サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 福岡雄吉郎の最新刊
    好評発売中! 「社長の賢い節税」(著:福岡雄吉郎、発行:日本経営合理化教会) 社長が賢い節税をせずして、会社にも、社長にも、お金を十分に残すことはできません。数々の現場での、あっと驚く事例をもとに、お金を残すための具体策を、余すところなく披露します。

福岡雄吉郎 出版記念セミナーのお知らせ!

  • 福岡雄吉一郎 出版記念セミナーのお知らせ
    「社長の賢い節税」出版を記念とした、税務対策セミナーです。 5月25日(大阪)、28日(東京)にて開催します。 ゲスト講師も登壇予定です。 詳細は追って連絡いたします。 主催:日本経営合理化協会

相続対策セミナーのお知らせ

  • 相続対策セミナーのお知らせ
    2021年度の日程が決定しました。6月8日(火)東京・オンライン、6月22日(火)大阪。 主催:日本経営合理化協会 詳細は追ってご連絡いたします。

古山喜章CD お金が残る決算書「100の打ち手」発売!

  • お金が残る決算書「100の打ち手」発売!
    1話5分完結で全100話収録! 会社を強くする決算書にするための具体策を、節税対策、銀行対策、危機対応、業種別対策など、7つの側面から、実例を交えて語ります。 移動時・在宅時などのすきま時間に、ぜひご活用ください。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月30日 (火)

採用氷河期に挑む ②

ほんの数年前、
世間は「就職氷河期」といわれていました。
しかし、状況は一変しました。
“人が採用できません”
“募集をかけてもまったく反応がないんです!”
時代は、「採用氷河期」に突入したのです。

②応募者がいないんです! その2

“パート、アルバイトの募集をかけたが、
まったく反応がない!”
という状況を避けるには、
掲載時に、応募者から選ばれる工夫が欠かせません。

なかでも、他社と比較しやすいのは、賃金です。
はっきりと数字で出るので、明確です。
働きたい時間・曜日に見合う仕事が複数あれば、
応募者は、比較しやすい賃金に目がゆきます。

賃金は、やはり少なくとも、世間相場を維持したいです。
つまり、需給バランスによる相場を考慮してほしいのです。
そのエリアの、業種別の平均時給は、
掲載に関わる代理店に言えば、出してくれます。
加えて、自分たちで募集広告を集めてチェックし、
相場観をつかめばよいのです。

賃金が高いほうが、働き手にとっては魅力です。
が、雇用側には、出せる限度があります。
かといって、
相場よりもいくぶん低いと、相手にされなくなります。
極端に高すぎても低すぎても、応募者からしたら、
“どうしてだろう?”という不安もわきます。
だから、
相場をクリアする程度のレベルにしてほしいのです。

と、いろいろ見比べると、差別化を意識した表現もあります。
“○ケ月毎の昇給制度あり”“ミニ賞与あり”“資格手当あり”などなど。
賃金に関わる仕組みや制度を、記載している企業と、
記載していない企業があります。
“昇給制度有”でなく、“昇給制度あり”と記載することも、
読みやすさや目立つための、工夫の現れです。

もったいないのは、制度があるのに、記載していないケースです。
“ウチも同じような制度がありますよ!”
といっても、記載しなければ、見る人にはわからないのです。
小さな制度でも、他社と比較した際の、良い材料になるのです。

働く側にとって、賃金はもっとも大きな比較要素です。
少しでも、良い応募者を増やせれるよう、
書き方や表現方法に、気を配ってほしいのです。

(古山喜章)


web拍手 by FC2

道場主 井上和弘の趣味、旅、雑学など、
会社経営からちょっと離れた、日常生活をつづったブログ、
「井上和弘の寄り道スケッチ」もぜひご覧ください!
こちらをクリックしてください。

日本経営合理化協会のサイトにて、
「決算書の“見える化”術」音声配信を始めました。
図を見ながら音声を聞く、新たな配信形式です。
こちらからどうぞ。

LINEアプリのタイムラインにて、
巷で出会ったスイーツを、3行だけ書いて紹介する、
「スイーツ3行書く命」を配信しています。
ID:icofuruyama
で、LINE内で検索ください。

2014年9月29日 (月)

国民の為に仕事をしない国会議員 その1

橋下市長は、野党の反対にあって、次の民営化が進まず困っています。
橋下さんの個性が好き、嫌いがあっても 
次の事には、私は、大賛成なんです。

・大阪市営地下鉄市バス
・幼稚園、保育園
・水道局(市立と府立)
・小中高大学
・ごみ収集業

まだまだあったと思いますが、自民、公明、共産等が反対しています。
JRが国鉄から民営化して、いかによくなったのか!
郵政もそうですが・・・・

反対のガンは、労働組合です。
一般組合員のこれらの働いている人々が、
労働時間が短く、賃金がべらぼうに高いからです。

私は、国会議員の言う事を真面目に聞いたことがありません!
「〇〇〇します」と約束事を放しても、絶対にやりません!
なぜなら、出来ないからです。
受益を受けているから、頑固に反対するのです。

私は、消費税増税大賛成派です。
平均的に消費する国民には、それがかかるからです。
税金を支払わない農家やヤクザも皆に来るからです。
しかし、その分、役人、公共団体の給与も下げ、
国会議員の定数も減じたならばの条件があれば賛成です。

5%→8%にあげたにもかかわらず、
国会議員は、未だに一票の格差、
定員の源にすら着手しないではありませんか!

常にゴネているのは、左派傾向の党の人ではないでしょうかね?

(井上和弘)

web拍手 by FC2

道場主 井上和弘の趣味、旅、雑学など、
会社経営からちょっと離れた、日常生活をつづったブログ、
「井上和弘の寄り道スケッチ」もぜひご覧ください!
こちらをクリックしてください。

2014年9月26日 (金)

採用氷河期に挑む ①

ほんの数年前、
世間は「就職氷河期」といわれていました。
しかし、状況は一変しました。
“人が採用できません”
“募集をかけてもまったく反応がないんです!”
時代は、「採用氷河期」に突入したのです。

①応募者がいないんです! その1

“パート、アルバイトの募集をかけたが、
まったく反応がない!”
という声を、たびたび聞きます。
応募者がいないことには、採用できません。
かといって、明らかにレベルが低そうな人材を、
“応募者がいないから、とりあえず採用しておこう。”
とすると、あとで現場が振り回される、となりかねません。
まずは、応募者の母集団ありき、なのです。

応募者は、数ある募集広告を見比べ、
“ここなら”と感じたところへ応募します。
特に、パート・アルバイトの場合、
自分にとっての働きやすさが、
募集広告に感じられるかどうか、
ということが大きな要素になります。

しかし、
企業の募集広告を見ると、
そのような工夫が見当たらない広告も、多いです。
商品・サービスを開発するには、お客様のニーズを探ります。
人材採用も、同じです。
働く人たちの、ニーズを考えることが、必要なのです。

例えば、勤務時間と勤務日数の書きかたです。
「9:00~16:00 週4日以上」
これでは、まず応募はありません。
働く時間も日数も限られている。
でも仕事をしたい。
それが、パート・アルバイトのニーズです。
ならば、
「9:00~16:00 の間で2時間以上
 週1日からOK」とすればよいのです。
“そんな!勤務が2時間で、週1日の人がたくさん来たら大変です!”
実際には、そんな人ばかりがくるわけではありません。
それに、
“そのつもりできたけれども、もうすこし勤務しても構いません。”
という人も出てきます。
もちろん、
短時間勤務の人材をも活用できる仕組みづくりも必要です。

要は、勤務時間と勤務日数という、
入り口のハードルを下げてほしいのです。
それさえも、採用氷河期においては、
他社の募集広告との、差別化になるのです。
募集広告は、常にライバルと比較されている、
ということを、頭にいれて考えてほしいのです。

(古山喜章)

web拍手 by FC2

道場主 井上和弘の趣味、旅、雑学など、
会社経営からちょっと離れた、日常生活をつづったブログ、
「井上和弘の寄り道スケッチ」もぜひご覧ください!
こちらをクリックしてください。

日本経営合理化協会のサイトにて、
「決算書の“見える化”術」音声配信を始めました。
図を見ながら音声を聞く、新たな配信形式です。
こちらからどうぞ。

LINEアプリのタイムラインにて、
巷で出会ったスイーツを、3行だけ書いて紹介する、
「スイーツ3行書く命」を配信しています。
ID:icofuruyama
で、LINE内で検索ください。

2014年9月25日 (木)

倒産は世の常

時の世間を司る官庁、政治家は、世間の景気を無視しておられる
不景気になり、倒産が増加し、失業者は溢れることは不幸であり、
弱者は切り捨てられて、自殺者、犯罪者が増加し、
世情も暗く、不安心が起こります。

誰もが望まない事であっても良く考えてみれば、
好不況は長いスパンで考えてみれば必ず起こるものです。

「資本主義システムの元で経済活動を行えば、不況は必要悪である」
と言った経済学者もいました。

「波騒(なみさい)」

宮本 武蔵(吉川英冶)の最終章で語られる言葉
「波騒ぎは世の常である
波にまかせて 泳ぎ上手に雑魚は歌い踊る。
けれど、誰か知ろう 百尺下の水の心を・・・  水の深さを」

ちょっと儲かった、稼いだと有頂天になるよりも、
常に会社経営を深く考え、いつか来る冬の時代に思いを巡らすことを・・

私は、儲ける仕事よりも倒産しないように、いかに手を打つかを考えてばかりいます。
放漫経営の必然倒産は別としても

・原料倒産
・黒字倒産
・ストック倒産
・労務倒産
・貸し渋り倒産
・反社会的倒産
・KY倒産
・下請切り捨てられ倒産
・時代遅れ倒産
の多くを見てきたのです。

対策を云えば、
これらにならないように手を打てばいいものを、打たずになってしまう。・・・

時の変化はその真ん中に居る時には気が付きませんが、
日本の人口は、今、1億2729万人(2013年) 
前年に比べて21万人減少している。

単純に10年たてば、210万人の減少となる。
2025年には、人口が1億2000万人チョットと予想しています。

働く人の不足、高齢者が多く、市場の需要は減ってしまいますね。
新たにどんな倒産が増加するのやら・・・
対策は、10月の私のセミナーで述べないといけないのでしょうね・・・・

(井上和弘)

web拍手 by FC2

道場主 井上和弘の趣味、旅、雑学など、
会社経営からちょっと離れた、日常生活をつづったブログ、
「井上和弘の寄り道スケッチ」もぜひご覧ください!
こちらをクリックしてください。

2014年9月24日 (水)

売りモノ・人材強化セミナーを開催します!

井上和弘のセミナーを、
来月、東京と大阪で開催します。

「儲かる商品づくり」
「稼ぐ組織・人材づくり」
をテーマに、井上式経営の新たな考え方をお伝えします。

ここ1ヶ月の急速な円安をはじめ、
アベノミクスが始まって以来、
短期間で、中小企業を取り巻く経営環境は、
大きく変わってきています。

特に、大きいのが、“ヒト”の問題です。
業績回復を受けて、各社ヒトの採用を拡大しています。
しかし、それができるのは大企業です。
中小企業では、なかなかヒトがやってきません。
本当に困った状況なのです。

こうした環境のもとでは、
「いかにして従業員のやる気を高め、生産性をあげてゆくのか」
これが、いままさに、中小企業の最重要テーマです。

中小企業には、もともと大企業のような、
優秀な人材はやってきません。
しかし、中小企業には中小企業の、組織作りの方法があるのです。

生産性をあげるには、
従業員のやる気をあげるとともに、
IT化、システム化を進める必要があります。

経営環境が劇的に変化しつづけるなかで、
ヒトをどう上手く使い、
強い組織をいかにして作り、
儲かる商品をどうやって生み出すか?

最強の軍団をつくりあげる極意を、
井上和弘が伝授いたします。

今回は、
大阪会場 10月21日(火)
東京会場 10月23日(木)
の開催となります。
(申し込みはこちらから

みなさまのご参加、お待ちしております!

(福岡雄吉郎)

web拍手 by FC2

道場主 井上和弘の趣味、旅、雑学など、
会社経営からちょっと離れた、日常生活をつづったブログ、
「井上和弘の寄り道スケッチ」もぜひご覧ください!
こちらをクリックしてください。

2014年9月22日 (月)

税金官僚に痛めつけられた有名人たち  副島隆彦著 を読んで③

副島氏の著書の中でこう書かれています
Photo_3
そうなんです。
入ってきた金を載せないで抜くのは「隠蔽行為」なのです。
してはならないのです。
出金したから、すべて認められるものでもありません。

元国税庁OB、大村大次郎氏はピンクサロンの費用も落ちる、
と述べていらっしゃいますが、
同業者ならそうでしょうが、私達には大義名分が立ちませんもの。

しかし、大概の出費に関しては、信憑書類、証拠書類(エビデンス)を残し、
そこに目的(同伴者)が書いてあればいいのです。

それがどうもわがまま人物、ボッちゃん人物、
成り上がり人物は「面倒くさい」といって、
きちんとしたエビデンスを取らないから、当局に責められるのです。

ここに登場するFX長者の磯貝清明氏や、
IT企業 与沢 翼氏(秒速で1億円を稼ぐネオヒルズ族)と、
副島氏との対談を読んでいると

国民として、正しく納税しようとする考えが、
そもそも、ない人物ではと疑問に思ってしまいます。

収入がある、金が入金されてくる。
それに対して支出がある。
会社であれば社員の給与、賞与。保険が後で必要になってきます。
個人であっても、事業収入と個人の支出は明確に分けなければならない。

支出 イコール 経費ではない。
経費 イコール 損金でもない
経費となるのか、損金となるかは、明確なルールがあります。
わからなければ顧問税理士に聞けばよく、
エビデンス(証拠書類と説明を書け!)を揃えればいいのです。

そして、1年後には地方税(市、都、府、県)が後から来るのです。
一発芸人達が、売れなくなって、
一年後にくる地方税にびっくりしている様をよく見かけますが、
誰も教えていないのでしょうか?

稼いだ人は、そこそこの税金を納めるべきです
磯貝氏のように国税局のマルサが入ってくるのは、
よほどの悪質性があり、
2年間(730日)ぐらいは、調べに調べ上げているのです。
マルサに入られるような事はしてはいけません!

与沢氏は1400㌔しか走っていないフェラーリ―を持ち、
そばかけ丼を食べにヘリコプターで地方に飛ぶ、
そんな事をして会社を有名にしたり、メデイアに出演をする。

会社を有名にしても会社を潰したら、どうするのでしょうか?

国税庁には広報広聴部というのがあって「広聴」する。
すなわち、テレビや雑誌を職員たちが見て
「こいつを調べるか!」になるのです。

「こいつ」「この会社」どれぐらい申告をしているかは、
彼らの「KSKシステム」のキーを叩けばすぐにわかるはずです。

会社のために有名になったからと言って、
テレビや新聞に出ないでください!
派手な高級車には、乗らないでください!
普段から、そう私は、申し上げているのです。

(井上和弘)

web拍手 by FC2

道場主 井上和弘の趣味、旅、雑学など、
会社経営からちょっと離れた、日常生活をつづったブログ、
「井上和弘の寄り道スケッチ」もぜひご覧ください!
こちらをクリックしてください。

2014年9月19日 (金)

元銀行員の採用にご用心

ある企業で、
管理業務の幹部人材を募集しました。
たくさんの応募者がありました。
なかに、元銀行員の方がおられました。
第一地方銀行です。
高校を卒業して、30年以上、勤務されました。
“管理業務の中で、どの職種を希望されますか?”
と、お聞きしました。
“銀行員としての職歴を活かして、経理業務を希望します。”
との回答です。

下記は、穴埋め問題の一部です。
Bs_mondai_2

この問題が、まったくもって、不正解なのです。
その方は、窓口業務の管理を長年されていました。
窓口の後方に座っておられる方ですね。
その道一筋ですから、テストは心配していました。
で、案の定、書けなかったのです。

でも、本人は、
「自分は銀行員だから、経理に向いている」
と、思っているのです。
採用する側も、
「銀行員なら、経理業務に向いているだろう」
と、思い込んでしまいます。
ここで、採用のミスマッチが起こります。

銀行員だからといって、
みなが経理・財務に精通しているわけではありません。
銀行も組織であり、さまざまな業務があるのです。

それを、本人も、採用側も、その業種だけで、
誤った錯覚に陥ってはいけないのです。
それを防ぐには、
基本的なことの、テストをしてみる、
というのが、一番よくわかります。

その書き方、回答の速さ、などで、
知識としての精通度は、わかるのです。
元銀行員という言葉だけで早とちりすると、
あとで大変な目に、会うのです。

(古山喜章)

web拍手 by FC2

道場主 井上和弘の趣味、旅、雑学など、
会社経営からちょっと離れた、日常生活をつづったブログ、
「井上和弘の寄り道スケッチ」もぜひご覧ください!
こちらをクリックしてください。

日本経営合理化協会のサイトにて、
「決算書の“見える化”術」音声配信を始めました。
図を見ながら音声を聞く、新たな配信形式です。
こちらからどうぞ。

LINEアプリのタイムラインにて、
巷で出会ったスイーツを、3行だけ書いて紹介する、
「スイーツ3行書く命」を配信しています。
ID:icofuruyama
で、LINE内で検索ください。

2014年9月18日 (木)

税金官僚に痛めつけられた有名人たち  副島隆彦著 を読んで②

まず デヴイ夫人と対談が最初です。
対談を読むと確かに彼女はひどい目に合っておられます。
ただ、おや? と思うことがありました

デヴイ夫人
「でも 確定申告なんて素人には書けないですよ。
私は、未だに書けませんから・・全然 見ても判りません」
とおっしゃっています。

・確定申告用紙は素人でも1時間も教えてもらえれば、
家電製品の扱い書より簡単です。
彼女は理解する気がないのでしょうね。
今は ネット申告で簡単な数字を入れるだけで 計算をしてくれますから・・

・テレビタレントとして活躍するなら確定申告は、
理解しないとダメですね
なぜって税金を凄く持って行かれますよ!

・事務的マネージャーは、絶対に必要です。
まして、税理士の選択が間違っています。
本当に力量のある人物選んでおらず、
日々の生活において税務マネジメントがなっていないのでは・・・

・あのデヴイ夫人の言動からも、
自分の言う事をハイと言ってくれる人物を雇うからダメなのです。
「ダメです、それは!  違います。こうしてください!」
と言う人物を雇わないとダメなのです。

税務署にこっぴどくやられた後でも、
彼女は、自邸の豪邸にテレビカメラを入れて
自慢げに話をしているではありませんか・・

豪邸は借家であったとしても、
衣装、宝石、家具などあれはどこから金が入って、
どのように費用にあてられたのでしょうか?
本当に防御をしていらっしゃるのでしょうか??

収入が多いから納税は多額になります。
しかし、日々の家計や収入、支出に対して、
正しいエビデンスが必要なのは納税者の義務でもあります。

(井上和弘)

web拍手 by FC2

道場主 井上和弘の趣味、旅、雑学など、
会社経営からちょっと離れた、日常生活をつづったブログ、
「井上和弘の寄り道スケッチ」もぜひご覧ください!
こちらをクリックしてください。

2014年9月17日 (水)

「資金繰りのキホン」は、ほんとにキホン?

日経新聞を見ていると、
「資金繰りのキホン」というタイトルの本が、
宣伝されていましたので、早速読んでみました。

資金繰りのキホンは、「回収は早く、支払は遅く」です。

本書では、
(回収)
・前受金をもらう
・即日督促する
・支払の遅い得意先には、損害金や値上げを請求する

(支払)
・請求書の支払処理を遅らせる
・支払期日の延期を交渉する
・購入せずにリース契約にする

(現金化)
・いらない在庫や固定資産をオフバランスする

といった、回収や支払に関する知識を、
広く浅く紹介しています。
ちまたで見かける資金繰りの本と比較して、
特に目新しい視点はありませんでした。

ただ一つ、おかしなところがありました。

「信用保証協会の保証を付けた融資を受ける前提で考えてほしい」
「非上場会社の経営者の場合、保証人になることは避けられない」
「社長の資産を遊ばせておくのではなく、
担保として活用することも検討するべき場面がある」
「中小企業は、借入に際して個人保証を避けることはできない」

などなど、担保・保証はあたり前という考え方なのです。

これまでもお話ししてきたとおり、
中小企業でも、担保・保証は外れるようになっています。

税理士や公認会計士が書く資金繰りの本は、
たいていこうした内容になります。

彼らが言う銀行対策というのは、
「いかに有利に借りられるか?」を、
決算書や事業計画づくりを通じて、
支援するというものです。

しかし、究極の銀行対策というのは、
「いかに銀行から借りないようにするか」
を考えることです。

こうした意味で、税理士、公認会計士の言っていることは、
「資金繰りのキホン」ではないのです。

(福岡雄吉郎)

web拍手 by FC2

道場主 井上和弘の趣味、旅、雑学など、
会社経営からちょっと離れた、日常生活をつづったブログ、
「井上和弘の寄り道スケッチ」もぜひご覧ください!
こちらをクリックしてください。

2014年9月16日 (火)

預かったおカネは、わけておく

“手元の現金が増えたと思って使っていたら、
 消費税が5%~8%に上がった分だった!”
という記事を、先般、書きました。

会社が一時的に預かるものの、やがて出てゆく、
という、「預り金」は、いろいろあります。
消費税に、社会保険料、雇用保険、源泉所得税、法人税など。

出てゆくことがわかっているのに、
いざその時になると、“足らない!”となります。
で、短期借入をしてしまいます。
これでは、キャッシュフローはなかなか改善されません。

“足らない!”とならないためには、対策が必要です。
例えば、
口座を分けて管理する、という方法です。
社会保険料の支払用口座、
源泉所得税の支払用口座、
消費税の支払用口座、などなど。
預り金として発生した時点で、わけておくのです。

つまり、
使ってもいいおカネと、
使ってはいけないおカネを、分けるのです。
ふたつがひとつの口座に混在しているから、
使っちゃいけないおカネに、手を付けるのです。

最初から分けておけば、少なくとも、
資金繰りの歯止めになります。
預り金でなくても、
社会保険料や雇用保険料は、企業負担分も必要です。
労働保険は、全額、企業負担で発生します。
固定資産税も、概ねいくら必要か、わかります。
法人税なら、銀行の納税準備預金も活用できます。

考えている以上に、
法定福利費や各種税金、などのキャッシュアウトは、
大きいのです。
しかも、滞納利息はサラ金なみです。
“数日遅れただけで、ン万円の利息を払わされた!”
という経験を持つ経営者も、おられるはずです。

預り金の類に、
何の準備も管理もしないのは、危険なのです。

(古山喜章)

web拍手 by FC2

道場主 井上和弘の趣味、旅、雑学など、
会社経営からちょっと離れた、日常生活をつづったブログ、
「井上和弘の寄り道スケッチ」もぜひご覧ください!
こちらをクリックしてください。

日本経営合理化協会のサイトにて、
「決算書の“見える化”術」音声配信を始めました。
図を見ながら音声を聞く、新たな配信形式です。
こちらからどうぞ。

LINEアプリのタイムラインにて、
巷で出会ったスイーツを、3行だけ書いて紹介する、
「スイーツ3行書く命」を配信しています。
ID:icofuruyama
で、LINE内で検索ください。

2014年9月12日 (金)

リスクにとらわれ過ぎると、本質を見失う②

さまざまな改善を進めてゆくなか、
リスクにとらわれ過ぎて、前に進まない、
ということがあります。
本質を見失ってしまうのです。

② 償還期がきたら、自己資本比率が下がりますね

ある会社で、少人数私募債を進めようとしていました。
経営者は、メリットや手順など、理解を深めました。
それでも、私募債の発行を悩んでいました。
“何を不安に感じているのですか?”と、お聞きしました。
“銀行から自己資本と見なしてもらえるのはありがたいのですが…。
 償還期が来たら、自己資本比率はまた、下がりますよね…。”
とのことでした。

銀行は、少人数私募債を自己資本と評価します。
なので、発行している間は自己資本比率が高まります。
そのメリットはあるものの、償還を終えると、
“また下がるじゃないですか?”というわけです。

いやまあ、それはそうなのですが・・・。
気になるなら、
継続して私募債を発行するもよし、
最初の償還期間を、うんと長くするのもよし、
償還までに業績を回復させ、剰余金を増やすのもよし、
なのです。

少人数私募債は、
5年、7年の償還期間で発行することが、多いです。
その期間を通じて、対策を打ってゆけばよいのです。

5年後、7年後に自己資本比率がまた下がるから、
少人数私募債の発行はやめておこう、
というものではないのです。
その企業での、
少人数私募債を発行する目的は、
自己資金を調達して、借入金を減らすことであり、
当面の銀行交渉の条件を改善してゆくことです。

リスクにとらわれ過ぎて、本質や目的を、
見失わないでほしいのです。

(古山喜章)


web拍手 by FC2

道場主 井上和弘の趣味、旅、雑学など、
会社経営からちょっと離れた、日常生活をつづったブログ、
「井上和弘の寄り道スケッチ」もぜひご覧ください!
こちらをクリックしてください。

日本経営合理化協会のサイトにて、
「決算書の“見える化”術」音声配信を始めました。
図を見ながら音声を聞く、新たな配信形式です。
こちらからどうぞ。

LINEアプリのタイムラインにて、
巷で出会ったスイーツを、3行だけ書いて紹介する、
「スイーツ3行書く命」を配信しています。
ID:icofuruyama
で、LINE内で検索ください。

2014年9月11日 (木)

税金官僚に痛めつけられた有名人たち  副島隆彦著 を読んで①

経済評論家なる人々が著書を表されていますが、
副島隆彦氏はちょっと注目する人物であります。

浜 矩子女史と同じく副島氏は円高を叫び、
評論家 藤巻健史は円安派です。

投資家は、金、米ドル、米債券、やれ銅など、
色々な事をおっしゃっていましたが、あたりませんでした。
副島氏も当たりませんが、副島氏のみは、勇気がある人物と常々感じています。
常に「日本の法人税 所得税」問題を取り上げておっしゃる
勇気ある金融・経済評論家は彼一人ではないでしょうか?
140911
と申され、実に腹に思っていても発言できない事をおっしゃっておられます。
私も80%は、同意見なのです。

(井上和弘)


web拍手 by FC2

道場主 井上和弘の趣味、旅、雑学など、
会社経営からちょっと離れた、日常生活をつづったブログ、
「井上和弘の寄り道スケッチ」もぜひご覧ください!
こちらをクリックしてください。

2014年9月10日 (水)

在庫を直接みる

「棚卸は、年に1回で十分です。」
「棚卸は、外注業者に任せっぱなしです。」
在庫を見ることに、
あまり力を置いていない会社があります。

「在庫管理のデータは正確だから、
わざわざ現場に見に行く必要はない。
棚卸の誤差もシッカリ把握しています。」

しかし、現場に行くと何かしら見つかります。

小売業の店舗を見にゆきました。

予め半年間仕入、販売がないアイテムの
リストを持って行きます。
で、店長にそのリストを眺めてもらいます。

「現場からみて、“これは売れない“
というアイテムはありますか?」
そのアイテムにチェックを入れてもらいます。

「じゃあ、そのアイテムを実際に見せてください」
とお願いします。

「ここに置いています。」と通されたのは、
店頭ではなく、裏の倉庫(バックヤード)でした。
バックヤードの隅の、
ほこりをかぶった箱の中に眠っていました。
なるほど、半年間動きがないのも当然です。

レジの背後に商品が置いてあり、
お客様の死角になっているアイテムもありました。

また、返品用の箱も見せてもらいます。
すると、返品処理期限が間近のアイテムが見つかりました。
「1ヶ月前に、店長になったばかりで、
引継ぎが十分に出来ていませんでした。
すぐ対応します。」

データを見れば、
「このアイテムに動きがない」ことは分かります。

「なぜ、動きがないか?」
本部の人間に聞くと、
いかにも「なるほど」という答えが返ってきます。

しかし、実際に在庫にあたらないと、
ホントのところは分からないのです。

(福岡雄吉郎)


web拍手 by FC2

道場主 井上和弘の趣味、旅、雑学など、
会社経営からちょっと離れた、日常生活をつづったブログ、
「井上和弘の寄り道スケッチ」もぜひご覧ください!
こちらをクリックしてください。

2014年9月 9日 (火)

リスクにとらわれ過ぎると、本質を見失う

さまざまな改善を進めてゆくなか、
担当者がリスクにとらわれ過ぎて、前に進まない、
ということがあります。
本質を見失ってしまうのです。

① 電話代を滞納したら、購入者に請求がいきますよ!

ある会社で、経営者が電話加入権の売却を進めようとしました。
で、その意図と手順を、財務担当者に伝えました。
すると、その担当者はこう言ったのです。
“電話加入権を売却して、もし電話代を滞納したら、
 購入者に請求が行きますよ!”

いやまあ、それはそうなのですが・・・。
そもそも、電話代を滞納するようなことは、そうそうありません。
もしあったとしたら、その時点で、
もっと他のことで、滞納が発生しています。
多くの方々にご迷惑をかける状況に陥っているのです。
電話代どころの騒ぎでは、ないはずです。
電話がパンクするような状態なのです。

電話代を滞納したら、加入権購入者に請求は行きます。
しかしそんなことは、
電話加入権売却をやめる理由に、ならないのです。
担当者から出た言葉はつまり、
「やめておいたほうがいいんじゃないですか?」
「そんなこと、本当にやるんですか?」
「私は止めましたよ」
という気持ちの表れです。
要は、やりたくないのです。
やるのがコワイのです。
なぜなら、やったことがないからです。

やったことがないことをするとき、
誰しもリスクに敏感になります。
トライすることを躊躇します。

電話加入権といえども、譲渡すれば売却損を出せます。
で、法人税のキャッシュアウトを減らせます。
わずかとはいえ、総資産が縮みます。
儲けの役にたたない資産が、ひとつ減ります。
それが、電話加入権除却の本質、目的です。

リスクにとらわれ過ぎて、本質や目的を、
見失わないでほしいのです。

(古山喜章)

web拍手 by FC2

道場主 井上和弘の趣味、旅、雑学など、
会社経営からちょっと離れた、日常生活をつづったブログ、
「井上和弘の寄り道スケッチ」もぜひご覧ください!
こちらをクリックしてください。

日本経営合理化協会のサイトにて、
「決算書の“見える化”術」音声配信を始めました。
図を見ながら音声を聞く、新たな配信形式です。
こちらからどうぞ。

LINEアプリのタイムラインにて、
巷で出会ったスイーツを、3行だけ書いて紹介する、
「スイーツ3行書く命」を配信しています。
ID:icofuruyama
で、LINE内で検索ください。

2014年9月 8日 (月)

マズローの五段階説 その5

井上式解釈 

滅私奉公 使命感 精神的労働観

滅私奉公などという文句しか頭に浮かばないので、
もっと今様に表現したいと思いますが・・・

滅私――  マズロー先生は、あくまで働く者、一個の人間としての基本を
自分においておられるので、五段階になるのでしょうが・・・

奉公―― 公に奉公する
公は国であったり、神仏であったり、国体、会社であったりです

しかし、今日まで生きてきて、『私』が無い 自分中心に考えない 『私』
全くと言っていいほど、自分の為に働いていない方がいらっしゃいます。
年中、休みなく、睡眠時間も削って、報酬も高くを求めず・・・
あなたの回りにそんな方はいらっしゃいませんか?

労使という言葉、私は好みません。
労働側と使用人側という対立軸に話を展開するのが嫌なのです。
労働しているとか、誰かに使われているとか、
これらの潜在的な意識が消滅した関係にはならないものでしょうか。

人間だれしも、自分という個はやがて死を迎え、肉体は朽ちてしまいます。
肉体は朽ち果てても、他人様、同僚、部下、組織、国家は残り、存続していきます。
その組織体が健全であるために、
今、自分は存在しているのだと思う使命感はないのでしょうか?

政治家、官僚、国防、安全、宗教家、教師がそうであるように、
経済人、経営者は、本来は、『私』が無いはずです。
この会社の為に、この社長の為なら、この商品の為に・・

真の恋愛と同じです。
惚れに惚れたら 『愛』 以外にないのです。
会社を愛せ! などと命令したってダメです。
社員が勝手に、愛してくれればいいのです。

何も どこぞの宗教をもってくる必要などありません
自社の教義(経営理念、使命感)を確立すればいいのです。
その経営理念、使命感を本当に毎日、
その実現の為に全幹部が努力している姿が見えるかです。
唱える、ただの文章ではダメです。

経済的報酬を求めるために働くのではないのです。
会社経営から申せば、
お客も仕入れ関係先も社員からも「ありがたい」「ありがとう」「感謝します」
お客様のアプローズ(喝采)がエクスタシーになり、喜びに変わるのです。
全ての苦労もつらさも愚痴も飛んでしまいます

(井上和弘)

web拍手 by FC2

道場主 井上和弘の趣味、旅、雑学など、
会社経営からちょっと離れた、日常生活をつづったブログ、
「井上和弘の寄り道スケッチ」もぜひご覧ください!
こちらをクリックしてください。

2014年9月 5日 (金)

預り金を使うから、資金繰りが厳しくなる

ある税理士先生からお聞きしました。
“例年よりも、手持ちの現預金が多い、
 と思って経費を使っていたら、増税分のおカネだった!”
と、嘆く経営者がポツポツいます!とのことです。

4月以降、5%の消費税が8%になっています。
お客様から預かる消費税の金額が、3%増えたわけです。
確かに、去年と比べて、売上高がイコールなら、
手元の現預金が増えた、ということには違いはないです。

しかしそれは、預かり消費税というだけです。
預かっているのです。
同じ現預金でも、使える現預金ではなく、
いつかは精算して出てゆく現預金なのです。
いつもより現預金が多い!と勘違いして使っていると、
後になって、資金繰りで苦しむことになるのです。

同じようなことは、他にもあります。
“社会保険の支払いがキツイ!”
“源泉所得税の支払いが大きすぎる!”
など、いわゆる、従業員の給与から、控除しているものです。
それらはみな、会計上「預り金」として、処理しています。
で、毎月の支払日に、納めるわけです。
支払いを終えると、その「預り金」はなくなります。
毎月、この繰り返しです。

本来なら、給与として全額本人に払い、本人が払うものを、
会社が支払いを代行するので、預かっているわけです。
それが、給与から控除している、社会保険や所得税などです。

なのに、
手元の現預金は、全部自分のもの、使えるもの、
と、勘違いしてしまうわけです。
預り金だとわかっていても、
自分のものをむしりとられているような錯覚に、陥るのです。

出てゆくことがわかっている「預り金」は、
いつ、どれくらいの金額が出てゆくのか、
おさえて残しておかなければいけません。
それが、資金繰りです。

“預金口座にあるから、つい使ってしまいました!”
では、単なるどんぶり勘定なのです。

(古山喜章)

web拍手 by FC2

道場主 井上和弘の趣味、旅、雑学など、
会社経営からちょっと離れた、日常生活をつづったブログ、
「井上和弘の寄り道スケッチ」もぜひご覧ください!
こちらをクリックしてください。

日本経営合理化協会のサイトにて、
「決算書の“見える化”術」音声配信を始めました。
図を見ながら音声を聞く、新たな配信形式です。
こちらからどうぞ。

LINEアプリのタイムラインにて、
巷で出会ったスイーツを、3行だけ書いて紹介する、
「スイーツ3行書く命」を配信しています。
ID:icofuruyama
で、LINE内で検索ください。

2014年9月 4日 (木)

マズローの五段階説 その 4

井上式解釈  尊厳欲求

人間どんな人も、皆 プライドをもって生きています。
これがなくなれば、うつ病となり、心の病の病として、
最後には自ら死を選んだりします。

会社に勤める人が、人間のプライドを会社のプライドに重ね合わせるのかと問えば 
私は、「当たり前! その通り! イエスと答えます」

中小企業に職を求めてきた人は、
小学校、中学校、高等学校時代、成績がトップクラスの頭の良い子であったでしょうか?
両親や家柄や名門であったでしょうか?
学歴、門閥、家柄、頼れるものは何もない家の子であったのではないでしょうか?

学歴も学力もある人は、役所、銀行、新聞社、公社、一流上場会社に就職していったのです。
それらの学歴があり一流会社勤務者は、
胸を張り、中小零細企業を下に見て生活しているのです。

今日まで社会人として50年、半世紀、会社の上層部に属してきました。
世の中は、中小企業で産業は成り立ち、底辺にいる一般人で会社は持っています。

勤続表彰をされていると思いますが、
パートタイマー勤務表彰、3年、5年、7年、10年、15年・・・と
私は、壇上の来賓席で手を叩く役として、
覚悟をして座り、大きな拍手をしています。

ある時、銀行の支店長が
「我が行では 3年や5年10年での表彰などはありません!!」
と私にささやかれました。

その時、3年表彰だけでも40人はいらっしゃいました。
皆さん、表意状と副賞の百貨店の包装紙に包まれた商品をお持ちでした。
今までの人生で、800人の従業員の拍手を
大会場の舞台で受けたことのない方ばかりです。

表彰される、名を呼ばれる、壇上に上がる、
普段、雲上人の社長から握手される
「ありがとう」という言葉を受ける、大きな誇りを感じるのです。
それだけでも人は、自分の尊厳を感じるものなのです。

マンネリな社内行事にしてはなりません。
年々,歳々同じ。しかし、年々歳々 受ける人は違うのです。

労働集約的産業は、人を集め、定着させる。
会社を、仕事を、1から愛してくれないとお客様は、
会社の品質がいいとは言ってくれないのです。

(井上和弘)

web拍手 by FC2

道場主 井上和弘の趣味、旅、雑学など、
会社経営からちょっと離れた、日常生活をつづったブログ、
「井上和弘の寄り道スケッチ」もぜひご覧ください!
こちらをクリックしてください。

2014年9月 3日 (水)

M&Aの話がきた!

以前書いた記事で、中小企業の事業承継の一つとして、
M&Aがあると、お話しました。
(以前の記事はこちら

『M&Aの仲介会社から、
買いませんか?(あるいは売りませんか?)と提案が来ました。
で、提案書を見てほしい。』
と言われることが、ときどきあります。

提案書の内容、というよりは、
「売買価格が妥当か?」を見てくれ、ということです。

で、妥当かどうか、といえば、不当です。
たいてい、当社に不利な価格が提案されています。

もし、「買いませんか?」の提案なら高く、
もし、「売りませんか?」の提案なら安く、
提案されています。

企業価値(売買価格)の計算は、
「①純資産(B/S)」+「②当期純利益×3~5年分」
と書きました。

そもそも、なぜ企業価値を、こう計算するのでしょう?

①純資産 = 資産 - 負債 です。

資産は、現預金、売掛金、在庫、建物、土地など、
おカネそのものだったり、おカネに変えられるもの、つまり、
これから入ってくるおカネです。

負債は、借入金、買掛金、退職金など、
これからでてゆくおカネです。

入ってくるおカネから、出てゆくおカネを引けば、
『いま、会社には正味でどれだけのおカネがあるのか?』
わかります。

純資産を考えるのは、この発想から来ています。

②これは、「のれん代」とか、「営業権」といいます。
ブランド力、技術・ノウハウ、優秀な人材など、
数字で見えない部分を評価するのです。

見えない部分を評価するは、とても難しいです。
なので、ここは、必ず「当期純利益」を持ってくるわけではありません。
経常利益、営業利益を持ってくる場合もあります。

①の純資産は、人によってぶれることはありません。
反対に、この②の評価は、人によって答が違ってきます。

どの指標をつかうか?は交渉人次第です。
理論武装をして、いかに有利な価格でまとめるか?
これが、腕のみせどころです。

具体的な内容については、次回に続きます。

(福岡雄吉郎)

web拍手 by FC2

道場主 井上和弘の趣味、旅、雑学など、
会社経営からちょっと離れた、日常生活をつづったブログ、
「井上和弘の寄り道スケッチ」もぜひご覧ください!
こちらをクリックしてください。

2014年9月 2日 (火)

I.T. から A.I. の時代へ

“アナログからデジタルへ!”
“I.T.を使いこなしなさい!”
といい始めて、20年弱が経過しました。
「I.T.」(Information Techonology=情報技術)という言葉に、
もはや新しさは感じません。
そう考えていると、にわかに、
「A.I.」(Artificial Intelligennce=人工知能)という言葉が、
目立ち始めました。

これからの10年、20年、
技術の主体は「A.I.」(人工知能)の時代になりそうです。

自動車での、乗用車の自動運転技術や、物流の自動輸送技術
飲食店や食品工場での、調理ロボット技術
医療・介護でのロボット技術
データ解析による、最適策や適性の抽出技術
などなど、考えてみれば、
すでに、あちらこちらで進化がどんどん進んでいます。

かつて、「A.I.」(人工知能)といえば、
SF映画や漫画の中の世界でした。
鉄腕アトムのような、人型アンドロイドが、その象徴でした。
しかし実際には、さまざまな形での、
「A.I.」(人工知能)技術が実現してきています。

その源は、IT技術で集積されてきた膨大なデータベースです。
そのデータをもとに、
あらゆる局面での判断を瞬時に行う、
人間でしかできないと思われていた微調整を行う、
ということが、可能になってきたのです。

環境変化が激しく、それでいて人手不足、人材不足の時代、
「A.I.」(人工知能)が活躍する場は、ますます増えています。
“中小企業ではまだまだ無縁です”
“ウチは、ITさえ十分でないです”
などとは言っておられない時代が、
見えてきているのです。

(古山喜章)

web拍手 by FC2

道場主 井上和弘の趣味、旅、雑学など、
会社経営からちょっと離れた、日常生活をつづったブログ、
「井上和弘の寄り道スケッチ」もぜひご覧ください!
こちらをクリックしてください。

日本経営合理化協会のサイトにて、
「決算書の“見える化”術」音声配信を始めました。
図を見ながら音声を聞く、新たな配信形式です。
こちらからどうぞ。

LINEアプリのタイムラインにて、
巷で出会ったスイーツを、3行だけ書いて紹介する、
「スイーツ3行書く命」を配信しています。
ID:icofuruyama
で、LINE内で検索ください。

2014年9月 1日 (月)

マズローの五段階説 その 3

井上式解釈  社会的欲求

人間ってのは 集団で行動をするとき、人間関係のむずかしさで、
そのチーム、会社から逃げだしたくなる時があります。
自由に行動をしたいという人間本能の欲求があるからでしょう。

一番自由な事は、一人になり、一人で生活する方法でしょう。
仙人みたいに山で、孤島で生活する事であろう・・・
そのような願望を持ってみても、所詮、
そのような生活が出来ないと我々はわかっているのです。

孤独を望んでも、人恋しく、群れては人々と一緒に泣き、笑いしたくなるのです。
仲間外れになりたくないのです。
私の経営の師匠でもありました 大田 琴彦先生は
「人は 会社を裏切っても、仲間を裏切らない!」とよく言っていました。

昔、私の友人で、兄貴分の友人の言う事を何でも聞く人物に
「なんであの人の言う事だけは「はい、はい」と言って何でも聞くのですか?」  
不思議に思い 尋ねました。

「あの人にコーヒー豆の焙煎度の良し悪しと、
布ドリップで美味しいコーヒーの立て方を教えてもらったから・・・」
そんな理由でついていった人が居ました。

会社内だけでなく、5時から以降でも社会人、日本人は群れては遊ぶのです。
類は類を呼び、真面目人間はまじめ人間を選び、不良は不良で群れています。
会社への忠誠心を叫び起こすよりも、「ツギャザー」
 皆と一緒に1つの目標、チーム目標を明確にして、
チームの連帯を喚起して、
そして、それらの人間の集合体が会社になれば良いのではないでしょうか・・・

経営理念、会社使命感、社会への貢献、
顧客志向など会社には色々と明文化されたものがあると思います。

ただ、単に起きて、会社に出て、時間が経過して、日当を稼いで、
我がねぐらに帰る だけの人間の集団に自社をしておいてよいのでしょうか?

敬愛する先輩、仕事を助け合う同僚、したってくれる部下、
おもしろい仲間、技量すぐれたエキスパート、
会社内は魅力あふれた人たちがいます。

社長に会いたくて出勤するのではない。
良き仲間、自分のことを思ってくれる従業員に会いたくて
出勤してくる会社も、また、いいじゃありませんか?

朝礼、終礼、小集団活動、プロジェクトチーム、フォーマルグループ、又,
魚釣り、映画、旅行、スポーツ等の趣味の会の如くインフォーマルなグル―プ

結婚した、子供が生まれた、入院した、死んだと言って
真っ先に駆け付ける上司、幹部

誕生日祝いをトップ陣から必ず手渡す会社

途中入社の社員歓迎食事会を3か月に1度 
トップが開催して出かけていく会社

社内報は、幹部が偉そうに説教を垂れる場ではなく、
社員が主人公で、紙面づくりをする会社

敬老の日には、有名神社のお札を取り寄せ、
社長が挨拶文を,その60歳以上の両親に届ける会社

正社員、パート等関係なく従業は「皆 仲間だ!」と叫ぶ会社

社員の定着の為のテクニックとしてやるのか、
心からの連帯感、仲間づくりを熱心にするトップがいるから定着がいいのか?
いかにして、コミュニケ‐ションの表ルート、裏ルートを駆使するかです。

(井上和弘)

web拍手 by FC2

道場主 井上和弘の趣味、旅、雑学など、
会社経営からちょっと離れた、日常生活をつづったブログ、
「井上和弘の寄り道スケッチ」もぜひご覧ください!
こちらをクリックしてください。

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

おすすめブログ

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック