サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 古山喜章の最新刊
    「社長の決算書の見方・読み方・磨き方」(著:古山喜章、発行:日本経営合理化協会)税込み15,660円 銀行対策、税務対策など、会計事務所任せではできない決算対策の実務を網羅した一冊!決算対策の新・バイブルです!

好評発売中!

  • 井上和弘の最新刊
    「承継と相続 おカネの実務」(著:井上和弘、発行:日本経営合理化協会) 税込14,580円。 著者の長年にわたる指導体験をもとに、オーナー社長の承継と相続対策の実務を惜しみなく著した、他の誰にも書けない、渾身の一冊です。

井上和弘次回セミナーのお知らせ!

  • 井上和弘次回セミナー日程のお知らせ
    平成30年3月7日(水)東京・13日(火)大阪にて、「事業承継の実務」をテーマに開催します。 主催:日本経営合理化協会 詳細・お申し込みは、こちらから。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 「建物」も即時償却できます | トップページ | マズロー先生の五段階説  井上式解釈 その② »

2014年8月27日 (水)

給与を増やせば、税が減る②

以前、給与を増やすと税金が減る、
という制度をご紹介しました。
(以前の記事はこちらです

「所得拡大促進税制」という制度です。
ちょっと、ややこしいのですが、
給与を増やす(増やした)企業は、検討するとよいです。

これからこの制度を使う場合、要件は3つです。

例えば、3月決算会社なら、
①給与の総額が、平成25年3月期より”2%”以上増える
②給与の総額が、”前年度”以上
③「継続して」雇っている職員への給与額が、”前年度”より増える

この制度は、平成30年度まで使えます。
なので、②③の「前年度」というのは、
この制度を使おうとする時期の、前年度、ということです。
(平成27年3月期に使うなら、
平成26年3月期が“前年度”です。)

なお、①の○%以上というのは、
この制度をいつ使うか、によって違ってきます。
(平成27年3月期に使うなら2%、平成28年3月期に使うなら3%、
平成29年3月期、平成30年3月期に使うなら5%です)

③「継続して」は、
・日雇い労働者を採用している、
・新たにたくさんのヒトを採用した
・前年度にまとまって退職者が出た

など、ヒトに大きな動きがある場合、
そうした影響は排除して、
ならして考えましょう、ということです。

ややこしいのは、比較する年度が2つあることです。
①で比較する年度は、平成25年3月期です。
(「基準年度」といいます)

反対に、②③で比較する年度は、
この制度を使おうとする年度の前年度、なのです。

①~③に当てはまる会社は、
基準年度(平成25年3月期)から増やした給与の10%が、
税金からマイナスできます。
(ただし、上限は法人税額の20%です。)

「要件がぐちゃぐちゃで良く分からないけれど、
ウチは結構、給与を増やしたぞ」という会社は、
顧問税理士に質問するとよいでしょう。

経産省のホームページ(こちらです)も参考にしてください。

(福岡雄吉郎)

web拍手 by FC2

道場主 井上和弘の趣味、旅、雑学など、
会社経営からちょっと離れた、日常生活をつづったブログ、
「井上和弘の寄り道スケッチ」もぜひご覧ください!
こちらをクリックしてください。

« 「建物」も即時償却できます | トップページ | マズロー先生の五段階説  井上式解釈 その② »

節税対策&決算対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1165409/57175229

この記事へのトラックバック一覧です: 給与を増やせば、税が減る②:

« 「建物」も即時償却できます | トップページ | マズロー先生の五段階説  井上式解釈 その② »

おすすめブログ

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

最近のトラックバック