サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 古山喜章の最新刊
    「社長の決算書の見方・読み方・磨き方」(著:古山喜章、発行:日本経営合理化協会)税込み15,660円 銀行対策、税務対策など、会計事務所任せではできない決算対策の実務を網羅した一冊!決算対策の新・バイブルです!

好評発売中!

  • 井上和弘の最新刊
    「承継と相続 おカネの実務」(著:井上和弘、発行:日本経営合理化協会) 税込14,580円。 著者の長年にわたる指導体験をもとに、オーナー社長の承継と相続対策の実務を惜しみなく著した、他の誰にも書けない、渾身の一冊です。

古山喜章 出版記念セミナーのお知らせ

井上和弘次回セミナーのお知らせ!

  • 井上和弘次回セミナー日程のお知らせ
    平成30年6月5日(火)東京・27日(水)大阪にて、「高収益を稼ぎ出す、社員・組織の作り直し方」をテーマに開催します。 主催:日本経営合理化協会 詳細は改めてお知らせします。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 預かったおカネは、わけておく | トップページ | 税金官僚に痛めつけられた有名人たち  副島隆彦著 を読んで② »

2014年9月17日 (水)

「資金繰りのキホン」は、ほんとにキホン?

日経新聞を見ていると、
「資金繰りのキホン」というタイトルの本が、
宣伝されていましたので、早速読んでみました。

資金繰りのキホンは、「回収は早く、支払は遅く」です。

本書では、
(回収)
・前受金をもらう
・即日督促する
・支払の遅い得意先には、損害金や値上げを請求する

(支払)
・請求書の支払処理を遅らせる
・支払期日の延期を交渉する
・購入せずにリース契約にする

(現金化)
・いらない在庫や固定資産をオフバランスする

といった、回収や支払に関する知識を、
広く浅く紹介しています。
ちまたで見かける資金繰りの本と比較して、
特に目新しい視点はありませんでした。

ただ一つ、おかしなところがありました。

「信用保証協会の保証を付けた融資を受ける前提で考えてほしい」
「非上場会社の経営者の場合、保証人になることは避けられない」
「社長の資産を遊ばせておくのではなく、
担保として活用することも検討するべき場面がある」
「中小企業は、借入に際して個人保証を避けることはできない」

などなど、担保・保証はあたり前という考え方なのです。

これまでもお話ししてきたとおり、
中小企業でも、担保・保証は外れるようになっています。

税理士や公認会計士が書く資金繰りの本は、
たいていこうした内容になります。

彼らが言う銀行対策というのは、
「いかに有利に借りられるか?」を、
決算書や事業計画づくりを通じて、
支援するというものです。

しかし、究極の銀行対策というのは、
「いかに銀行から借りないようにするか」
を考えることです。

こうした意味で、税理士、公認会計士の言っていることは、
「資金繰りのキホン」ではないのです。

(福岡雄吉郎)

web拍手 by FC2

道場主 井上和弘の趣味、旅、雑学など、
会社経営からちょっと離れた、日常生活をつづったブログ、
「井上和弘の寄り道スケッチ」もぜひご覧ください!
こちらをクリックしてください。

« 預かったおカネは、わけておく | トップページ | 税金官僚に痛めつけられた有名人たち  副島隆彦著 を読んで② »

財務・会計・キャッシュフロー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1165409/57385705

この記事へのトラックバック一覧です: 「資金繰りのキホン」は、ほんとにキホン?:

« 預かったおカネは、わけておく | トップページ | 税金官僚に痛めつけられた有名人たち  副島隆彦著 を読んで② »

おすすめブログ

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック