サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 福岡雄吉郎の最新刊
    好評発売中! 「社長の賢い節税」(著:福岡雄吉郎、発行:日本経営合理化教会) 社長が賢い節税をせずして、会社にも、社長にも、お金を十分に残すことはできません。数々の現場での、あっと驚く事例をもとに、お金を残すための具体策を、余すところなく披露します。

福岡雄吉郎 出版記念セミナーのお知らせ!

  • 福岡雄吉一郎 出版記念セミナーのお知らせ
    「社長の賢い節税」出版を記念とした、税務対策セミナーです。 5月25日(大阪)、28日(東京)にて開催します。 ゲスト講師も登壇予定です。 詳細は追って連絡いたします。 主催:日本経営合理化協会

相続対策セミナーのお知らせ

  • 相続対策セミナーのお知らせ
    2021年度の日程が決定しました。6月8日(火)東京・オンライン、6月22日(火)大阪。 主催:日本経営合理化協会 詳細は追ってご連絡いたします。

古山喜章CD お金が残る決算書「100の打ち手」発売!

  • お金が残る決算書「100の打ち手」発売!
    1話5分完結で全100話収録! 会社を強くする決算書にするための具体策を、節税対策、銀行対策、危機対応、業種別対策など、7つの側面から、実例を交えて語ります。 移動時・在宅時などのすきま時間に、ぜひご活用ください。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 隠れています!出資金や保証金 | トップページ | 銀行は、営業利益を重視します ② »

2015年8月27日 (木)

銀行借入は固定金利で借りるか 変動金利で借りるべきか?

多くの経営者がご相談にお越しになります。

その中でよく質問されるのが
「先生 長期借入金を2億円ほどするのですが、
固定金利率で借りた方がいいでしょうか?
変動金利率で借りた方がいいでしょうか?」
というのがあります。

ICOブログを読んでおられる方、又 私の著書を読んでおられる方は 
この質問の答えはわかっていると思います。

「なぜ そんな質問をされるのですか?」
「先生は おそらく変動金利で借りなさい とおっしゃると思いますが
銀行は固定金利という条件を示していますので・・・」

「変動だったら貸さないと言っているのですか?
なぜ 銀行は固定を言っているのかわかりますか?」
「・・・・・・・・・」

未だに銀行に頭が上がらない経営者が多いですね。
私は何も銀行に反発したり、喧嘩腰になったり、不遜な態度を取れ!
などとは絶対に言いません!
仕入先だってお金を貸していただいているのです。
私は 経営者が行うネゴ(ネゴシエーション・交渉)をしなさいと申し上げるのです

銀行にとっては、2億円を10年間
固定した金利で貸せば、毎月一定の安定した金利が入ってくるので好都合なのです。

長期借入金は、期間の途中で元金を引上げ(貸しはがし)したり、
金利率を上げ下げすることは、絶対にありません。
実は、この20年間、金利率は上がっていません! 下がりっぱなしです。

もう金利が上がる、もう金利率が上がる ハイパーインフレがくる! 
私には考えられない事を言っていた人がいっぱいいます。

いかなる理由をもっていっているのでしょうか? 
その人々の理由の資料は自分の都合ばかりの表です。

7月29日(水曜日)の日経新聞に長期金利低下0.4%と報じています
Photo
本年6月、7月のグラフでありますが
10年物国債利回りは 0.55以下~ 0.40 の間を行き来しているのです。
大昔から0.5%じゃありませんか?
毎日、新聞では、国債長期金利率を掲載しており、
じりじりと下がっているのではないですか?

日本だけが昔は 国債金利率が安かったのですが、
今や 米国も欧州も中国もみんな、金利率を下げてきているじゃありませんか?
不況なのです。

私は、20年前より今日まで、変動金利率で借りよ!
と 叫び続けているのですが、まだ、信用してもらえないのでしょうか?
絶対、これから上がるかもしれませんが、
中国は為替さえも下げてしまいました。

(井上和弘)

web拍手 by FC2

【DVD発売しました!】
DVD「社長の経営財務」を、
日本経営合理化協会より発売しました。
多くの経営者が苦手な、貸借対照表が、
これを見れば驚くほどよくわかります。
詳細&お買い求めはこちらからどうぞ。

【最新書籍のお知らせ】
「儲かる会社をつくるには、赤字決算にしなさい」
がダイヤモンド社から発売中です。
弊社でも、ご注文を受け付けております。
メールにてお問い合わせの方は、こちらをクリックしてください。

【ブログ-井上和弘の寄り道スケッチ】
道場主 井上和弘の趣味、旅、雑学など、
会社経営からちょっと離れた、日常生活をつづったブログ、
「井上和弘の寄り道スケッチ」もぜひご覧ください!
こちらをクリックしてください。

« 隠れています!出資金や保証金 | トップページ | 銀行は、営業利益を重視します ② »

経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 銀行借入は固定金利で借りるか 変動金利で借りるべきか?:

« 隠れています!出資金や保証金 | トップページ | 銀行は、営業利益を重視します ② »

おすすめブログ

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック