サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 福岡雄吉郎の最新刊
    好評発売中! 「社長の賢い節税」(著:福岡雄吉郎、発行:日本経営合理化教会) 社長が賢い節税をせずして、会社にも、社長にも、お金を十分に残すことはできません。数々の現場での、あっと驚く事例をもとに、お金を残すための具体策を、余すところなく披露します。

福岡雄吉郎 出版記念セミナーのお知らせ!

  • 福岡雄吉一郎 出版記念セミナーのお知らせ
    「社長の賢い節税」出版を記念とした、税務対策セミナーです。 5月25日(大阪)、28日(東京)にて開催します。 ゲスト講師も登壇予定です。 詳細は追って連絡いたします。 主催:日本経営合理化協会

相続対策セミナーのお知らせ

  • 相続対策セミナーのお知らせ
    2021年度の日程が決定しました。6月8日(火)東京・オンライン、6月22日(火)大阪。 主催:日本経営合理化協会 詳細は追ってご連絡いたします。

古山喜章CD お金が残る決算書「100の打ち手」発売!

  • お金が残る決算書「100の打ち手」発売!
    1話5分完結で全100話収録! 会社を強くする決算書にするための具体策を、節税対策、銀行対策、危機対応、業種別対策など、7つの側面から、実例を交えて語ります。 移動時・在宅時などのすきま時間に、ぜひご活用ください。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月28日 (金)

採用氷河期に挑む ⑬

⑬納得のゆく処遇になっているか
 その3「等級優先型?職位優先型?」

中小企業では、給与処遇額を、
等級にわけて格付けし決定している、
という制度を運用していることが多いです。
いわゆる、職能資格制度です。
等級を決め、その等級における号数を定め、
給与金額を決めてゆく、という仕組みです。
で、3等級は係長、4等級は課長、という具合に、
役職に連動させてゆきます。

この制度の特徴は、
3等級の人材から係長を決めてゆく、
という、等級優先型である、ということです。
有能な人材が豊富であれば、成立する制度です。
しかし、中小企業では、そうもいきません。
“彼は3等級だけど、彼に課長をやってもらうしかないな・・・。”
というようなことが、結構起こります。
ならば、4等級に一気に上げてしまえばいいのです。
それをせず、制度のルールを言い訳に、
低い等級のまま、上位等級の職位に着任させたりするのです。
このスケベごころがいけないのです。

当の本人は、最初は喜びます。
しかし、時間の経過とともに、モチベーションが下がります。
仕事の幅や責任は広がり、やることは増えます。
なのに、処遇は低い等級のままなので、疑問を感るのです。
人事担当者に尋ねたところ、
“まだ4等級の要件を満たしていないから仕方がない”
などといわれると、ますますモチベーションはダウンします。
で、“辞めます”となるのです。

最近は、パナソニックなど大企業も、
職位等級制度に切り替えてきました。
つまり、等級優先型から、職位優先型への転換です。
世界標準では、それが当たり前だからです。
等級優先型は、日本だけの、ガラパゴス給与制度、なのです。

日本の中小企業も、外国人の雇用を増やさなければ、
人手が足りない、という時代が近づいています。
今の人材のモチベーションを上げるため、
そして、
少子高齢時代を乗り切るためにも、
給与は職位優先型であってほしいのです。

(古山喜章)

web拍手 by FC2

道場主 井上和弘の趣味、旅、雑学など、
会社経営からちょっと離れた、日常生活をつづったブログ、
「井上和弘の寄り道スケッチ」もぜひご覧ください!
こちらをクリックしてください。

日本経営合理化協会のサイトにて、
「決算書の“見える化”術」音声配信を始めました。
図を見ながら音声を聞く、新たな配信形式です。
こちらからどうぞ。

LINEアプリのタイムラインにて、
巷で出会ったスイーツを、3行だけ書いて紹介する、
「スイーツ3行書く命」を配信しています。
ID:icofuruyama
で、LINE内で検索ください。

2014年11月27日 (木)

名経営者は 自社の立つ位置を知っている

Photo
アベノミクスの影響は、なかなか中小企業には 及んでいない。
消費税の影響が、小売り、外食、これに位置する卸業、
メーカーも売り上げ不振が春以降、続いています。

過去20年、30年と主力商品の業界が 
そこそこ市場性を持っていましたが、急に影ってきた業界もあります。

自社の属する業界・位置するポジションによっては、
企業の浮沈にかかる問題です。
これからの需要性(成長性)、わが社の占拠性(シェアー)は どうか・・・
不動のものか、変化があるのか、明確にしたいものだ。

①高収益高シェアー ―― 成長率の高い市場でシェアが高い、ダントツの地位、高収益、安定型

②高収益で低成長  ―― 成長率は低いがシェアが高い 
安定的利益は確保できるがこれ以上増収は望めない

③低収益高成長   ―― 高成長率のため新規参入が多く、
シェアが低いため競争激しく利益が取れない

④低収益低成長  ―― 市場は大きくならずシェアも低く全く儲からない
このポジションに入っているのであれば撤収であろう・

これからの日本の高齢化人口減少を考えると、
大きな市場、大型商品は期待できない。

だとすれば小さな市場、小型商品となり、
過去の成功企業、大会社には手におえない分野となります。
それらの細分化市場、小型商品を狙えば、
中小企業とて、強みを生かせる市場開拓のチャンスがあるのではないでしょうか。

我が社の立つ位置をしっかりと掴み、シェアを取るか、
新商品をぶち込む新分野に参入してゆくのか?  戦略を決めることです。
「名将は 味方の強みと敵の欠陥を知る」と言われていて
「愚将は 味方の欠点と敵の長所に怯える」となる。

市場、環境はまた、大きく変わる変換期を迎えているのです。
自社の立つ位置から新たな戦略を考えてみたいものです。

(井上和弘)

web拍手 by FC2

井上教経営経典の専用額を販売しております!
(消費税、送料込みで20,000円です。)
ご興味ある方は、お気軽にお問い合わせください。
メールにてお問い合わせの方は、こちらをクリックしてください。

道場主 井上和弘の趣味、旅、雑学など、
会社経営からちょっと離れた、日常生活をつづったブログ、
「井上和弘の寄り道スケッチ」もぜひご覧ください!
こちらをクリックしてください。

2014年11月26日 (水)

美術品は、減価償却できます

B/S(貸借対照表)の左下に、
「絵画」とか、「美術品」なるものは、
のっていないでしょうか?

もしのっていれば、5年前のB/Sも見てください。
きっと、同じ金額が載っているはずです。
これらは、減価償却ができない資産です。

ただし、減価償却できないのは、
例えば、美術年鑑などに登録されている方の作品で、
時間がたっても、価値が減少しないもの」だけです。

絵画や美術品は、いったん、購入すると、
それを売却したり、除却したりするまでは、
B/Sにのりつづけることになっていました。

ところが、この取扱いが見直され、
来年からは、取得価額が100万円未満のものは、
減価償却ができるようになります。

絵画については、
これまで号あたり2万円未満の基準がありましたが、
これもなくなり、すべて、取得価額がいくらか、
で判断することになります。

過去に取得した100万円未満の美術品も
来年から減価償却できるようになるのです。

また、取得価額が100万円以上しても、
会館のロビーや葬祭場のホールのような、
不特定多数の人が利用する場所の、
装飾用や展示用として取得したものは、減価償却ができます。

ようするに、
時間がたてば価値がなくなるものなら、減価償却できる
ということです。

玄関、応接室などにたくさんの絵が飾ってある、
という会社は、経理処理を確認してみてください。

(福岡雄吉郎)


web拍手 by FC2

井上教経営経典の専用額を販売しております!
(消費税、送料込みで20,000円です。)
ご興味ある方は、お気軽にお問い合わせください。
メールにてお問い合わせの方は、こちらをクリックしてください。

道場主 井上和弘の趣味、旅、雑学など、
会社経営からちょっと離れた、日常生活をつづったブログ、
「井上和弘の寄り道スケッチ」もぜひご覧ください!
こちらをクリックしてください。

2014年11月25日 (火)

土地伝説は生きている ②

“土地は買ったほうがトクじゃないですか!”
“土地はいつか上がりますよ。”
“土地があるから銀行は貸してくれるんですよ。
これらの言葉をいまだに聞きます。
特に、ご高齢の経営者の方々です。
土地伝説は、まだまだ生きているのです。

②売りたくても売れない

貸借対照表に土地がある場合、
“これは、何の土地ですか?”と尋ねます。
すると、こんな返事がきたりします。
“いやぁ・・・実は…、もう使っていなくって・・・、
とことろが、売りたいけど、売れないんですよ”

いまどき、いざ土地を売ろうとしても、
超一等地でない限り、簡単には売れません。

例えば、お聞きすると、こんな場合があります。
店舗を運営するのに土地を買った。
ところが10数年以上を経過して、周辺環境が変わった。
その地での店舗運営はやめて、他へ移った。
しかし、土地は売れずに残った。
店舗でも、営業所でも、同じことです。
始めるときは、そこがベストであったとしても、
長期間の中で、周辺の環境は変わってゆきます。
それは、どうしようもないのです。

で、
たいがいその土地の値段は下がり、含み損を抱えています。
かといって、外部では買い手が見つかりません。
なので、“子会社に売ってしまいなさい!”となるのです。
それでも、
さまざまな手順があり、サクッとは売れないのです。
それだけ、労力とエネルギーが必要になるのです。

店舗や事務所ならまだしも、土地の明細を見ると、
「山林」とか「原野」という記載を見かけることもあります。
“なぜ?買うの???”という土地です。
“先代が土地好きで・・・。”

土地伝説の方は、手に入れるのがお好きです。
が、手放すときのことを考えていないから、困るのです。
土地はいまどき、あがらないのです。
結局は、財務体力を損ねる要因になるだけなのです。
上がるから買う、のではなく、
長期にわたる経営のことを考えて、判断してほしいのです。

(古山喜章)

web拍手 by FC2

道場主 井上和弘の趣味、旅、雑学など、
会社経営からちょっと離れた、日常生活をつづったブログ、
「井上和弘の寄り道スケッチ」もぜひご覧ください!
こちらをクリックしてください。

日本経営合理化協会のサイトにて、
「決算書の“見える化”術」音声配信を始めました。
図を見ながら音声を聞く、新たな配信形式です。
こちらからどうぞ。

LINEアプリのタイムラインにて、
巷で出会ったスイーツを、3行だけ書いて紹介する、
「スイーツ3行書く命」を配信しています。
ID:icofuruyama
で、LINE内で検索ください。

2014年11月21日 (金)

採用氷河期に挑む ⑫

⑫納得のゆく処遇になっているか
 その2「人事考課はしていますか?」

人事考課についてお聞きすると、
歯切れの悪い返事がきたりします。
“一応やっていますけど・・・”
“前に仕組みは作ったのですが・・・”
“ルールがあるような、ないような・・・”
人事考課の内容がどうか、という以前に、
自分たちで決めたルール通りにやっていない、
最初に少しやってみただけでなくなった、
そもそもルールらしきものはない、
ということが、まだまだ多いのです。

で、結局、社長や役員が、
自分たちの感覚だけで評価してしまいます。
さらにその評価で、賞与額を決めたりします。
もっと悪い場合、評価などはまったくなく、
単純に、賞与の額だけ決めている場合もあります。
いわゆる、「エンピツなめなめ」の世界です。

この場合、評価の目的は、
賞与の額を決めることしか考えていません。
人事考課の目的は、人材育成にあります。
加えて、
昇進・昇格、降格や処分時・契約時のエビデンス、
という側面もあります。

“なぜ人事考課をやらないのですか?”
とお尋ねします。すると、
“手間がかかるだけで、完全な評価はムリですよ”
“結局、感覚で決めた評価と、たいして変わらないですよ”
という返事がきたりします。

手間がかかるなら、手間がかからないようにすればいいし、
たいして変わらなくても、感覚で決めた評価には、
従業員は納得できません。
結局、不満がつのり、“辞めます!”となるのです。
優秀な人材ほど、辞めてゆきます。
優秀でない人材は、ブツブツいうものの、
結局、辞めないのです。

人事考課の内容云々をとやかく言う前に、
評価・考課の仕組みやルールを明確にし、
従業員に周知し、
そのルールに応じてやり続けることです。
で、見直しを怠らないことです。

人事考課のコストも、
人材の定着・育成に必要な、労務コストです。
おろそかにすると、人材確保のコストが必要になります。
今や、人材確保の方が至難のワザであり、
コストもかかります。
とりわけサービス産業では、
人事考課を怠らないでほしいのです。

(古山喜章)

web拍手 by FC2

道場主 井上和弘の趣味、旅、雑学など、
会社経営からちょっと離れた、日常生活をつづったブログ、
「井上和弘の寄り道スケッチ」もぜひご覧ください!
こちらをクリックしてください。

日本経営合理化協会のサイトにて、
「決算書の“見える化”術」音声配信を始めました。
図を見ながら音声を聞く、新たな配信形式です。
こちらからどうぞ。

LINEアプリのタイムラインにて、
巷で出会ったスイーツを、3行だけ書いて紹介する、
「スイーツ3行書く命」を配信しています。
ID:icofuruyama
で、LINE内で検索ください。

2014年11月20日 (木)

掃除行動を徹底しても収益には関係ない!  その②

戦略 → 戦術 → 戦闘の順である!

企業経営に携わった者であれば、
戦略・戦術・戦闘の違いは分かっているはずです。

戦略とは、何ですか? と問えば 
皆さん 何と お答えになるでしょうか?
「戦略とは 選択と集中です」と正解が出てくるはずです。

もう少し分かり易く説明してくれませんか? と 問えば
「自社の強みをライバルの弱みにぶつけることです」
と正しい答えが返ってくるはずです。

しからば、日々の経営者の行動はどうすればいいのでしょうか?
言葉を知っていても、
それが自社の経営行動に繋がらなければ効果は表れないはずです。

自社の強みを知る
では、自社にいかなる強みがあるというのでしょうか?
知って行動している会社というのが 
果たしてどれだけあるでしょうか?

収益の低い会社でも、小さな会社でも
社員、商品、売り方、得意先、サービス、財務、管理においての強みは何か? 
具体的に意識をして持っているでしょうか?

いかなる強みを磨くのか、戦う武器を何にすれば勝てるのか!
闘うライバルはどこか?  闘いを避けるライバル、地域はどこか!
これらの方針が明確でなければ、
もともと持てる経営資源は少ないのであるから、
差別化は出来ないはずです。


戦術とは

戦略があって(表) その戦略の方向に添って戦術(裏)があるのです。
自社の持てる 人・売り物・お金・技術を
効率的に動かしていくかの管理を持続して、
ライバルに打ち出して、挑んでゆく闘いの方策である。

戦闘は、集団心理で支配されるものです。
戦略、戦術がよく、常勝すれば、おのずと戦闘力は高まってゆく。
働く者は、企業精神、企業風土にすぐ染まってゆくものです。

(井上和弘)


web拍手 by FC2

井上教経営経典の専用額を販売しております!
(消費税、送料込みで20,000円です。)
ご興味ある方は、お気軽にお問い合わせください。
メールにてお問い合わせの方は、こちらをクリックしてください。

道場主 井上和弘の趣味、旅、雑学など、
会社経営からちょっと離れた、日常生活をつづったブログ、
「井上和弘の寄り道スケッチ」もぜひご覧ください!
こちらをクリックしてください。

2014年11月19日 (水)

倒産防止共済は、前納できます

何人かの税理士さんと話をすると、
「中小企業倒産防止共済」について、
ご存じないかたが多いです。

制度そのものをしらない、
あるいは、存在は知っているけれど、
内容はほとんど分からない、という方が多いです。

これは、取引先の倒産で、
自社が連鎖倒産することを防ぐためにつくられました。

中小企業基盤整備機構という、
独立行政法人に対して払込みします。

①掛金は月5千円~20万円(5千円刻み)で自由に設定できます。
 ⇒途中で増額、減額もできます。

②掛金総額は、800万円までで、全額損金で落とせます
 ⇒1年間で最高240万円(20万円×12ヶ月)損金処理できます。

③得意先の倒産時には、掛金総額の10倍まで借入できます
⇒最高8000万円借入できます(800万円×10)

④この場合の借入条件は、無担保、無保証、無利子です。
 ⇒期間は5年~7年です。

⑤倒産ない場合でも、解約すればお金が戻ってきます。
 ⇒掛金の納付月数にもよりますが、
  40ヶ月以上納付すれば、100%戻ってきます。
 
⑥資本金と従業員数が少なければ、加入できます。
 たとえば、製造業なら資本金3億円以下、
あるいは、常時使用する従業員が300人以下なら、OKです
 ⇒中小企業なら、ほとんど適用できます。

加入手続きは、取引銀行に言えばやってくれます。
良い制度ですが、「入ってます」という企業が、
案外少ないのです。

ところで、8月決算の会社で、
決算直前にこの制度を紹介したところ、
「いまはもう8月だから、最高20万円しか損金で落ちませんよ。」
と税理士に言われた、という会社がありました。

そんなことは、ありません。
8月末ギリギリに加入しても、
1年間分の保険料を前払いして、損金で落とすことができます。
手続にも時間はかからず、申込~払込完了まで数日です。

この制度のことをまったく知らなかった、
という方は、一度加入を検討されてはいかがでしょうか?

(福岡雄吉郎)


web拍手 by FC2

井上教経営経典の専用額を販売しております!
(消費税、送料込みで20,000円です。)
ご興味ある方は、お気軽にお問い合わせください。
メールにてお問い合わせの方は、こちらをクリックしてください。

道場主 井上和弘の趣味、旅、雑学など、
会社経営からちょっと離れた、日常生活をつづったブログ、
「井上和弘の寄り道スケッチ」もぜひご覧ください!
こちらをクリックしてください。

2014年11月18日 (火)

土地伝説は生きている ①

いまだに後継者から、次のような声を聞きます。
“土地はいつか上がると思っているんですよ!”
“銀行に土地を進められたら、すぐにその気になるんですよ!”
“日本は狭いから、
景気が上向けば、土地は必ず上がるって言うんですよ!”
まあだいたい、先代に対する声ですね。

そうです、その方々のなかでは、
土地伝説は、まだまだ生きているのです。

①土地は減価償却できない

土地は減価償却ができません。
なので、売らない限り、貸借対照表から消えません。
買った時の簿価が、減ることもありません。
なので、B/S面積グラフを作成した際、
どっしりと、そこに居座り続けるのです。

特に、
銀行から借金をして土地を買ってしまった場合が大変です。
機械設備等なら、減価償却費が損金計上されます。
つまり、返済原資としては、
純利益+減価償却費 で考えます。
減価償却したぶん、簿価がだんだん小さくなり、
貸借対照表でのウエイトも、小さくなってゆきます。
ところが、
土地は減価償却できないのです。
とうことは、
銀行への返済原資となるのは、純利益のみ、なのです。

とはいえ、返済は必要ですから、減価償却がない分、
他に使うはずだった資金を、返済にあてるしかありません。
当然、そのぶん、資金繰りは厳しくなります。
財務体力は弱まりますし、
貸借対照表が膨らむ分、銀行の格付けにも、響きます。

資金繰りを困窮させてまで、土地を買う必要はありません。
本当に必要なら、借りればいいだけなのです。

“不要な土地を買うな!”
と、私たちは言い続けています。
それには、ワケがあるのです。
土地伝説を信じている方々には、どうか、
そのワケを、ご理解いただきたいのです。

(古山喜章)


web拍手 by FC2

道場主 井上和弘の趣味、旅、雑学など、
会社経営からちょっと離れた、日常生活をつづったブログ、
「井上和弘の寄り道スケッチ」もぜひご覧ください!
こちらをクリックしてください。

日本経営合理化協会のサイトにて、
「決算書の“見える化”術」音声配信を始めました。
図を見ながら音声を聞く、新たな配信形式です。
こちらからどうぞ。

LINEアプリのタイムラインにて、
巷で出会ったスイーツを、3行だけ書いて紹介する、
「スイーツ3行書く命」を配信しています。
ID:icofuruyama
で、LINE内で検索ください。

2014年11月17日 (月)

掃除行動を徹底しても収益には関係ない!  その①

自社の市場で勝てる戦略方針が第一義なのです。
社内掃除美化活動は戦闘領域です。
経営コンサルタントと称する人の中に
「掃除を徹底すれば 会社の業績が良くなる」
の類いを唱える方がいらっしゃいます。

社内美化、環境整備、大声発声、報連相、好感度、
電話応対等全くしないより、した方が良い。
決してそれらの社内基本動作を否定はしません。
するものではありませんが、第一に来るものではありません!

しかし、例えば「大口の不渡手形事故が発生した」とか
「親会社が不況で下請けの我が社の仕事がなくなった」という時に
果たして、掃除をどこよりも美しく徹底したら、
悪化する業績は回復するのでしょうか?
答えは「しません!」です。

そのような行動は、戦闘力と私たちは申し上げるのです。
経営には、戦略 → 戦術 → 戦闘があるのです。
昔より、戦闘の失敗には戦術でカバーでき、
戦術の失敗には戦略でなおせるが、
逆に戦略の失敗は、戦術でカバーできず、
戦術の失敗は戦闘では補えないと言われています。

衛生管理とか、掃除大切とか、
清潔、美化が戦略になる生菓子製造業、レトルト食品関連業、製薬会社は、
当然、これが戦略になる事がありますが、
環境美化はあくまで、戦闘であって、
これに経営資源を集中しても収益向上にはならないのです。

全社員が挨拶を行い、清掃美化が徹底しておれば、
少々杜撰な社員でも周りの社員の習慣ルールに染まってゆくものです。
戦闘とは、社内文化、社内風土をよくするものです。

(井上和弘)


web拍手 by FC2

井上教経営経典の専用額を販売しております!
(消費税、送料込みで20,000円です。)
ご興味ある方は、お気軽にお問い合わせください。
メールにてお問い合わせの方は、こちらをクリックしてください。

道場主 井上和弘の趣味、旅、雑学など、
会社経営からちょっと離れた、日常生活をつづったブログ、
「井上和弘の寄り道スケッチ」もぜひご覧ください!
こちらをクリックしてください。

2014年11月14日 (金)

採用氷河期に挑む ⑪

⑪納得のゆく処遇になっているか
 その1「特別待遇な社員はいませんか?」

“給与に納得がいかない!”
という理由で、退職する人が、
中小企業には、まだまだ多いです。
当然、本人の認識に問題がある場合も、あります。
しかし、聞いてみると、
“そりゃあ、納得ゆかないというのも無理ないでしょ”
という場合もあるのです。

その最たるものが、特別待遇を受けている社員です。
“身内だから・・・”
“彼女は母子家庭だから・・・”
“子供がまだ小さいから・・・”
なんやかんやと理由をつけて、
仕事に関係なく、感情的なことだけで、給与を増やしてしまうのです。

特に、社長自身や、社長の奥様が給与を決めている、
という場合に、ありがちです。
これは、家業レベルの経営ですることです。
家業を通り越して、企業レベルになっても、
以前のままのやり方をしてしまうのです。
これでは、その他の人たちにとって、
納得ゆかないのも、無理はないのです。
いい人材ほど、やっていられなくなります。

特別待遇をした社員の情報は、
どこからともなく周囲に伝わります。
そのような報告・連絡・相談は、
何よりも早く伝わるのです。
こっそりわからないようにやっている、
と思っているのは、給与を決めた本人だけです。

で、結局、
“納得ゆかないから辞めます!”
と、優秀な人材まで、失ってしまうのです。
その損失は、大きいです。

待遇は、仕事の出来栄えによって、上乗せするものです。
特別待遇は、不満の元であり、人材損失の温床なのです。

(古山喜章)

web拍手 by FC2

道場主 井上和弘の趣味、旅、雑学など、
会社経営からちょっと離れた、日常生活をつづったブログ、
「井上和弘の寄り道スケッチ」もぜひご覧ください!
こちらをクリックしてください。

日本経営合理化協会のサイトにて、
「決算書の“見える化”術」音声配信を始めました。
図を見ながら音声を聞く、新たな配信形式です。
こちらからどうぞ。

LINEアプリのタイムラインにて、
巷で出会ったスイーツを、3行だけ書いて紹介する、
「スイーツ3行書く命」を配信しています。
ID:icofuruyama
で、LINE内で検索ください。

2014年11月13日 (木)

日本に大影響を与える 中国クラシュー(崩壊)は いつ来る?

リーマンショックが2009年に発生したのですが、
金融危機が来るぞ!来るぞ! と言われてきて、
後になって、その金融危機をリーマンショックと名付けたのですが、
それ以前、私がその危うさのニュースを知りだしたのは 
その前の年 2~3年前からです。
最初に耳にしたのが、「サブプライムローン」「金融工学」なる単語でした。

2013年頃から 中国がおかしいと言われだし
「シャドーバンキング」「鬼城」多くの経済評論家が、
いよいよ最近になって 中国が本当に危ないと言ってますね。

シャドウ―バンキングのデフォルト
→不動産バブルの崩壊
→上海株式 市場の急落
→三億人の失業者増大
→民族暴動
→国内騒動と予想をしています。

リーマンショックの時もそうでしたが、
我々、一般の市民はアメリカの国のことで、
金持ちや銀行がおかしくなっても、
別にたいしたか影響はないであろうとタカをくくっていました。

しかし、日本のメーカー 下請けには多大な影響がありました。
株式も暴落、銀行も貸し渋りがあったのです。

ギリシャの国のデフォルト問題も
日本にはあまり影響はなかったが、
今でも欧州の不況と失業率には悩んでいます。

しかし、中国となると、日本に全く影響がないとは言えない、
恐らくリーマンショックのそれではないのではないでしょうか?

中国クラッシュは、北朝鮮、韓国に、
その影響が及ぶことは間違いのない事でしょう・・

しからば、いつ 中国の崩壊が現実なるか、
どうかの兆候はどこでわかるのか? です
やたらと危機をあおるわけではなく、
我々は対策として何をしなければならないかでしょう・・・

上海株式市場の海外チャイナマネーが引き上げて、暴落が始まる時です。
それは、上海株を『先導』する香港株式
すなわち ハンセン指数を見ていればわかるとのことです。

もうわかっている企業は、
意図的に中国とは付き合わない手を打っています。
中国には、投資しない、逃げる準備をしています。

中国に物を売っている会社は、
LCで現預金の受取商売、そして、人件費の高騰から中国でものを作ることは止め、
プラスワンを探すか、日本で再び生産するかの方法をとる事でありましょう・・・

おそらく、来年2015年か2016年は、
中国経済のクラッシュが発生することを予想して、準備することです。
時間は、だんだんと近くなってきています。

対策は、企業生き残りの条件は
B/S(バランスシート 貸借対照表)をしっかりと固めておくことです。
総資産を減らすこと(売掛金、在庫、固定資産) 
不動産を持たずに過大設備投資は行わず、
減価償却の範囲内に行う事です。
私が、常に申し上げる対策を行う事です。

(井上和弘)

web拍手 by FC2

井上教経営経典の専用額を販売しております!
(消費税、送料込みで20,000円です。)
ご興味ある方は、お気軽にお問い合わせください。
メールにてお問い合わせの方は、こちらをクリックしてください。

道場主 井上和弘の趣味、旅、雑学など、
会社経営からちょっと離れた、日常生活をつづったブログ、
「井上和弘の寄り道スケッチ」もぜひご覧ください!
こちらをクリックしてください。

2014年11月12日 (水)

税務調査は怖いですか?⑩

各社の税務申告書を見てみると、
書き方がバラバラになっています。

税務調査の対策を研究している会社は、
記載が非常にあっさりしています。

たとえば、
会社が同族会社かどうかを判定する場合は、
別表2を使うことになっていますが、
ここには、その判定の基準となる株主を書くだけで、
全ての株主を記載する必要はありません。

毎年毎年、ここをすべて書いていると、
少しでも、株を動かした場合に、
そのことが税務署に分かってしまいます。

また、売掛金や買掛金などの、
勘定科目の内訳書も提出していますが、
残高が少しでもあれば記載している会社があります。
(内訳書の様式は、こちらです

ここも、全て書く必要はなくて、
50万円以上のものを書くように、
指示がされています。

もっといえば、
毎年出している勘定科目明細は、
あの様式でなければならない、
ということはありません。

勘定科目内訳書を添付しなければならない、
という指定はありますが、
様式は自由なのです。
(法人税施行令第35条 3項)

内訳書に書いてある取引先は、
調査の有効情報です。

税務署は、色々な角度から、
問題点を指摘するための、
糸口をつかもうとしています。

調査のときの社長の姿勢と同じく、
出来るだけ情報は与えないのが、基本的な対策です。

(福岡雄吉郎)


web拍手 by FC2

井上教経営経典の専用額を販売しております!
(消費税、送料込みで20,000円です。)
ご興味ある方は、お気軽にお問い合わせください。
メールにてお問い合わせの方は、こちらをクリックしてください。

道場主 井上和弘の趣味、旅、雑学など、
会社経営からちょっと離れた、日常生活をつづったブログ、
「井上和弘の寄り道スケッチ」もぜひご覧ください!
こちらをクリックしてください。

2014年11月11日 (火)

購買担当は、在庫のリスクを理解していますか?

この時期、メーカーでは、
年末商戦へ向けて、資材発注量をどうするか、
購買担当者は頭を悩ませます。

私自身が購買担当者をしていたときも、
この時期になると、
営業担当者と打ち合わせをしていました。
営業サイドから販売計画を出してもらうものの、
まあだいたい、
“えっ、なんでそんなに売れるの????”
という数字が、まずは出てきます。
営業はそもそも売る気満々ですから、
強気の数字しか出てきません。

はっきりいって、
営業サイドの言い文をうのみにして、
資材を発注していると、
かなり多い目の在庫を抱えることになります。
だから、営業の計画数字の根拠を聞きつつ、
購買サイドは、現実的な数字をベースに、
販売状況をみながら追加発注できるようにしていました。
それでも、
予想外の在庫や、資材不足が発生し、
対応に追われていたのです。
ただ、
購買時点で在庫を下げる努力をしていたおかげで、
大量の不良在庫を抱えることは、ありませんでした。

しかし、多くの企業の購買担当と会話をすると、
次のような言葉が返ってくることがあります。
“営業のいうとおりに発注したら、在庫が大量にでました!”
“営業が、「売りの逃がしは許されない!」というので、
 言うとおりに発注しました!”
で、大量の在庫が、B/Sに残るのです。
つまりは、
購買担当者が、在庫のリスクを理解していないのです。

この時期、
購買担当者に注意を促してほしいのは、次の3点です。
・営業が出した数字をそのまま発注しない。
・納品までのリードタイムをおさえて、ぎりぎりで発注する。
・在庫が多いと支払いが先行し、資金繰りを悪化させることを理解する。

仕入れが膨らみがちな、これからの時期、
ムダな在庫を抱えないよう、購買担当者には、
くれぐれも、注意を促してほしいのです。

(古山喜章)


web拍手 by FC2

道場主 井上和弘の趣味、旅、雑学など、
会社経営からちょっと離れた、日常生活をつづったブログ、
「井上和弘の寄り道スケッチ」もぜひご覧ください!
こちらをクリックしてください。

日本経営合理化協会のサイトにて、
「決算書の“見える化”術」音声配信を始めました。
図を見ながら音声を聞く、新たな配信形式です。
こちらからどうぞ。

LINEアプリのタイムラインにて、
巷で出会ったスイーツを、3行だけ書いて紹介する、
「スイーツ3行書く命」を配信しています。
ID:icofuruyama
で、LINE内で検索ください。

2014年11月10日 (月)

太陽光発電を考える その2

太陽光ビジネスが 破綻の危機(?)

先日、テレビを見ていてビックリ
九州電力が太陽光発電による電力買取を保留すると発表し、
設備投資を行い売電設備を設置した側と揉めている映像が映し出されていました。
「やっぱりそうか・・・」

私の周りの経営者から、いろいろな意見が耳に入ってきていました。
2~3年前に設置した経営者は
「こんなに儲かるビジネスはない」
「なぜ 皆 やらないのでしょうね」
「発電の認定を得ていながら設備していない枠があり、
それを受けてやれば 未だ、高い価格で電力会社が買ってくれますよ!」
という推進者意見がありました。

しかし、一方で
民主党政権下の2012年に始まった再生エネルギー普及の為、
高値で買い取らせる全量買制度(FIT)で、
政権与党の人気取りは、たちまち異常な「太陽光バブル」が発生する。

2014年6月までに国が認定された量は
原発の70基分にあたる87万キロワット (96%が太陽光) になってしまっている。
しかし、実際は、15%しか設備されていない。

それよりも先述した隣地の風力発電も同じく、
買電側の電力会社の送電網が追い付かない。
もし、その高額で買電した場合、電気料金の上乗せが2兆7018億に上る
そんな負担を又、国民に押し付けることが出来るのか?

今日では、政府も「FIT」は、失敗と認め出しているとのことで、
日本のパネルメーカーも撤退、倒産が始まっているとのこと・・・・

原子力発電に頼らない自然エネルギー、
再生可能エネルギー政策は、誰でも「YES」と言えます

しかし、原子力発電を廃炉にするにしても、
時間と資金と技術開発が必須条件、風力発電の諸問題でもそうである。

分かり易い太陽光発電のバブル的導入ではなく、
国家として電源構成(水力も含めて)送電網の拡充、
再生エネルギーの未来像を明確に作り、
30年~50年かかる長期計画を作り実行しないと、
今回のように「太陽光バブル」でハシゴを降ろされた中小企業者に悲劇が訪れるのです。

(井上和弘)

web拍手 by FC2

井上教経営経典の専用額を販売しております!
(消費税、送料込みで20,000円です。)
ご興味ある方は、お気軽にお問い合わせください。
メールにてお問い合わせの方は、こちらをクリックしてください。

道場主 井上和弘の趣味、旅、雑学など、
会社経営からちょっと離れた、日常生活をつづったブログ、
「井上和弘の寄り道スケッチ」もぜひご覧ください!
こちらをクリックしてください。

2014年11月 7日 (金)

採用氷河期に挑む ⑩

⑩定着のためのコストを惜しまない
 その3「社内報を活用していますか」

“社内報が定着に役立ちますか?”
と思う方も、いるかもしれません。
社内報は、社内のコミュニケーションツールなのです。
さまざまな事業所や、従業員に、
スポットライトを当てる、ツールなのです。
それがメインなのです。
固くいえば、
組織への帰属意識を高める、道具なのです。

“うちも作ってますけど、どれだけ読まれているか・・・”
という声を聞きます。
読まれないのは、単純に、面白くないからです。
読まそうとせず、見てもらおうとすることです。
文章ばかりの方針や単なる連絡事項ばかりだと、
まず、面白くなりません。
あまり読まなくていい社内報のほうが、見やすいです。
見てもらわなければ、意味がないのです。

特に、事業所がたくさんある会社など、
有効なコミュニケーションツールになります。
“いつも電話しているあの部署は、そんな職場なんだ”
“いつも連絡をくれるあの人は、そんな趣味のある人なんだ”
“ええっ!あの人が、そんなことしているの!”
そう感じてくれるだけで、
従業員は、会社をより身近なものに感じてくれるのです。

また、前回とりあげた表彰なども、社内報の良い題材です。
表彰の場にいなかった人にも、その喜びや、
その場の盛り上がりを伝えることができます。
さらには、
表彰された社員のご両親のもとに、
社内報をお届けしている会社もあります。
もちろん、ご両親は、喜んでくれます。
で、
“ここまでしてくれる会社は、なかなかないよ”
“簡単に辞めないほうがいいよ”
と、定着へのサポーターになってくれるのです。

読まれる社内報にするには、
どのようなコーナーを作るのか、
どの部署、どの人物にスポットを当てるのか、
どのようなレイアウト、デザインにするのか、
などなど、楽しさ、見易さの、工夫が必要です。
だから、手間もかかります。
つまりは、コストがかかるのです。
それでも、
定着に役立てば、効果的なコストなのです。

(古山喜章)

web拍手 by FC2

道場主 井上和弘の趣味、旅、雑学など、
会社経営からちょっと離れた、日常生活をつづったブログ、
「井上和弘の寄り道スケッチ」もぜひご覧ください!
こちらをクリックしてください。

日本経営合理化協会のサイトにて、
「決算書の“見える化”術」音声配信を始めました。
図を見ながら音声を聞く、新たな配信形式です。
こちらからどうぞ。

LINEアプリのタイムラインにて、
巷で出会ったスイーツを、3行だけ書いて紹介する、
「スイーツ3行書く命」を配信しています。
ID:icofuruyama
で、LINE内で検索ください。

2014年11月 6日 (木)

太陽光発電を考える その1

我が家の屋根に太陽光パネルを載せるか?

10年前に新築した我が家に太陽光パネルを載せる計画をしました。
パネル設備投資金額の回収は、売電の収入を考えても、
なかなか回収は難しいとその頃、業者に云われました。

しかし、それよりも少しでも石炭発電(CO2問題)、
原子力発電(廃棄物問題)の1つの対策として、
自然エネルギーの発展に私も寄与できればとの、
正義感をちょっぴり持っていたのです。

太陽光パネルを製造している 
その時の顧問先であったS電機の幹部のO氏に
「御社の太陽光パネルを屋根に載せたいのだが・・・?」と相談を持ちかけました。

返事は「おやめになった方がいいですよ!」
思わない返事だったので理由を尋ねました。

①出始めで、高額で 期待したほど出力が出てこない
②故障が発生して、まだ 技術的に安定していない
③都会ではパネルが雨等で汚れ、表面の掃除が必要です
特に「井上先生! 屋根に登って 掃除できますか?」
には 参りました。

私は、高所恐怖症、まして、年齢を重ねれば、
1.5m以上の所に登るものではないと言われていたので、
いっぺんに計画はやめてしまいました。

初物好きであっても、電気、電子機器類は特に弱く、
車でも故障すればパニックになる私の性分・・・やめておきました。

年齢を重ねると、どうも、広告類、宣伝物に 
ともすれば嘘が隠れていることが多いことがわかってきました。
その意味でこの10年,自然エネルギーの大切さは重要と思えど、
それを採用したり、企業が投資することに躊躇していました。

(井上和弘)


web拍手 by FC2

井上教経営経典の専用額を販売しております!
(消費税、送料込みで20,000円です。)
ご興味ある方は、お気軽にお問い合わせください。
メールにてお問い合わせの方は、こちらをクリックしてください。

道場主 井上和弘の趣味、旅、雑学など、
会社経営からちょっと離れた、日常生活をつづったブログ、
「井上和弘の寄り道スケッチ」もぜひご覧ください!
こちらをクリックしてください。

2014年11月 5日 (水)

固定資産台帳をみる③

固定資産台帳をみると、
「台帳には載っているけれど、もういまはない!」
「あるのかどうかも、良く分からない!」
という場合が結構あります。

設備を入れてから、時間がたつにつれ、
台帳と実態が、かけ離れてゆきます。

設備を置く場所を、移動することがあります。
そのときに、移動届を出しておかないと、
「ここにあるはずなのに、ない!」
となってしまいます。

また、故障した備品を廃棄する、
使わなくなった機械を売却する、ということも出てきます。
そのとき、申請書や稟議書などで、承認をとり、
その情報をすぐに、台帳に反映させることが必要です。

ここが、ノーチェックの会社だと、
現場が勝手に現金業者に売って、売却代金を横領する、
ということがおこってしまいます。

社内移動や廃棄、売却の情報伝達が、
うまくいってない場合に、
台帳と実態の差がでてきます。

これを把握するには、
固定資産を実査するしかありません。

現場は、やりたくありません。
「忙しい」「手間がかかる」
「やってもやらなくても、日常業務に影響ない」
など言います。

しかし、実際やってみると、
必ず何か見つかります。

まずは、金額の大きなものだけでも、
実際にチェックするのです。
何回かで、一巡させればよいのです。

最初は時間がかかるかもしれませんが、
やっているうちに、必ずスピードがあがります。

固定資産台帳は、ふつうは、経理が管理します。
「現場が使っているものを、経理部が管理する」
というので、ややこしくなります。

ならば、いっそのこと現場に管理させる、
というのも一つの方法です。

(福岡雄吉郎)


web拍手 by FC2

井上教経営経典の専用額を販売しております!
(消費税、送料込みで20,000円です。)
ご興味ある方は、お気軽にお問い合わせください。
メールにてお問い合わせの方は、こちらをクリックしてください。

道場主 井上和弘の趣味、旅、雑学など、
会社経営からちょっと離れた、日常生活をつづったブログ、
「井上和弘の寄り道スケッチ」もぜひご覧ください!
こちらをクリックしてください。

2014年11月 4日 (火)

資金繰りが厳しいのに、現預金を減らすんですか!

決算書を見ると、
月商の何倍もの現預金を抱えている場合があります。
で、B/Sの右側を見ると、借入金がどっさりある、
というケースがよくあります。
しかも、
短期借入が長期借入より大きい、ということが多いです。
当然、元金返済も大きくなります。
支払利息も膨らみます。
なので、余分なキャッシュアウトが増えています。
その分、資金繰りが厳しいのです。
ムダなキャッシュアウトがなければ、
その分、資金繰りは、ラクなのです。
担当者に聞くとたいてい、
銀行に言われるがまま、借りているのです。

で、
“短期借入を減らして、現預金を減らしなさい!”
というと、
“資金繰りが厳しいのに、現預金を減らすんですか!”
と、驚く方が、おられるのです。

その現預金は、結局は、借金であり、
その借金が、資金繰りの首を絞めているのです。
ムダに借りるから、資金繰りが悪くなるのです。
そのことがおわかりにならない方が、時々おられるのです。
現預金がたんまりあることで、安心してしまうのです。
で、“誰に相談したんですか?”と聞くと、
“銀行の人に相談しました”なんていう、
信じられない返事が返ってきたこともあるのです。
銀行は、貸すのが商売です。
借入を減らしなさい、とは絶対に言いません。
“現預金をもう少しお持ちになってはいかがですか?”
と、言ってくるだけです。
つまりは、借金を進めてくるのです。

期日が来ても、更新をしなければ、
短期借入は減ってゆくのです。
支払利息も減るのです。
現預金も在庫です。
目安は、月商の2分の1です。
それより多いなら、減らして、
ギリギリで資金繰りを回す方向に、
舵取りをしてほしいのです。

(古山喜章)


web拍手 by FC2

道場主 井上和弘の趣味、旅、雑学など、
会社経営からちょっと離れた、日常生活をつづったブログ、
「井上和弘の寄り道スケッチ」もぜひご覧ください!
こちらをクリックしてください。

日本経営合理化協会のサイトにて、
「決算書の“見える化”術」音声配信を始めました。
図を見ながら音声を聞く、新たな配信形式です。
こちらからどうぞ。

LINEアプリのタイムラインにて、
巷で出会ったスイーツを、3行だけ書いて紹介する、
「スイーツ3行書く命」を配信しています。
ID:icofuruyama
で、LINE内で検索ください。

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

おすすめブログ

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック