サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

相続対策セミナーのお知らせ

  • 相続対策セミナーのお知らせ
    相続対策セミナーの日程が決定しました。 6月26日(水)東京、6月28日(金)大阪 主催:日本経営合理化協会 講師:古山喜章、福岡雄吉郎 詳細&お申し込みは改めてお知らせいたします。

ICO新刊発売のお知らせ!

井上和弘「経営革新全集」10巻完結記念講演会 CD発売!

  • 井上和弘「経営革新全集」10巻完結記念講演会 CD発売!
    2023年7月に開催され大好評を得た、井上和弘の記念講演セミナーを完全収録!全集のエッセンスを凝縮してお届けします! 移動中などにお聞きいただき、学びを深めてください。 動画でも視聴できるよう、購入者専用アクセスコードも入っております。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« お借りいただけませんでしょうか? | トップページ | 株式はバナナではない »

2014年6月 2日 (月)

鑑定証明 その①

この数カ月で外部鑑定業者の証明が生じる事例が多くあったので、
少しご紹介いたします。

第三者の鑑定は
・資産を除却、売却して特別損失を出す
・利害関係者間で売買取引する
・M&Aで企業買う場合、資産査定を正確にする
・当然 鑑定のいる資産は土地、建物、美術品などでしょう
このような場合 鑑定士に依頼が必要なのです。

高く買うと寄付行為
安く売ると贈与だとか・・
税務当局は なんやかんやと税金を取ろうと思ってか、やってくるのです。

A社は、100年以上続く老舗会社です。
社員の更衣室にはマリーローランサンの絵が飾ってあるのです。
(現社長は価値がわからず、先代のコレクションであったのです)

全社にある絵画を集めて鑑定していったら、とんでもない高額品が見つかりました。
含み益です。当然、所轄の税務署はご存知ない・・・

B社も100年以上続く老舗の会社。三代目社長も高齢です。
買った美術品も一部は倉庫に置いたままです。
中には、忘れている作品もあったのです。
鑑定士に御足労お願いして、倉庫に出かけていただきました。

結果!
A社とは逆に大きな評価損が発生しておりました。
中には、贋作あり、特別損で落としました。
当然、2年後、税務当局が調査に来ました。

C社は、地方都市の有名店舗
B/Sには美術品1億円と明確に載っています。
贋作やまがいものはありませんが、
1億円の美術品が500万円の評価になってしまいました。

百貨店美術部からお付き合いや押しつけか(?)で
買った作品があったにもかかわらず、大きな評価損が発生し、
当然 当局は鑑定会社まで出掛けての調査が行われました。

書画、陶器、彫刻、骨董など、買った時は高くても、
いざ売却価格となると極端に安くなります。

特に昭和45年(1970年)~平成2年(1990年)のこの20年間は、
特にこれらのものは高騰し(株、土地と同じ)今は下落しています。

百貨店の美術部のプライスは、
作家に入るお金は、上代の30%と思ってください。
中に入る画商が30% 百貨店が40%ぐらいです。
ですから 売却時価は安いのです。

デパートで美術作家ものの作品が欲しかったら、
30%ぐらいは外商で引いてくれるはずです。

では、あんな高い百貨店でなぜ、
それらの作品を購入する人がいるのでしょうか?
(B社の様な付き合いは別として)
考えてください!

(井上和弘)


web拍手 by FC2

« お借りいただけませんでしょうか? | トップページ | 株式はバナナではない »

税務調査対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鑑定証明 その①:

« お借りいただけませんでしょうか? | トップページ | 株式はバナナではない »

2024年 ご挨拶動画

おすすめブログ

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック