サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 福岡雄吉郎の最新刊
    好評発売中! 「社長の賢い節税」(著:福岡雄吉郎、発行:日本経営合理化教会) 社長が賢い節税をせずして、会社にも、社長にも、お金を十分に残すことはできません。数々の現場での、あっと驚く事例をもとに、お金を残すための具体策を、余すところなく披露します。

福岡雄吉郎 出版記念セミナーのお知らせ!

  • 福岡雄吉一郎 出版記念セミナーのお知らせ
    「社長の賢い節税」出版を記念とした、税務対策セミナーです。 5月25日(大阪)、28日(東京)にて開催します。 ゲスト講師も登壇予定です。 詳細は追って連絡いたします。 主催:日本経営合理化協会

相続対策セミナーのお知らせ

  • 相続対策セミナーのお知らせ
    2021年度の日程が決定しました。6月8日(火)東京・オンライン、6月22日(火)大阪。 主催:日本経営合理化協会 詳細は追ってご連絡いたします。

古山喜章CD お金が残る決算書「100の打ち手」発売!

  • お金が残る決算書「100の打ち手」発売!
    1話5分完結で全100話収録! 会社を強くする決算書にするための具体策を、節税対策、銀行対策、危機対応、業種別対策など、7つの側面から、実例を交えて語ります。 移動時・在宅時などのすきま時間に、ぜひご活用ください。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 地方都市の896自治体は 「消滅可能性都市」なのです。 | トップページ | 有給休暇を考える  その1 »

2014年10月17日 (金)

採用氷河期に挑む ⑦

いわゆる就職氷河期の時代、
定着のためのコストは、削減傾向にありました。
つまりは、買い手市場だったからです。
しかし、状況は一変しました。
売り手市場、というより、人がいないのです。
確保できないのです。
ならば、現存従業員の定着策を打ち、
離職防止をしなければならないのです。
不良従業員は、去ってもらって構いません。
しかし、そうでない従業員を、安易に離職させると、
次の人材確保と、戦力化コストは、膨大なのです。

⑦定着のためのコストを惜しまない
 その1「給与以外の支出補てん」

ある多店舗展開業の経営者に、聞いた話しです。
“ウチは店長の定着率がいいですよ。”
と、おっしゃるのです。
“給与はこの業界では、まあ相場並みの水準です。
が、それ以外で補てんしている部分があるんですよ。”
“それは何ですか?”
“例えば、
賃貸マンションにすませて、社宅扱いで会社が賃料を負担しています。
車も社有車扱いにしています。
スーツも、一年に一着、支給しています。”
なるほど、これは簡単に退職しないわけです。
生活に必須な支出を、補てんしてあげるわけです。
通常なら、税金など控除された後の手取りの給与から、
それらの支出を個人でします。
その必須な支出部分の一部を、会社が負担するわけです。
店長にとっては、大きなメリットです。

給与が上がれば、会社の法定福利費も上がります。
法定福利費が上がっても、従業員は喜びません。
それに、給与を増やせば、従業員も、
所得税や住民税が増えるだけです。
嬉しいような、嬉しくないような、心情なのです。

ライバル社と比較して、給与で差をつける、
という方法も有効でしょう。
が、もっと実感しやすい形で、ライバル社より差をつけたほうが、
より効果的な定着コストとなるのです。
特に、その店長の奥さん方は、
そのありがたさを実感しやすいでそうです。
だから、
“簡単に退職しないほうがいいんじゃない。
 お父さん、この会社で頑張りなさいよ。”
と、奥さんをも味方につけることができるのです。

地方の多店舗展開企業で、
店長人材の補てんをするのは、今や至難の業です。
給与以外の支出補てんで定着を図る、
という方法は、思いのほか、有効なのです。

(古山喜章)

web拍手 by FC2

道場主 井上和弘の趣味、旅、雑学など、
会社経営からちょっと離れた、日常生活をつづったブログ、
「井上和弘の寄り道スケッチ」もぜひご覧ください!
こちらをクリックしてください。

日本経営合理化協会のサイトにて、
「決算書の“見える化”術」音声配信を始めました。
図を見ながら音声を聞く、新たな配信形式です。
こちらからどうぞ。

LINEアプリのタイムラインにて、
巷で出会ったスイーツを、3行だけ書いて紹介する、
「スイーツ3行書く命」を配信しています。
ID:icofuruyama
で、LINE内で検索ください。

« 地方都市の896自治体は 「消滅可能性都市」なのです。 | トップページ | 有給休暇を考える  その1 »

人事・労務」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 採用氷河期に挑む ⑦:

« 地方都市の896自治体は 「消滅可能性都市」なのです。 | トップページ | 有給休暇を考える  その1 »

おすすめブログ

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック