サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 福岡雄吉郎の最新刊
    9月6日発売!「会社にお金を残したいなら、今すぐ経費を増やしなさい!」(著:福岡雄吉郎、発行:ダイヤモンド社)税込み1,620円 顧問税理士では教えてもらえない、会社にお金を残す税務テクニックを存分に披露します! グレーゾーンを白にする、税務対策の新・マニュアル!

2018年11月 「決算対策」セミナーのお知らせ

  • 11月 「決算対策」セミナーのお知らせ
    11月8日(木)大阪、11月29日(木)東京、両日10時30分~16時00分。古山喜章&福岡雄吉郎にて、「決算対策」をテーマにセミナーを行います。 詳細は追って連絡します。

好評発売中!

  • 古山喜章の最新刊
    「社長の決算書の見方・読み方・磨き方」(著:古山喜章、発行:日本経営合理化協会) 税込15,660円。 決算書を税理士に任せっぱなしでは、会社にお金は残らない!中間決算・本決算の前には一読したい、決算書づくりの新・バイブル!

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 平成28年高卒初任給データ | トップページ | 残暑お見舞い申し上げます »

2015年8月12日 (水)

「合理的?」と思う税理士の主張

A社の帳簿をみると、
子会社X社に対して、貸付金がありました。
「これ、回収できるのでしょうか?」と質問します。
「いや、これは無理です。もう活動していませんし・・・」
との答えです。

「それなら、早く落としましょう。」
「いや~、税理士から反対されているのです。」

税理士からは、以下のような文章がきていました。

「法人が金銭の貸し付けを行う場合、
取締役会の議決が必要となります。
しかしながら、当社においては、上記書類がありません。

従いまして、貸付を行った経緯、貸付を行った時のX社の財務状況、
貸付を実行した役員等が不明であり、
合理的な経済活動を営む法人が一般的に行う貸付とは、
性格を異にするものであると考えます。

また、貸付の状況によっては、
代表取締役が個人の判断で貸付を行ったと
判断される可能性が否定できません。

合理的な経済活動を営む法人が金銭の貸付を行う場合、
物的担保又は人的担保を設定することが一般的です。
しかしながら、当該貸付において物的担保、
人的担保の設定が確認できません。」

たくさんの借入を行う場合は、取締役会の決議が必要ですが、
貸付、しかも金額が大きくなければ、
なおのこと取締役会の決議は不要です。

”貸付を行った経緯等が不明”とありますが、
操業間もない子会社の運転資金が不足して、
親会社が貸し付けています。
これは、よくある話で、何ら異常な話ではありません。

また、担保が必要といっていますが、
いまは、無担保無保証の時代です。
一昔前の考えでいるのです。

子会社X社は、そもそも活動していません。
それなら、いっそ、会社を清算するのも一つです。

この税理士の主張を聞いていたら、
結局、いつまでたっても損金で落とすことができません。

「回収できないとはっきりわかっているものを、損金で落とすことができない」
こちらのほうが、よほど合理性がありません。

何より、損金で落とせるように書類の整備や指導をしてこなかった、
という税理士の行動が、合理的でないのです。

(福岡雄吉郎)

web拍手 by FC2

【DVD発売しました!】
DVD「社長の経営財務」を、
日本経営合理化協会より発売しました。
多くの経営者が苦手な、貸借対照表が、
これを見れば驚くほどよくわかります。
詳細&お買い求めはこちらからどうぞ。

【最新書籍のお知らせ】
「儲かる会社をつくるには、赤字決算にしなさい」
がダイヤモンド社から発売中です。
弊社でも、ご注文を受け付けております。
メールにてお問い合わせの方は、こちらをクリックしてください。

【ブログ-井上和弘の寄り道スケッチ】
道場主 井上和弘の趣味、旅、雑学など、
会社経営からちょっと離れた、日常生活をつづったブログ、
「井上和弘の寄り道スケッチ」もぜひご覧ください!
こちらをクリックしてください。

« 平成28年高卒初任給データ | トップページ | 残暑お見舞い申し上げます »

節税対策&決算対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1165409/61130811

この記事へのトラックバック一覧です: 「合理的?」と思う税理士の主張:

« 平成28年高卒初任給データ | トップページ | 残暑お見舞い申し上げます »

おすすめブログ

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック