サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 古山喜章の最新刊
    「社長の決算書の見方・読み方・磨き方」(著:古山喜章、発行:日本経営合理化協会)税込み15,660円 銀行対策、税務対策など、会計事務所任せではできない決算対策の実務を網羅した一冊!決算対策の新・バイブルです!

好評発売中!

  • 井上和弘の最新刊
    「承継と相続 おカネの実務」(著:井上和弘、発行:日本経営合理化協会) 税込14,580円。 著者の長年にわたる指導体験をもとに、オーナー社長の承継と相続対策の実務を惜しみなく著した、他の誰にも書けない、渾身の一冊です。

井上和弘次回セミナーのお知らせ!

  • 井上和弘次回セミナー日程のお知らせ
    平成30年3月7日(水)東京・13日(火)大阪にて、「事業承継の実務」をテーマに開催します。 主催:日本経営合理化協会 詳細・お申し込みは、こちらから。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 知っておきたい、雑損失控除 | トップページ | 残暑お見舞い申し上げます »

2014年8月13日 (水)

除却損を大きくする

損益計算書(P/L)の“販売費および一般管理費”のなかに、
「租税公課」という項目があります。
聞きなれない単語ですが、中身は、税金です。

といっても、利益に対してかかってくる税金ではありません。
利益に関係なく、かかる税金があるのです。
たとえば、固定資産税ですね。

これは、毎年1月1日に存在する固定資産に対して、
その評価額の約1%、発生します。

これを減らそうと思えば、
年末までに、いらない固定資産を廃棄(除却)することです。
このとき、少し工夫することができます。

例えば、3月決算の会社が、
12月に固定資産を廃棄したとき、
どう処理するでしょうか?

細かくいうと、
・4月~12月までの減価償却を「減価償却費」とする
・残りの簿価を「除却損」として特別損失にする
方法でしょう(方法①)。

ではなくて、
4月1日時点の簿価を「除却損」とするのです(方法②)。

そうすれば、「除却損」の金額が大きくなります。
営業利益が大きくなります。

たとえば、車両の除却を考えます。
・粗利益が 1,500
・期首の車両の簿価は、1,000
・除却時点での減価償却費は、100
・除却時点の簿価は900(=1000‐100)
とします。

①と②でこう違ってきます。
Photo_2
いかがでしょうか?

また、除却するとき、引取費用、手数料等がかかる場合には、
これらも、「除却損」として、特別損失に入れることです。
こうすることで、P/Lの見た目を良くすることができるのです。

(福岡雄吉郎)

web拍手 by FC2

道場主 井上和弘の趣味、旅、雑学など、
会社経営からちょっと離れた、日常生活をつづったブログ、
「井上和弘の寄り道スケッチ」もぜひご覧ください!
こちらをクリックしてください。

« 知っておきたい、雑損失控除 | トップページ | 残暑お見舞い申し上げます »

節税対策&決算対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1165409/57065651

この記事へのトラックバック一覧です: 除却損を大きくする:

« 知っておきたい、雑損失控除 | トップページ | 残暑お見舞い申し上げます »

おすすめブログ

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

最近のトラックバック