いまだにおられます。
まだどこかに、
借りれなくなったらどうしよう、
という思いがあるのです。

銀行交渉は、要望を出し合い、協議する場です。
仕入れ交渉と同じなのです。
要望が通る場合もあれば、ダメな場合もあります。
しかし、要望しなければ、通るはずもないのです。
ましてや、“そんな要望を出す企業には貸さない!”
などと言える銀行は、今やありません。
みな、貸したくて仕方がないのです。
こちらの要望は、伝えるべきなのです。
で、交渉の場数を踏んでほしいのです。
すると、別人のように、変わってゆきますよ、

(古山喜章)

日本経営合理化協会のサイトにて、
「決算書の“見える化”術」音声配信を始めました。
図を見ながら音声を聞く、新たな配信形式です。
こちらからどうぞ。

LINEアプリのタイムラインにて、
巷で出会ったスイーツを、3行だけ書いて紹介する、「スイーツ3行書く命」を配信しています。ID:icofuruyama で、LINE内で検索ください。
䍩땆즨


web拍手 by FC2

2014年6月12日 (木)

クライアント(顧客契約先)を脅す税理士

「社長 調査の日程を当初より2か月後に引き伸ばし、
調査も終わり、このあたりで税務署の指摘する事案を認めて、
300万円の追加納税と金利の支払いを認めましょうよ・・

今月(4月)中に終了しましょうよ! 
ここでこちらが ゴネて、修正申告に応じなかったら、
次は国税庁の調査官が押し寄せて、それこそ大変です。
どうでしょうか? 今日中に のみましょうよ!」

なんとこのセリフは私の存じ上げる地方都市の、
田舎の町の企業経営者に税理士が言った言葉です。

私が、相談にのっている会社が、M&Aで企業買収を行ったのですが、
種々の事情で会社の株式を関連会社に売却したのです。
売却損を計上して、オフバランスを実施したのです。
その売却価格が『安い』と言ってクレームをつけているのです。

当然、売却価格は類似業種の価格算定で、何もおかしいことはなく、
いたって私から見てもおかしくないのですが、
オフバランスを行っているので、税務署は面白くなく、
調査に入っても、何も出てこなくって無理矢理
「税金をとろう」「6月までに(税務署の人事異動の都合) すべて終わらせよう」
とする様子がミエミエです。

地方都市、税務に弱い経営者は、
なぜかくも税務調査に怯えているのでしょう。
それ以上に地方の税理士はクライアント側に立たず、
税務署の発言を繰り返すのか? 不思議です。

税務署ではなく、国税が来る。
めったに国税が来ることはありません・・

海外取引とか、非常に税の専門性がある、
全国にまたがる非常に悪質かつ規模が大きい仮装、隠ぺいを行っているのであれば、
国税も出てくる問題になるでしょう。

真剣に経営を行い、その真の目的の為に理由があり、
経理処理を行い、見解の相違があり、
こちらが正しいと信念を持って行うなら絶対に修正申告に応ずることなく、
更正決定に持っていくべきであります。

修正申告、更正決定はどう違うのですか?
経営者は、しっかりと知っていただきたいです。

修正申告―― 納税者側が誤りを認め、修正いたします

更正決定―― 税務当局が脱税の証拠を示し、証明して、追加追徴する

税務当局は、納税者が素直に修正申告してもらえば、
実務は終了し次の仕事に移れます。

更正決定に持っていかれると、当局の方が証拠を集めなければならず、
7月の人事異動までにすべての業務を終えることができないのです。
各税務署内では、一年で30%の人が異動するのです。
3年で全員が変わると考えてもいいのです。

「よく仕返しされる?」と言われますが、
まったく、デタラメな事ですし、力のない税理士で言う人がいます。

未だに納税者の立場に立たない税理士が存在することは悲しい事であります。

(井上和弘)


web拍手 by FC2

2014年6月11日 (水)

てごわい滞納者その2

都内の介護施設で、ほったらかしにしていた利用料を、
どう回収しかたという話です。
(前回の記事はこちら

①粘り強く督促して回収できたAさんの例です。

回収期限に入金がなければ、
必ずその日に督促して、次の期限を決めます。
次の期限が来ても入金がなければ、また督促です。

手ごわい滞納者は、この段階では、まず払いません。
が、とにかく最初は、これを繰り返します。

相手からぶつぶつ言われることもありますが、
「上司が…」「本部の方針で…」「監査が入って…」
と理由を適当に付けます。

せっかく督促をはじめたのです。
ポツポツと督促していたのでは、結局、前に進みません。
集中してたたみかけることが大切です。

電話での督促を3、4回やってだめなら、文書で督促です。
もちろん、期日をはっきりと指定します。

督促する口調は、回を追うごとに強めます。
毎回、同じような文書を送っても、効果はありません。
(1)「○月○日までに入金をお願いします」
(2)「期日を厳守ください」
(3)「お支払いただけないなら、法的措置をとらざるを得ません」
(4)これでだめなら、弁護士から催告状を出してもらいます。

差出人のところは、
(1)担当者(2)部長(3)本部長
といった感じで変えてゆきます。
差出人が担当者のままで、法人印も何もなければ、
迫力はつきません。

(1)~(4)を、2ヶ月ぐらいの間に集中してやるのです。

と、Aさんから電話がありました。
「こんなに立て続けに督促して!迷惑だ!
信頼関係も何もないじゃないか!」と怒っています。

しかし、そもそもAさんが支払わないのが問題なのです。
「信頼関係というなら、まずAさんがお支払ください!」
ピシャッとこう言って電話を切りました。
2週間後、「すみませんでした」と入金があったのでした。

集中して督促されれば、
相手も「あぁこれは本気だな~、まずいかな…」となります。
こちらが本気にならないと、手ごわい滞納者は動かないのです。

(福岡雄吉郎)


web拍手 by FC2

2014年6月10日 (火)

最適月額報酬って、どれですか?

役員退職金の計算をする際には、
最終月額報酬ではなく、最適月額報酬が、
計算基礎となる規程にしておきなさい、
と申し上げています。

すると、こんな質問をうけることがあります。
“1回だけ、めちゃくちゃ高い月額報酬のときがあったんですが、
 その金額にしたら、ダメでしょうか?”
というものです。
その時には、こう申し上げています。
“その金額が、最適だという理由を、文章で説明できますか?”

例えば、
社長として、最も業績に貢献していたころの月額報酬が、
概ねこのくらいの金額であった、ということなら、
現状の月額報酬とかけ離れていても、
説明のつく文章を、作成しやすいです。

しかし、ある年度だけ、飛びぬけて高かった月額報酬を、
計算基礎金額とするのは、その説明文章が難しいかもしれません。
その金額を最適とした根拠が、説明のつくものかどうか、
ということなのです。

つまり、
退職金規程で“最適月額報酬”としていることは、まず必要です。
加えて、1億を超える高額退職金の場合は、
なぜ、その金額を最適月額報酬としたのか、という、
説明文章を、取締役会議事録に記しておくことが、大切です。
後に、税務調査を受けた際、その説明文章があれば、
“その退職金は高すぎる!”とは、簡単には言い切れないのです。
要は、
調査を受けたときの、立派なエビデンス=証拠になるのです。
何事も、合理性が必要なのです。

取締役会議事録で、
議案の承認は、簡単に、サクッと記してもかまいません。
普通に、「役員退職金支給の件」とすればよいのです。
ただ、高額な退職金の場合、その議案承認の下に、
「最適月額報酬の根拠」を、書いておいてほしいのです。
あるいは、別の文書で、
最適月額報酬を決めた理由や経緯を示し、
その文書を添付してもかまいません。

否定しきれない根拠・証拠があるかどうか、
が、重要なのです。

(古山喜章)

日本経営合理化協会のサイトにて、
「決算書の“見える化”術」音声配信を始めました。
図を見ながら音声を聞く、新たな配信形式です。
こちらからどうぞ。

LINEアプリのタイムラインにて、
巷で出会ったスイーツを、3行だけ書いて紹介する、「スイーツ3行書く命」を配信しています。
ID:icofuruyama で、LINE内で検索ください。


web拍手 by FC2

2014年6月 9日 (月)

鑑定証明 その②

減価償却費という勘定は、P/Lの損金経費になり、
この減価償却費だけは、現金として他に出金の伴わない費用ですね。
納税をできるだけ低くしようと思えば、
この対象資産の年々の償却がどうなっているのか、
注意深く見て行かねばなりません。

償却年数は、果たして正しいのでしょうか?

税理士事務所の職員が、神経を張りつめて年数を計上しているのでしょうか?
資産勘定科目を良く見ていると、
毎年、償却していないものや償却不足のものが経営者の目に入ります。

土地・美術品・電話加入権など 
最初に計上された時のままの価格で存在しています。
機械・設備・建物も遅々として減じていない状況になっていませんか?

土地、美術品はなぜ、減価償却されないのですか?
税理士さんに問うてみてください!
何という解答が得られるでしょうか?

「それらの資産は年月を経たとしても価格は落ちないからです!」
とでもおっしゃるのでしょうか?

「えっ、20~30年たった今日、
間違いなく償却のできない資産でも下落しているじゃありませんか!」
と反論すると、きっと 困った顔をされます。

私は、鑑定士に時価を評価してもらって、鑑定評価証を出してもらいなさい。
そして、子会社、関係会社がなければ、作って、
そこへ売却しなさいとアドバイスしているのです。

子会社に売るのは、「グループ税制でダメになったのでは?・・・・」
などと知ったかぶりをした理由を言って実行しないのが一番いけない事です。

100%子会社は、グループ税制に引っかかりますが、
1%でも他人の株主がいればOKです。

不動産鑑定士は世間に多いですが、
「美術鑑定士は、どこにいるのですか?」
いつでもおっしゃってください。ご紹介いたします。
税務署が追っかけて、調べに来てもチャンと対応してくれます。
当然、鑑定料を支払えば、プロとしてしっかり対応してくれます

税前利益が多くでた年には、
何よりも流動、固定資産を生きた活力ある、
利益を生み出す資産として揃えておきたいものです。

(井上和弘)


web拍手 by FC2

2014年6月 6日 (金)

W杯時の、銀行の売り言葉

先日、ブラジル・レアル債の新聞広告を見ていると、こう書かれていました。
「今、世界の視線がブラジルに集まっています!」
で、サッカーの写真がついていました。
まあ確かに、W杯がありますから、
世界が注目していることに、間違いはないです。
しかし、だからといって、
レアルが上がるわけではないのです。

前回のW杯終了後、
ある会社のB/Sを見ると、
“ランド債”という勘定科目がありました。
“えっ?何ランドですか?”
と、思わず聞いてしまいました。
“いえいえ、南アフリカ通貨の債権ですよ”
“なんでまた、そんなものを?”
“いやぁ、銀行の方から、
 W杯で、南アフリカは世界中が注目していますよ。
 上がることがかなり期待できますよ。と、言われて…。”
“で、上がったんですか?”
“いや、それは、もう、全然ダメです…。”
しかも、そのランド債を買うのに、
銀行から借り入れていたのです。

幸い、返済できるキャッシュがあったので、
一気に借入を返済し、ランド債権も売却しました。
結果、数千万円の損を吐き出しました。
経常利益と同額の損が出て、法人税の発生もなくなりました。

銀行はとにかく、
何かにかこつけて、金融商品を売ろうとします。
W杯など、世界的イベントは、好都合なのです。
いずれにせよ、
そのような商品に手を出すくらいなら、
本業磨きに精を出してほしいのです。
“注目していますよ”と、銀行が言うなら、
“注目されたら上がるの?”
と、言い返してほしいのです。

次回、2018年のW杯開催地は、ロシアです。
ロシア・ルーブル債をW杯に関連して、
銀行は積極的に売り出すのかどうか?
4年後が楽しみです。
ランド債をセールスするくらいですからね。

(古山喜章)

日本経営合理化協会のサイトにて、
「決算書の“見える化”術」音声配信を始めました。
図を見ながら音声を聞く、新たな配信形式です。
こちらからどうぞ。

LINEアプリのタイムラインにて、
巷で出会ったスイーツを、3行だけ書いて紹介する、「スイーツ3行書く命」を配信しています。
ID:icofuruyama で、LINE内で検索ください。


web拍手 by FC2

2014年6月 5日 (木)

我が社の取引銀行の担当者が! 長期金利が!!

「『わが社の取引銀行の担当者が 
長期金利が上がり気味、将来 上がる事、間違いないので、
今のうちに固定金利で借入なさいませんか?』
と言ってきているのですが・・・・どうしましょう?」
と相談を受けました。

「何の理由で長期金利が 上がるのか?」
「・・・・・・・ハイパーインフレ来ないでしょうか?国債発行しすぎでは・・・」

5月30日の日経新聞には 今年に入ってから
世界で長期金利が低下していると報じています。
※クリックすると拡大します。
140530_2

以下が、記事の全文(抜粋)です。
140530_7

金利交渉はすべて
タイボ金利 + スプレッド(上乗せ金利)

の変動性金利率で行けばいいじゃありませんか?

今や、0.38ではなく 
A社では0.3を切り、0.29になっています。

140530


(井上和弘)

web拍手 by FC2

2014年6月 4日 (水)

貯蔵品は損金で落とす

わが社のB/S(貸借対照表)をご覧ください。
上から、現金、売掛金、商品・・・ときて、
「貯蔵品(ちょぞうひん)」なる科目はありませんか?

貯蔵品・・・普段耳にしない言葉ですが、
原材料や商品、製品などと同じく、
棚卸資産(在庫)の一つです。

で、中身は何でしょうか?
切手や印紙、包装材料、パンフレットなどが多いですね。
会社によってさまざまです。

これらは、資産として
B/Sに必ずのせる必要があるのでしょうか?

答えは「No」です。
しかし、現実はB/Sにのせている会社が、結構あります。

その会社の担当者に質問します。
「なぜ、貯蔵品としてB/Sにのっているのですか?」
と、たいていは、
「いやぁ、前からそうなっているので・・・」という答えです。
明確に答える会社は少ないです。

ときどき、
「こうやってB/Sにのせているので、
在庫管理ができるのですよ!
期末に、実際に数えて帳簿と実際の差を調べるのです」
という方がいます。

しかし、帳簿にのせていなくても、
別に受払台帳を作っておけば、数の把握はできます。

ところで、ときどき、こういう会社があります。
「今年は利益が出過ぎるなぁ。何かよい方法は・・・」
といって、期末付近になって、大量にこうしたものを買って、
損金で落とそうとするのです。
こうした、ミエミエの節税は、調査で指摘されます。

しかし、「貯蔵品」にあがっているようなものは、
だいたい、毎年同じように使っている消耗品です。
それなら、買った時に損金にしても、
何の問題もありません。
国税庁からもそのようにお達しが出ています。

貯蔵品をB/Sから落とせば、
B/Sがスッキリするし、その年の税金も抑えられます。

わが社の処理について、
一度、確かめられてはいかがでしょうか?

(福岡雄吉郎)


web拍手 by FC2

2014年6月 3日 (火)

株式はバナナではない

後継者への株式承継問題をお聞きしていると、
“株主が10人もいるんです。”
などということがあります。
要は、株式があちらこちらに分散していて、
整理すること自体が大変、というパターンです。

分散しすぎていると、
まず、意思決定が難しくなります。
連絡がなかなか取れない、あるいは、
あまり連絡を取りたくない、などなど。
かといって、連絡を取らずに議事録だけ作成したりすると、
後々、“株主を無視して勝手にやっている!”と、
さらにもめるもとになります。
加えて、
「買い取ってくれ」「売りたくない」など、
本業以外に、ややこしい苦労が増えます。

先日も、ある後継者が、先代の祖父に尋ねたそうです。
“どうして株主が10人にも分かれているの?”
そのほとんどは、先代の兄弟姉妹に分散しています。
するとその先代の祖父は、こういったそうです。
“その頃は、食べ物に苦労した時代でなぁ、
 バナナ1本でも、10人で均等にわけないと、もめたんや。”
そうです。
食べ物で苦労された時代を通過された経営者に、
なんでもかんでも、平等にわけないともめる、
という意識の強い方が、多いのです。
で、それにならえで、株式も、均等割りなのです。

しかし、
株式は、バナナではないのです。
平等にわけたほうが、もめるのです。
後継者に100%、渡せばいいのです。
なのに、そうはしなかったがために、
株式の分散で苦労している経営者が、
とにかく多いことを、いつも実感させられるのです。

(古山喜章)

LINEアプリのタイムラインにて、
巷で出会ったスイーツを、3行だけ書いて紹介する、「スイーツ3行書く命」を配信しています。
ID:icofuruyama で、LINE内で検索ください。


web拍手 by FC2

2014年6月 2日 (月)

鑑定証明 その①

この数カ月で外部鑑定業者の証明が生じる事例が多くあったので、
少しご紹介いたします。

第三者の鑑定は
・資産を除却、売却して特別損失を出す
・利害関係者間で売買取引する
・M&Aで企業買う場合、資産査定を正確にする
・当然 鑑定のいる資産は土地、建物、美術品などでしょう
このような場合 鑑定士に依頼が必要なのです。

高く買うと寄付行為
安く売ると贈与だとか・・
税務当局は なんやかんやと税金を取ろうと思ってか、やってくるのです。

A社は、100年以上続く老舗会社です。
社員の更衣室にはマリーローランサンの絵が飾ってあるのです。
(現社長は価値がわからず、先代のコレクションであったのです)

全社にある絵画を集めて鑑定していったら、とんでもない高額品が見つかりました。
含み益です。当然、所轄の税務署はご存知ない・・・

B社も100年以上続く老舗の会社。三代目社長も高齢です。
買った美術品も一部は倉庫に置いたままです。
中には、忘れている作品もあったのです。
鑑定士に御足労お願いして、倉庫に出かけていただきました。

結果!
A社とは逆に大きな評価損が発生しておりました。
中には、贋作あり、特別損で落としました。
当然、2年後、税務当局が調査に来ました。

C社は、地方都市の有名店舗
B/Sには美術品1億円と明確に載っています。
贋作やまがいものはありませんが、
1億円の美術品が500万円の評価になってしまいました。

百貨店美術部からお付き合いや押しつけか(?)で
買った作品があったにもかかわらず、大きな評価損が発生し、
当然 当局は鑑定会社まで出掛けての調査が行われました。

書画、陶器、彫刻、骨董など、買った時は高くても、
いざ売却価格となると極端に安くなります。

特に昭和45年(1970年)~平成2年(1990年)のこの20年間は、
特にこれらのものは高騰し(株、土地と同じ)今は下落しています。

百貨店の美術部のプライスは、
作家に入るお金は、上代の30%と思ってください。
中に入る画商が30% 百貨店が40%ぐらいです。
ですから 売却時価は安いのです。

デパートで美術作家ものの作品が欲しかったら、
30%ぐらいは外商で引いてくれるはずです。

では、あんな高い百貨店でなぜ、
それらの作品を購入する人がいるのでしょうか?
(B社の様な付き合いは別として)
考えてください!

(井上和弘)


web拍手 by FC2

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

おすすめブログ

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック