サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 福岡雄吉郎の最新刊
    好評発売中! 「社長の賢い節税」(著:福岡雄吉郎、発行:日本経営合理化教会) 社長が賢い節税をせずして、会社にも、社長にも、お金を十分に残すことはできません。数々の現場での、あっと驚く事例をもとに、お金を残すための具体策を、余すところなく披露します。

福岡雄吉郎 出版記念セミナーのお知らせ!

  • 福岡雄吉一郎 出版記念セミナーのお知らせ
    「社長の賢い節税」出版を記念とした、税務対策セミナーです。 5月25日(大阪)、28日(東京)にて開催します。 ゲスト講師も登壇予定です。 詳細は追って連絡いたします。 主催:日本経営合理化協会

相続対策セミナーのお知らせ

  • 相続対策セミナーのお知らせ
    2021年度の日程が決定しました。6月8日(火)東京・オンライン、6月22日(火)大阪。 主催:日本経営合理化協会 詳細は追ってご連絡いたします。

古山喜章CD お金が残る決算書「100の打ち手」発売!

  • お金が残る決算書「100の打ち手」発売!
    1話5分完結で全100話収録! 会社を強くする決算書にするための具体策を、節税対策、銀行対策、危機対応、業種別対策など、7つの側面から、実例を交えて語ります。 移動時・在宅時などのすきま時間に、ぜひご活用ください。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 税務調査は怖いですか?⑩ | トップページ | 採用氷河期に挑む ⑪ »

2014年11月13日 (木)

日本に大影響を与える 中国クラシュー(崩壊)は いつ来る?

リーマンショックが2009年に発生したのですが、
金融危機が来るぞ!来るぞ! と言われてきて、
後になって、その金融危機をリーマンショックと名付けたのですが、
それ以前、私がその危うさのニュースを知りだしたのは 
その前の年 2~3年前からです。
最初に耳にしたのが、「サブプライムローン」「金融工学」なる単語でした。

2013年頃から 中国がおかしいと言われだし
「シャドーバンキング」「鬼城」多くの経済評論家が、
いよいよ最近になって 中国が本当に危ないと言ってますね。

シャドウ―バンキングのデフォルト
→不動産バブルの崩壊
→上海株式 市場の急落
→三億人の失業者増大
→民族暴動
→国内騒動と予想をしています。

リーマンショックの時もそうでしたが、
我々、一般の市民はアメリカの国のことで、
金持ちや銀行がおかしくなっても、
別にたいしたか影響はないであろうとタカをくくっていました。

しかし、日本のメーカー 下請けには多大な影響がありました。
株式も暴落、銀行も貸し渋りがあったのです。

ギリシャの国のデフォルト問題も
日本にはあまり影響はなかったが、
今でも欧州の不況と失業率には悩んでいます。

しかし、中国となると、日本に全く影響がないとは言えない、
恐らくリーマンショックのそれではないのではないでしょうか?

中国クラッシュは、北朝鮮、韓国に、
その影響が及ぶことは間違いのない事でしょう・・

しからば、いつ 中国の崩壊が現実なるか、
どうかの兆候はどこでわかるのか? です
やたらと危機をあおるわけではなく、
我々は対策として何をしなければならないかでしょう・・・

上海株式市場の海外チャイナマネーが引き上げて、暴落が始まる時です。
それは、上海株を『先導』する香港株式
すなわち ハンセン指数を見ていればわかるとのことです。

もうわかっている企業は、
意図的に中国とは付き合わない手を打っています。
中国には、投資しない、逃げる準備をしています。

中国に物を売っている会社は、
LCで現預金の受取商売、そして、人件費の高騰から中国でものを作ることは止め、
プラスワンを探すか、日本で再び生産するかの方法をとる事でありましょう・・・

おそらく、来年2015年か2016年は、
中国経済のクラッシュが発生することを予想して、準備することです。
時間は、だんだんと近くなってきています。

対策は、企業生き残りの条件は
B/S(バランスシート 貸借対照表)をしっかりと固めておくことです。
総資産を減らすこと(売掛金、在庫、固定資産) 
不動産を持たずに過大設備投資は行わず、
減価償却の範囲内に行う事です。
私が、常に申し上げる対策を行う事です。

(井上和弘)

web拍手 by FC2

井上教経営経典の専用額を販売しております!
(消費税、送料込みで20,000円です。)
ご興味ある方は、お気軽にお問い合わせください。
メールにてお問い合わせの方は、こちらをクリックしてください。

道場主 井上和弘の趣味、旅、雑学など、
会社経営からちょっと離れた、日常生活をつづったブログ、
「井上和弘の寄り道スケッチ」もぜひご覧ください!
こちらをクリックしてください。

« 税務調査は怖いですか?⑩ | トップページ | 採用氷河期に挑む ⑪ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本に大影響を与える 中国クラシュー(崩壊)は いつ来る?:

« 税務調査は怖いですか?⑩ | トップページ | 採用氷河期に挑む ⑪ »

おすすめブログ

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック