サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 福岡雄吉郎の最新刊
    好評発売中! 「社長の賢い節税」(著:福岡雄吉郎、発行:日本経営合理化教会) 社長が賢い節税をせずして、会社にも、社長にも、お金を十分に残すことはできません。数々の現場での、あっと驚く事例をもとに、お金を残すための具体策を、余すところなく披露します。

福岡雄吉郎 出版記念セミナーのお知らせ!

  • 福岡雄吉一郎 出版記念セミナーのお知らせ
    「社長の賢い節税」出版を記念とした、税務対策セミナーです。 5月25日(大阪)、28日(東京)にて開催します。 ゲスト講師も登壇予定です。 詳細は追って連絡いたします。 主催:日本経営合理化協会

相続対策セミナーのお知らせ

  • 相続対策セミナーのお知らせ
    2021年度の日程が決定しました。6月8日(火)東京・オンライン、6月22日(火)大阪。 主催:日本経営合理化協会 詳細は追ってご連絡いたします。

古山喜章CD お金が残る決算書「100の打ち手」発売!

  • お金が残る決算書「100の打ち手」発売!
    1話5分完結で全100話収録! 会社を強くする決算書にするための具体策を、節税対策、銀行対策、危機対応、業種別対策など、7つの側面から、実例を交えて語ります。 移動時・在宅時などのすきま時間に、ぜひご活用ください。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月29日 (火)

2015年は、AI元年だった

2015年は、
AI(人工知能)がビジネスレベルで動き始めた年、
と感じています。

トヨタやNEC、グーグルにソフトバンク等は、
人工知能への大型投資を発表しました。さらに、
国内3メガバンク(三井住友、東京UFJ、みずほ)は、
そろって、IBMの人口知能、ワトソンの導入を発表しました。
おそらく、かなり高額の、即時償却案件となるでしょうね。

大きなくくりで言えば、この20年ごとに進化の山が来ています。
20年前の1995年、ウィンドウズ95が発売され、
インターネットによる通信革命が一気に広がりました。
携帯電話も、阪神大震災の影響などで、普及し始めました。
さらに20年前の1975年は、電子回路のLSIが、
家庭用ゲーム機器などで広がり、映像革命が起こりました。
映画「スター・ウォーズ」の制作が開始されたのも、1975年です。
技術の進化によって、新たな価値が生まれ、
古い価値や仕事は、すたれてゆきました。

一方、この2015年は、AIやIoTが広がるなか、
大型リストラが多く見られました。
東芝7800人、シャープ3200人、ソニー2100人、
などなど。
それこそ、20年前、40年前は、
エレクトロニクスの雄であり、花形と言われた企業が、
業績不振にもがき苦しんでいます。
ヒト不足と言われる時代に、大量の人材流出です。

どうやら、ヒトの知能で稼ぐ時代から、
ヒト&AIの融合で稼ぐ時代に、動きつつあるのです。
例えば、
メガバンクが導入したワトソンは、コールセンター業務の
サポートに、まずは運用されてゆきます。
オペレーターと顧客の会話から、適切な回答やワードを、
瞬時にオペレーター側のモニターに表示させ、対応を支援する、
というわけです。
対応者の知識や経験を、補うのです。
しかしいずれは、その場からヒトはいなくなり、
人工音声で対応することに、なってゆくでしょうね。

AIを搭載したソフトバンクのロボット、ペッパー君も、
2015年に発売され、限定1000台が1分で売れました。
主要な接客は厳しいですが、
待ち時間などのイライラを解消させる対応には、役立っています。

結局、今年もっとも深刻であった、
ヒト不足、人財難、人的原因による不祥事、付加価値不足、
等を乗り越える術は、AIやIoTなどの新技術にある、と考えるのです。
ただ、それを決めるのは経営者であり、
先行してできるかどうかは財務状況次第、ということに、変わりはありません。
来年度も、足元を把握しつつ、先を見る目を磨き、
“それにつけても金のほしさよ”の思いで、
財務体質を磨いてほしいのです。

(古山喜章)

web拍手 by FC2

【DVD発売しました!】
DVD「社長の経営財務」を、
日本経営合理化協会より発売しました。
多くの経営者が苦手な、貸借対照表が、
これを見れば驚くほどよくわかります。
詳細&お買い求めはこちらからどうぞ。

【書籍のお知らせ】
「儲かる会社をつくるには、赤字決算にしなさい」(ダイヤモンド社)
が、おかげさまで発行数18000部を突破しました!
弊社でも、ご注文を受け付けております。
メールにてお問い合わせの方は、こちらをクリックしてください。

【ブログ-井上和弘の寄り道スケッチ】
道場主 井上和弘の趣味、旅、雑学など、
会社経営からちょっと離れた、日常生活をつづったブログ、
「井上和弘の寄り道スケッチ」もぜひご覧ください!
こちらをクリックしてください。

日本経営合理化協会のサイトにて、
「銀行交渉はこうしなさい!」音声配信を始めました。
図を見ながら音声を聞く、新たな配信形式です。
こちらからどうぞ。

LINEアプリのタイムラインにて、
巷で出会ったスイーツを、3行だけ書いて紹介する、
「スイーツ3行書く命」を配信しています。
ID:icofuruyama
で、LINE内で検索ください。

2015年12月28日 (月)

千載一遇のチャンス

今年の流行語大賞にノミネートされた中に
“アベ政治を許さない” というのがあって、私は驚きました。
民主党政権のあのデタラメ経済政策で多くの国民が苦しんだのです。

私はアベ政治を大いに評します。
民主党の経済政策は全く駄目でしたね。

特に評するのは資産の「一括償却」すなわち、
「生産性向上設備投資促進税制」という政策です。
こんな素晴らしい経済施策は
千載一遇のチャンスとして利用しない経営者は、
もったいないとしかいいようがありません

Sokuji

A型の冷暖房設備、ボイラー設備、省エネ照明など、工場、店舗、事務所は思い切って設備を一新し、旧設備は台帳からも落とせばいいと思うのですが・・・
工業会は、必ず購入業者に言えば証明書を出してくれます。


効果の高いのはB型の新設の建物、設備、構築物のすべてが即時償却できるのです。
私の指導先では、7億円の新工場、3億円の新店舗、
2億円の物流センター等々 これらは計画書と経済省の承認が必要です。

しかし、設備投資計画をつくればいいのです。
利益から5%あるROIを作成すればいいのです。作文です。
形式をきっちっと整えれば絶対に通るのです。

常に思うのですが 中小企業の管理課、社員、顧問税理士が
面倒臭がって作成することから逃げようとします。
経営者も分らないので 突っ込まないのです。

この促進税制も来年3月で終わりです(3月31日まで OK)
次年度は50%になりますが、延長してくれませんかね・・・・・

(井上和弘)

web拍手 by FC2

【18000部(第6刷)になりました!】
平成27年1月にダイヤモンド社から発売した、
「儲かる会社をつくるには、赤字決算にしなさい」
がおかげさまで、増刷を重ねつづけ、18000部になりました。
弊社でも、ご注文を受け付けております。
メールにてお問い合わせの方は、こちらをクリックしてください。

【DVD発売しました!】
DVD「社長の経営財務」を、
日本経営合理化協会より発売しました。
多くの経営者が苦手な、貸借対照表が、
これを見れば驚くほどよくわかります。
詳細&お買い求めはこちらからどうぞ。

【ブログ-井上和弘の寄り道スケッチ】
道場主 井上和弘の趣味、旅、雑学など、
会社経営からちょっと離れた、日常生活をつづったブログ、
「井上和弘の寄り道スケッチ」もぜひご覧ください!
こちらをクリックしてください

2015年12月25日 (金)

新たな設備投資は本当にないか? ③

“即時償却が使える間に、設備投資しなさい!”
と言うと、
“ウチはいまのところ、やることがないです。”
と、おっしゃる場合があります。
本当にそうなのでしょうか?

③ドローン

今年一気に認知が高まった機械ではないでしょうか?
リモコンで操作する、小型空中移動機器、です。
“ドローンを導入して、即時償却しました!”
という、検査会社がありました。
何に使うのかたずねたところ、
“ヒトが検査しにくい場所の写真や動画を撮ったりします!”
と答えてくれました。

モノを運ぶ、という機能も検討が進んでいます。
が、カメラやセンサーをつけてドローンを操作することでの
活用が、まずは広がるのではないでしょうか。
他には、
何かを吹き付ける、スプレー機能を持つドローン活用例も、
聞いています。
また、今行われているUSJのクリスマスイベントでは、
屋外での照明装置に、ドローンを活用しています。
これまでにはありえない照明効果をだしています。

セコムなどは、独自のドローン警備機器を独自開発しています。
警備機器にとって、固定ではない、ということが、画期的なのです。
カメラを持つ機器が、対象物を、追えるのです。

といっても、
“試験的に使って操縦していたら、行方不明になりました。”
“操縦を誤って、ぶつけて壊してしまいました。”
という声も、聴いています。
しかし、それらの先行導入企業は、すでにその失敗を糧に、前進できます。
だから、他社よりも早く、新たな機器を使いこなせるようになります。

特にドローンは、鉄人28号みたいなもので、
今のところは、いいも悪いもリモコン次第、です。
悪意ある者による、事故・事件報道も、たくさん見かけました。
それを使う人による、トラブルが多いです。
法整備や操作の自動化が、あるラインまで進んだとき、
さらに普及が進みそうです。

とはいえ、ドローンを
自社で活用できるものがないか、考えてみてほしいのです。
ドローンを活用することで、
これまで提供できなかった新たな価値を提供できたり、
人件費がかかってしかたがなかったサービスを安価にできたり、
するのです。
付加価値(売りモノ)の創造と、労務コスト削減に、
繋がるかもしれないのです。

研究開発として導入し試験運用すれば、
先端技術機器として、H29年3月末まで、
即時償却が可能なのですから。


(古山喜章)


web拍手 by FC2

【DVD発売しました!】
DVD「社長の経営財務」を、
日本経営合理化協会より発売しました。
多くの経営者が苦手な、貸借対照表が、
これを見れば驚くほどよくわかります。
詳細&お買い求めはこちらからどうぞ。

【書籍のお知らせ】
「儲かる会社をつくるには、赤字決算にしなさい」(ダイヤモンド社)
が、おかげさまで発行数18000部を突破しました!
弊社でも、ご注文を受け付けております。
メールにてお問い合わせの方は、こちらをクリックしてください。

【ブログ-井上和弘の寄り道スケッチ】
道場主 井上和弘の趣味、旅、雑学など、
会社経営からちょっと離れた、日常生活をつづったブログ、
「井上和弘の寄り道スケッチ」もぜひご覧ください!
こちらをクリックしてください。

日本経営合理化協会のサイトにて、
「銀行交渉はこうしなさい!」音声配信を始めました。
図を見ながら音声を聞く、新たな配信形式です。
こちらからどうぞ。

LINEアプリのタイムラインにて、
巷で出会ったスイーツを、3行だけ書いて紹介する、
「スイーツ3行書く命」を配信しています。
ID:icofuruyama
で、LINE内で検索ください。

2015年12月24日 (木)

M&A 実例

M&A 失敗に終わった実例

M&Aのお話は、
売る側と買う側の同意が保たれないことには実らないことになります。
私たちも意気込んで(報酬が高いから?) 仕事をしても
なかなか同意、ビジネスとして成立に至らないことが多いです。

失敗の例として
地方銀行からの話として持ち込まれたA案件
M&A業者から持ち込まれたB案件の2つがありました。

A案件もB案件もオーナー(売り側は女性でありました)

A案件は 老人ホームと考えてください。
所有者は三代目、創立者の娘さんで
60歳を過ぎた独り者の女性です。

二代目が学校法人の幼稚園をやめられておられ、
数年前に全額借入金で建設されていた。

幼稚園の経営も少子化時代に突入し、
かってのような収益性も見込めませんでした。

全額借入金で建ててスタートした老人ホームも人件費を支払うと、
返済金を計画通りに返済できず、資金繰りは火の車になっていた。

幼稚園も老人ホームも労働集約産業、
労務マネージメントにおいては、お嬢様でヒステリー性格ではやっていけず、
営業センスも全くなく、財務に至って知識は皆無でありました。

B案件も全くよく似た話でありました。
何しろ、A案件は銀行からいただいた資料でみても債務も多く、
売却価格は低いと思われました。

訪問して B/S(貸借対照表)にて
話を伺おうとしましたが、訪問を拒否されました。

B案件では、それではB/Sを拝見したいと申し上げたところ、
B/Sが出てこない。

間に入っているM&Aの業者も いざとなったら
「なぜ B/Sを出さなくてはならないのですか?
買う前に相手に秘密の資料なぜ・・・ 見せるはずがないじゃないですか!」
と言われてしまい、
何のための売買か、まるっきり理解していないのには頭を抱える有様です。

女性だけではないと思いますが、
このような経済音痴の方が、
経営できたものだと周りの人は嘆いていたのですね。

「はっきりした価格を言いもしないで、
なぜ こちらのB/S P/L等の資料を出さなくてはならないのか?」
さっぱりわからないと売主の女性経営者がおっしゃるのです。

そのために秘密協定を結ぶのだ、と言っても理解されないのです。
しかし、結局は、このことが悲劇を呼ぶのでしょうね・・・

(井上和弘)

web拍手 by FC2

【18000部(第6刷)になりました!】
平成27年1月にダイヤモンド社から発売した、
「儲かる会社をつくるには、赤字決算にしなさい」
がおかげさまで、増刷を重ねつづけ、18000部になりました。
弊社でも、ご注文を受け付けております。
メールにてお問い合わせの方は、こちらをクリックしてください。

【DVD発売しました!】
DVD「社長の経営財務」を、
日本経営合理化協会より発売しました。
多くの経営者が苦手な、貸借対照表が、
これを見れば驚くほどよくわかります。
詳細&お買い求めはこちらからどうぞ。

【ブログ-井上和弘の寄り道スケッチ】
道場主 井上和弘の趣味、旅、雑学など、
会社経営からちょっと離れた、日常生活をつづったブログ、
「井上和弘の寄り道スケッチ」もぜひご覧ください!
こちらをクリックしてください

2015年12月22日 (火)

あふれてきた、IoT

新聞、雑誌、書籍などで、IoTという言葉があふれてきました。
Internet of Things で、IoT、ですね。
モノが通信機能を持ち、他のものとのデータ通信や、
人に何かを知らせる、といったことが可能になるわけです。
今年の流行で言えば、アップルウォッチなど、
その典型でしょうね、
グーグルグラスのような、メガネ型端末も、そうでしょう。

データを採取・保管し、通信できる、という機能を持つことで、
単なる時計やメガネが、別の価値を生み出すものにかわる、
といった感じです。
要は、モノに、センサー、データ集積チップ、通信チップ、
を持たせるのです。

なんでもそうですが、
一気に普及し始める前に、言葉があふれてきます。
インターネット、クラウド、などが、そうでした。
(ユビキタスなど、行方不明になる言葉もありますが。)
IoTが、まさに今、普及寸前の空気を感じるのです。

この技術は、これまで単なるモノだったのが、
新たな付加価値を生み出すことができる、
という意味で、画期的なのです。

例えば、自動ドアやエレベーターなら、
動いた回数や状態など、リアルタイムの監視が可能になります。
で、点検や整備が必要になれば、サインを示すようにすればよいのです。
モノをIoT化することで、
あらゆるものの、整備や保全、というものが変わります。
時間軸での周期点検・整備から、より現実に即した整備・保全が、
可能になります。
そのほうが、ムダがなく、効率的で、お客様目線です。

建築設備・資材や自動車・飛行機の部品など、
安全性を求められるものは、
IoT化を進めるのに、うってつけです。
さまざまな偽装発覚等により、安全面において、
ヒトに頼るのは限界にきていることが、見えているからです。

単なるモノなら、納品すれば、それで終わりです。
そこに、センサー、通信が加わることで、
常に実データを集めて知らせる、という付加価値が生まれるのです。
これまでできなかった、あるいは、
できるけどコストがかかりすぎた、ことが、安価で可能になります。

IoT化されているモノは、まだまだ、ほんのわずかです。
今後、どんどん増えるでしょう。
モノを作る側は、自社のモノをIoT化すればどうなるのか?
使う側は、IoT化されたら良いモノはないのか?
を、考えてみてほしいのです。
それが、これからの売りモノ磨きにつながるのです。
普及の波が一気に押し寄せてきたとき、
出遅れないように、しておいてほしいのです。

(古山喜章)

web拍手 by FC2

【DVD発売しました!】
DVD「社長の経営財務」を、
日本経営合理化協会より発売しました。
多くの経営者が苦手な、貸借対照表が、
これを見れば驚くほどよくわかります。
詳細&お買い求めはこちらからどうぞ。

【書籍のお知らせ】
「儲かる会社をつくるには、赤字決算にしなさい」(ダイヤモンド社)
が、おかげさまで発行数18000部を突破しました!
弊社でも、ご注文を受け付けております。
メールにてお問い合わせの方は、こちらをクリックしてください。

【ブログ-井上和弘の寄り道スケッチ】
道場主 井上和弘の趣味、旅、雑学など、
会社経営からちょっと離れた、日常生活をつづったブログ、
「井上和弘の寄り道スケッチ」もぜひご覧ください!
こちらをクリックしてください。

日本経営合理化協会のサイトにて、
「銀行交渉はこうしなさい!」音声配信を始めました。
図を見ながら音声を聞く、新たな配信形式です。
こちらからどうぞ。

LINEアプリのタイムラインにて、
巷で出会ったスイーツを、3行だけ書いて紹介する、
「スイーツ3行書く命」を配信しています。
ID:icofuruyama
で、LINE内で検索ください。

2015年12月21日 (月)

会計資料を貯蔵する為に倉庫を借りる愚

先日、役員会議に出席していると 
会計資料を保存している倉庫が手一杯になったので、
新しく倉庫を遊休地に建てたいとの稟議書が回ってきた

そういえば 昔、100店舗ほどの外食店を展開する
㈱会社レスランテ(仮名)の本部事務所ビルの4階の倉庫を見た時、
レジシートが入った段ボール箱が
天井裏までぎっしりと積み上げられている様子を見て驚きました。

下の箱がつぶれて斜めになっており、
今にも山が崩れそうになっていました。

「なぜ、こんなに積んでいるのですか?」
「保管義務があるからです!」
「何年あるのですか?」
「知りません! 残せと言われるから残しているのです」
「何年 何月の資料を出せよ といわれたらどうだすのですか?」
「無理です。出せません!」
「部長以上の人がこの倉庫を見に来られたことはありますか?」
「ありません!」

私は、税務調査が終われば過去の紙ベースの資料は 
すべて処分しなさいと命令しています。
『7年間 残しておきなさい!』という事は存じております。

しかし、調査で30年間 1度たりとも4年以前の資料を出せ! 
と言われたことはありません。

そんな疑われるような事務処理をしていない自信を持っています。
どんな罰があるのでしょうか?・・・・

今やITの時代、元帳はすべてコンピューターに入り、残っています。
USBに残す。大容量のメモリーでバックアップすれば倉庫は要りません!

請求書も領収証も契約書もすべて 
書類はスキャンして保存すればいいではありませんか?

紙ベースで残す時代は 遠い過去になってしまっているのです。
わざわざ倉庫に仕舞い込む時代でしょうか?

(井上和弘)

web拍手 by FC2

【18000部(第6刷)になりました!】
平成27年1月にダイヤモンド社から発売した、
「儲かる会社をつくるには、赤字決算にしなさい」
がおかげさまで、増刷を重ねつづけ、18000部になりました。
弊社でも、ご注文を受け付けております。
メールにてお問い合わせの方は、こちらをクリックしてください。

【DVD発売しました!】
DVD「社長の経営財務」を、
日本経営合理化協会より発売しました。
多くの経営者が苦手な、貸借対照表が、
これを見れば驚くほどよくわかります。
詳細&お買い求めはこちらからどうぞ。

【ブログ-井上和弘の寄り道スケッチ】
道場主 井上和弘の趣味、旅、雑学など、
会社経営からちょっと離れた、日常生活をつづったブログ、
「井上和弘の寄り道スケッチ」もぜひご覧ください!
こちらをクリックしてください

2015年12月18日 (金)

新たな設備投資は本当にないか?②

“即時償却が使える間に、設備投資しなさい!”
と言うと、
“ウチはいまのところ、やることがないです。”
と、おっしゃる場合があります。
本当にそうなのでしょうか?

② 3Dプリンター

“3Dプリンターを導入して、即時償却しました!”
という会社がありました。
何に使うのかたずねたところ、
“試作品のパーツを作るのに、使います!”
と答えてくれました。
当然、3Dプリンターは、先端技術の機械ですから、
即時償却対象になるわけです。
この発想と、行動力が、立派です。

3Dプリンターも、活用の場が広がりつつあります。
試作品の部品もあれば、
旧型マシンの部品を成形している、という場合もあります。

これまでなら、
機械メーカーは、旧型マシンの部品の在庫を、
大量に抱えて対応していました。
機械が廃盤になっても、部品のみ取り扱う、
ということもありました。
その分、在庫コストは膨らんでいたのです。

が、その部品を3Dデータ化してしまえば、
必要な都度、3Dプリンターで、作成すればよいのです。
在庫は要らないのです。
モノをデータ化できる時代になってきたのです。
これは画期的です。

3Dプリンターが普及すれば、機械の部品はデータで買う、
という時代も見えつつあります。
そうなれば、
在庫コストも、物流コストも、不要です。

“このような新技術機械を、ウチで活用する方法はないか?”
それに気づき、いち早く行動できる企業が、
ライバルとの優位性を獲得できるのです。
それにはいつも、おカネのある企業が戸惑わずに、
新たな一歩を踏み出せます。
だから、財務に明るくなり、
おカネを残す努力を怠らないでほしいのです。

(古山喜章)


web拍手 by FC2

【DVD発売しました!】
DVD「社長の経営財務」を、
日本経営合理化協会より発売しました。
多くの経営者が苦手な、貸借対照表が、
これを見れば驚くほどよくわかります。
詳細&お買い求めはこちらからどうぞ。

【書籍のお知らせ】
「儲かる会社をつくるには、赤字決算にしなさい」(ダイヤモンド社)
が、おかげさまで発行数18000部を突破しました!
弊社でも、ご注文を受け付けております。
メールにてお問い合わせの方は、こちらをクリックしてください。

【ブログ-井上和弘の寄り道スケッチ】
道場主 井上和弘の趣味、旅、雑学など、
会社経営からちょっと離れた、日常生活をつづったブログ、
「井上和弘の寄り道スケッチ」もぜひご覧ください!
こちらをクリックしてください。

日本経営合理化協会のサイトにて、
「銀行交渉はこうしなさい!」音声配信を始めました。
図を見ながら音声を聞く、新たな配信形式です。
こちらからどうぞ。

LINEアプリのタイムラインにて、
巷で出会ったスイーツを、3行だけ書いて紹介する、
「スイーツ3行書く命」を配信しています。
ID:icofuruyama
で、LINE内で検索ください。

2015年12月17日 (木)

M&A 企業売却の実際

かしこい売却のやり方
長い経営コンサルタント指導歴の中で
株式会社大川産業 大川秋人(仮名)という経営者の名前が浮かびます。

大川氏は、大口物件の売買(土地、建物)の折、
担当者同士で価格が決まっていても、
必ず大川産業の代理人(不動産仲介業者)をたてて、
売買契約を結び、手数料を支払われます。

そんな多額な金額を支払っているのは
 “もったない”じゃありませんかと申し上げた時
「大口の物件の売買は 間にプロが入ってもらう事が、
後々 トラブルが発生しても安くつくのですよ!」と常々 おっしゃっていました。

食品地方問屋のみちのく産商の山形社長(仮名)から 相談を受けました。
「私は三代目ですが、よくよく考えてみると 
これからの食品問屋は地方だけに規模の小さいのでは将来やっていけないと思います」

「実は、今 ▲▲地方から後発でありながら
全国展開を行っている食品大問屋のH社から
会社を丸ごと売らないかとM&Aの会社から言われているのですが・・・
井上先生 どうでしょうか?」

小売市場のマーケットサイズ、商品品揃え、物流システム、種々考えた時、
今や地方の食品問屋の機能性、存在性は危機に瀕しています。

私は 山形社長の能力、まだ若い学生のご子息の能力を考えた時、
三代目であっても みちのく産商を欲しい会社があれば高額で売却し、
その資金でこれからの新しい事業に投資して行く方が賢明と思え、そのように答えました。

さっそく企業売却の件に関しては賛意を表したのですが、
続いて頼まれたのが売却のための経営指導でした。

山形社長にしてみれば 今まで会社など売ったこともないし、
間に入っているM&A専門会社が独自に試算して“企業価値”レポートを提示されたのです。

「高いのか?  安いのか?」さっぱりわからず、こうだ!
と言って反論する論理性も持ち合わせていないと言えます。

会社の値段は買う方は“安く”売る方は“高く”となり
これを決めるのが非常に難しいのです。

中小企業では 年買法(ねんばいほう)が使われる。

企業価値 =①自己資本(過去の利益の蓄積)+②のれん(将来得られるだろう利益)
 
①は、デューデリ(資産再評価)を行って、含み損、含み益を正しく把握する
②は、過去の利益をもとに、将来(3~5年程度)の予測を行う

買う側が一番こだわるのが、売掛金と在庫の中味の真実
 (しっかりと管理され、不良がないかどうか?)

買う側は 何社も今日までに買収の実績を積み、
M&Aの会社も中立であっても 今後のこともあり買う側の利益を考える。

我々 ICOコンサルテイングは どちらの経験もあり
火花の出る駆け引きに入り込み、
当初の提示額から4000万円上積みを得て、売却に合意したのです。

我々が売る側に立っての理論性を申し上げ、
売却金額を4000万円も上積を納得させたのです。
税制面、法的面もきっちりと指導したのは 勿論です。

(井上和弘)

web拍手 by FC2

【18000部(第6刷)になりました!】
平成27年1月にダイヤモンド社から発売した、
「儲かる会社をつくるには、赤字決算にしなさい」
がおかげさまで、増刷を重ねつづけ、18000部になりました。
弊社でも、ご注文を受け付けております。
メールにてお問い合わせの方は、こちらをクリックしてください。

【DVD発売しました!】
DVD「社長の経営財務」を、
日本経営合理化協会より発売しました。
多くの経営者が苦手な、貸借対照表が、
これを見れば驚くほどよくわかります。
詳細&お買い求めはこちらからどうぞ。

【ブログ-井上和弘の寄り道スケッチ】
道場主 井上和弘の趣味、旅、雑学など、
会社経営からちょっと離れた、日常生活をつづったブログ、
「井上和弘の寄り道スケッチ」もぜひご覧ください!
こちらをクリックしてください

2015年12月16日 (水)

罪子(ざいこ)を見る

とある会社の工場に向かいました。

その会社、
「不良在庫はすべて処分しています」
と言いながら、調べてみると
2,000万円くらい、不良在庫が出てきたのです。

「他にもあるに違いない」
と思って、工場に連れていってもらったのでした。

案の定、ありました、ありました。

「この棚の一番上の在庫、数えていますか?」
「この奥のすみっこにあるもの、ほこりをかぶってますよ」
「このアイテムの納品日、5年前ですね~」
「得意先の預かり在庫、預かりっぱなしになっていませんか?」

・在庫として数えていないもの
・不良在庫になっているもの
・得意先から預かったままになっているもの
掘れば、その分出てきました。

結局、現場から、
「不良在庫はすべて処分しました」
という報告をそのまま受けていると、
こうなってしまうのです。

年に1回くらいは、
現場の棚卸に立ち会って、
在庫を直接見る、ということをおススメします。

不良在庫の把握は、
データ上でももちろんできます。

しかし、棚卸のときに、
アイテムに小さなシールを貼り、
棚卸のたびに、違う色のシールを貼っておけば、
一目見ただけで、動きのないものがわかります。

Photo

棚卸は、在庫の残高を確かめることだけが、
目的ではありません。

数えていないものがないのか?
データでは見えない不良在庫がないか?
現場を見て、チェックしてほしいのです。

(福岡雄吉郎)

web拍手 by FC2

【18,000部(第6刷)になりました!】
平成27年1月にダイヤモンド社から発売した、
「儲かる会社をつくるには、赤字決算にしなさい」
がおかげさまで、増刷を重ねつづけ、18000部になりました。
弊社でも、ご注文を受け付けております。
メールにてお問い合わせの方は、こちらをクリックしてください。

【DVD発売しました!】
DVD「社長の経営財務」を、
日本経営合理化協会より発売しました。
多くの経営者が苦手な、貸借対照表が、
これを見れば驚くほどよくわかります。
詳細&お買い求めはこちらからどうぞ。

【ブログ-井上和弘の寄り道スケッチ】
道場主 井上和弘の趣味、旅、雑学など、
会社経営からちょっと離れた、日常生活をつづったブログ、
「井上和弘の寄り道スケッチ」もぜひご覧ください!
こちらをクリックしてください

2015年12月15日 (火)

新たな設備投資は本当にないか?

“即時償却が使える間に、設備投資しなさい!”
と言うと、
“ウチはいまのところ、やることがないです。”
と、おっしゃる場合があります。
本当にそうなのでしょうか?

① 店舗のレジ

通信環境の向上とタブレットPCの普及により、
小売店や飲食店などで、レジのタブレット化が進んできました。
すでに、さまざまな形が登場しています。
メリットはいくつかあります。
が、真っ先に挙げられるのは、
インターネット環境を活用することで、
本部サイドで遠隔管理しやすくなった。
情報共有がしやすくなった。小型化した。
おかげで店舗の手間が軽減された。
ということです。

例えば、
小売店のレジでは、商品マスターの改訂が、
やっかいな作業でした。
各店舗でデータの取り込み作業をしていました。
それも、少し古いレジだと時間もかかります。
店舗でのわずらわしい作業が、
本部で一括できるようになったのです。

加えて、各店のデータを、リアルタイムで、
スマホで見れるように連動させることも、
可能です。
常に素早く現状把握ができ、ロス削減にも活用できます。

飲食店では、メニューや注文さえ、
各テーブルでのタブレット化が進んでいます。
客にすれば、愛想のない接客をされるより、ずっといいです。
スタッフを呼ぶ、客の手間も、なくなります。

取り巻く環境はどんどん変わり、
これまで使っていた機器も、絶えず進化しているのです。
最新設備により、生産性向上に繋がるのなら、
導入を検討し、進めてほしいのです。
労務コスト向上を嘆くなら、
その策のひとつとなる設備に、目を向けるべきなのです。
リース資産であっても、買取りオプションを付ければ、
即時償却制度を活用できるのですから。

(古山喜章)


web拍手 by FC2

【DVD発売しました!】
DVD「社長の経営財務」を、
日本経営合理化協会より発売しました。
多くの経営者が苦手な、貸借対照表が、
これを見れば驚くほどよくわかります。
詳細&お買い求めはこちらからどうぞ。

【書籍のお知らせ】
「儲かる会社をつくるには、赤字決算にしなさい」(ダイヤモンド社)
が、おかげさまで発行数18000部を突破しました!
弊社でも、ご注文を受け付けております。
メールにてお問い合わせの方は、こちらをクリックしてください。

【ブログ-井上和弘の寄り道スケッチ】
道場主 井上和弘の趣味、旅、雑学など、
会社経営からちょっと離れた、日常生活をつづったブログ、
「井上和弘の寄り道スケッチ」もぜひご覧ください!
こちらをクリックしてください。

日本経営合理化協会のサイトにて、
「銀行交渉はこうしなさい!」音声配信を始めました。
図を見ながら音声を聞く、新たな配信形式です。
こちらからどうぞ。

LINEアプリのタイムラインにて、
巷で出会ったスイーツを、3行だけ書いて紹介する、
「スイーツ3行書く命」を配信しています。
ID:icofuruyama
で、LINE内で検索ください。

2015年12月14日 (月)

M&A②

貸借対照表(B/s)が理解できない母と息子

県内に7か所の食品スーパーを展開するタナベスーパー(仮名) 
30年間、地域では かっては 愛されるお店であったが、
県外からの元気の良いスーパーやデイスカウントストアー、ドラッグストアに攻められて、
往年の勢いは減り、収益性も落ち込んでいました。

それ以上に 他社の出店攻勢に対して無理して出店したため 
銀行借入金が膨れ上がっています。
Ma

70歳を迎えようとしている老経営者にとって、
ここ数年の月々の返済金に悩まされ、
仕入先の買掛金は待ってもらい、増加するばかりでありました。

この際、話のあったX社からのM&Aの話にのり 
会社を売却しようと考えたのです。
そして、マツオカスーパー(仮名)に話が持ち込まれ、買収の意図ありとの約束を得ました。

勿論、妻と常務である息子(38歳)に相談したのですが、妻は大反対です。
地元の顔を非常に気にしたのでした。
息子は 学校卒業以来、他人の飯を食ったことがなく、
今さら、どこで働けるのか? 不安でいっぱいで反対。

両名とも なぜ、売却をしなければならないのか理解できないのでした。

P/L上の収益には 赤字は出ているわけではないのです.
しかし。金融機関は、もうこれ以上の借入金の増額には応じてくれません。

打つ手は仕入れ先の問屋に在庫資金分として 
6か月の手形で回すことにして、結局 妻と息子の意に応じ、
売却の話は破談になったのです。

しかし、3年後、X社へのタナベスーパーへの売却話が再び持ち込まれ、
当然、私たちマツオカスーパー側としてB/Sを拝見させていただいたのですが、

買掛金が7.5億に膨らみ、純資産も1億円減る有様になっていました。
聞けば仕入問屋も与信が増えるばかりで 
とうとう手を引くという事になったとのことです。

年々のP/Lの経常利益や税前利益が黒字であったとはいえ、
在庫や固定資産が増加すれば買掛金や借入金(調査)が、
増加するのは当たり前であり、
それの返済金が回らないと たちまち銀行も仕入れ業者も応じてはくれなくなるのです。

M&Aをして会社を売却するとなると
不良在庫・不良固定資産・退職金等種々のものがあぶりだされ
それらの含み損は売値である自己資本(純資産)を食ってしまい
(含み益があれば別ですが) 借金の肩変わりをしてもらうだけで 
ほとんどお金が手元には戻ってこないのです。

M&Aは成立しました。
息子は幹部として置いてもらいましたが、
売却代金は30年間の信用といえ、
陳列してある売物商品は不良在庫であり、
経営努力は無価値状態で、そして、マツオカスーパーの3倍の高い金利を払っていました。

年老いた田辺社長は、失意の中での引退でした。
3年前であれば もう少しましであったものが・・・・

(井上和弘)

web拍手 by FC2

【18000部(第6刷)になりました!】
平成27年1月にダイヤモンド社から発売した、
「儲かる会社をつくるには、赤字決算にしなさい」
がおかげさまで、増刷を重ねつづけ、18000部になりました。
弊社でも、ご注文を受け付けております。
メールにてお問い合わせの方は、こちらをクリックしてください。

【DVD発売しました!】
DVD「社長の経営財務」を、
日本経営合理化協会より発売しました。
多くの経営者が苦手な、貸借対照表が、
これを見れば驚くほどよくわかります。
詳細&お買い求めはこちらからどうぞ。

【ブログ-井上和弘の寄り道スケッチ】
道場主 井上和弘の趣味、旅、雑学など、
会社経営からちょっと離れた、日常生活をつづったブログ、
「井上和弘の寄り道スケッチ」もぜひご覧ください!
こちらをクリックしてください

2015年12月11日 (金)

少人数私募債 同族・役員の金利受取方法を見直す

資金調達のひとつとして、
“少人数私募債を活用しなさい!”
と、ICOでは言い続けています。
そのメリットのひとつであった、
“受取金利は源泉分離課税の20%だけ!”
が、同族・役員については、今月で終了します。

平成28年1月1日以降、受け取る金利は、
すべて、総合課税になります。
と、いうことは、
平成27年12月31日までに受け取った金利は、
同族・役員であっても、これまでどおり、
20%の源泉分離課税、ということです。

例えば、
金利が年払いになっていて、
平成28年1月1日をまたぐ、という場合、
平成27年12月○日を起点として、年払いから月払いに変える、
という、「金利の支払方法に関する覚書」を、
私募債発行会社と引受人で交わせばよいのです。

会社側としては、毎月の金利支払いに変えることで、
・未払処理が減る。
・月次損益をより明確に把握できる。
というメリットがあげられます。
その要望に、引受人が対応した、ということになります。

で、この12月に、会社側は、
ここまでの何か月分かの金利を清算し、引受人に支払います。
そうすれば、引受人は、
その分を、源泉分離課税で対応できる、ということです。
平成28年1月からは、総合課税として、
毎月処理すればよいのです。

さして大きな金額ではないかもしれません。
が、毎年1月や2月に、
年間金利を受け取ることになっているなら、
ほうっておくのはもったいない金額のはずです。
気になる方は、ICOまで、お問合せください。

(古山喜章)


web拍手 by FC2

【DVD発売しました!】
DVD「社長の経営財務」を、
日本経営合理化協会より発売しました。
多くの経営者が苦手な、貸借対照表が、
これを見れば驚くほどよくわかります。
詳細&お買い求めはこちらからどうぞ。

【書籍のお知らせ】
「儲かる会社をつくるには、赤字決算にしなさい」(ダイヤモンド社)
が、おかげさまで発行数18000部を突破しました!
弊社でも、ご注文を受け付けております。
メールにてお問い合わせの方は、こちらをクリックしてください。

【ブログ-井上和弘の寄り道スケッチ】
道場主 井上和弘の趣味、旅、雑学など、
会社経営からちょっと離れた、日常生活をつづったブログ、
「井上和弘の寄り道スケッチ」もぜひご覧ください!
こちらをクリックしてください。

日本経営合理化協会のサイトにて、
「銀行交渉はこうしなさい!」音声配信を始めました。
図を見ながら音声を聞く、新たな配信形式です。
こちらからどうぞ。

LINEアプリのタイムラインにて、
巷で出会ったスイーツを、3行だけ書いて紹介する、
「スイーツ3行書く命」を配信しています。
ID:icofuruyama
で、LINE内で検索ください。

2015年12月10日 (木)

M&A(会社売買)

はじめてM&Aの現場に立った時、
昭和59年(1984年)私が 独立開業して間もない時、
私はスーパーダイエー(中内 功社長)の子会社である
キャプテンクック(集団給食 ファミリーレストラン、ダイエー系の外食系)と
指導契約して仕事をしていました。

取締役谷川支配人(彼が最高責任者)が
「井上先生! が言っていたように 
持ち帰り弁当のホカホカ亭(田淵社長)は、
ダイエーグループとして買収されて わが社のグループ企業でしたわ!」
と私の事務所に電話が入りました。

ホカホカ亭は田淵社長が
一代で築き上げた街角にある持ち帰り弁当屋としての新しいカテゴリーを創業し、
「シャケ弁」は、その頃では(昭和60年代)昼食革命を起すほどになっていました。

まさかその弁当チェーンを他社に売り渡すなどとは町中では、
誰しもが考えないことであったが、
私のルートから ホカホカ亭はスーパーダイエーに売却したらしい
との噂が耳に届いていました。

ヤマハ発動機の副社長を終えた川島氏が
ダイエーの子会社再建のために乗り込んでこられ、
キャプテンクックも赤字垂れ流しの状況で、
谷川支配人は、毎月、川島副社長に呼び出されていましたが、
私どもの協力もあって黒字に転換したところでありました。

谷川支配人は、キャプテンクックを黒字化した功績により、
ホカホカ亭の副社長として乗り込み、
今は田淵氏が社長であるが、次はお前に任すとなったのである。

中内氏から辞令をもらう時に 谷川支配人は、中内社長に質問したそうです。

「なぜ ダイエーがホカホカ亭のような会社を買収しなければならないのですか?  
財務内容を見ても決してよくはなく、数多く見える店舗は 
フランチャイズチエーンの店主で、
ダイエーやホカホカ亭に忠誠心があるわけでもありませんが?・・・」

中内氏曰く
「これだけの店舗数とそこで働く従業員、
店名の認知度を確保するだけに費やす金と時間を考えたら
P/Lや B/Sでは計算できないよ!」

中内社長に言わせれば 
「企業成長戦略は企業買収(M&A)方法により拡大を図る。
時間は、お金では買えないが、買えるのだ!」というわけです。

10年 15年、20年 かかって出来上がった会社をお金で買えばいいのだ。
あっという間に300億円の年収の会社が自社に加わることが出来るのだ、
という考え方です。

(井上和弘)

web拍手 by FC2

【18000部(第6刷)になりました!】
平成27年1月にダイヤモンド社から発売した、
「儲かる会社をつくるには、赤字決算にしなさい」
がおかげさまで、増刷を重ねつづけ、18000部になりました。
弊社でも、ご注文を受け付けております。
メールにてお問い合わせの方は、こちらをクリックしてください。

【DVD発売しました!】
DVD「社長の経営財務」を、
日本経営合理化協会より発売しました。
多くの経営者が苦手な、貸借対照表が、
これを見れば驚くほどよくわかります。
詳細&お買い求めはこちらからどうぞ。

【ブログ-井上和弘の寄り道スケッチ】
道場主 井上和弘の趣味、旅、雑学など、
会社経営からちょっと離れた、日常生活をつづったブログ、
「井上和弘の寄り道スケッチ」もぜひご覧ください!
こちらをクリックしてください

2015年12月 9日 (水)

「ムリ」と言われたオフバランス③

前回の続きです。

次に地元の顧問税理士から指摘されていたことは、
「②売却額を、不動産鑑定士の評価額から、
さらに25%程度引き下げていること」
これが、税務署から否認される!とのことでした。

不動産鑑定士が出す評価額、というのは、
10人いれば、10人違う答えになります。
正解はありません。

それは、評価を計算するときに、
様々なところで、“見積もり”が入ってくるからです。

・土地の評価額の見積もりなら、
地価の下落率をどう考えるか?
・賃貸物件なら、賃料・稼働率をどうみるか?
・コストがどれくらいかかるのか?
などなど、すべて見積もったうえで、
評価額の計算を行うのです。

だから、鑑定士によって評価額が違うのです。

そして、鑑定士は、
ある程度、こちらの希望を聞いてくれます。
「評価額は高めがいいですか?低めがいいですか?」
こう聞いてくれるのです。

X社の専務は鑑定士に依頼をし、
その1カ月後、“低め”の鑑定評価額を出してもらいました。

私たちは、
そこからさらに25%引き下げて決済させました。
理由は2つです。

①そもそも鑑定評価額というのは、
絶対的なものでなく、あくまで参考値なのです。
実際に、売買の交渉になったとき、
買い手がどうしても欲しければ、値段は高くなるし、
売り手がどうしても売りたければ、値段は安くなります。

今回は、売り手が”財務体質強化”を名目に、
とにかく土地を売りたかったということにしたのです。

②X社が売却した土地は、”工業用”の土地です。
付近の状況を調べると、
土壌汚染の可能性がないとは言えなかったのです。

なので、
『X社が土地を売却したあとに、
万が一、土壌汚染が発覚したら、
取得者には、追加対応コストが○○百万円も必要になる。
だから土地の売却価格を引き下げてくれ』ということにしたのです。

そして、この①②について、
交渉記録を、しっかりと残してもらったのです。

X社は、税務調査の当日、
「売買金額はどのように決定されましたか?」
と質問を受けました。

X社の専務は、ドキドキしながら、
①②の交渉記録をエビデンスとして提出したのです。

調査官はエビデンスに目を通したあと、一言だけ言いました。
「なるほど、わかりました」

これで、なんなく調査を乗り越えたのです。

(福岡雄吉郎)


web拍手 by FC2

【18,000部(第6刷)になりました!】
平成27年1月にダイヤモンド社から発売した、
「儲かる会社をつくるには、赤字決算にしなさい」
がおかげさまで、増刷を重ねつづけ、18000部になりました。
弊社でも、ご注文を受け付けております。
メールにてお問い合わせの方は、こちらをクリックしてください。

【DVD発売しました!】
DVD「社長の経営財務」を、
日本経営合理化協会より発売しました。
多くの経営者が苦手な、貸借対照表が、
これを見れば驚くほどよくわかります。
詳細&お買い求めはこちらからどうぞ。

【ブログ-井上和弘の寄り道スケッチ】
道場主 井上和弘の趣味、旅、雑学など、
会社経営からちょっと離れた、日常生活をつづったブログ、
「井上和弘の寄り道スケッチ」もぜひご覧ください!
こちらをクリックしてください

2015年12月 8日 (火)

レガシーシステムにケリをつけなさい!

システムの世界では、旧型タイプのことを、
レガシーシステム、と言います。
「レガシー」とは、「遺産」を意味します。
“えぇっ!まだ使ってるんですか!”
というものは、レガシーシステムなのです。

今も時折見かけるレガシーシステムは、
いわゆる、オフコンです。
1980年代後半から登場し、90年代には、
中小企業にも広がりました。
私もかつて在籍した企業で、導入に関わりました。
“サーバーを置く場所がいる!”
“サーバー室はずっと冷やしておかないと!”
“震災でサーバーに異常が出てる!”
“2000年問題で何が起こるかわからない!”
画期的ではあったものの、まあ振り回されました。
保守費用やちょっとしたカスタマイズ費用も、膨大です。
オフコン専用のモニターやキーボードも必要です。
なにより面倒なのが、使い勝手です。
パソコンほどの自由さ、簡便さがありません。

その後、
時代は変わり、ネットワークサーバーやクラウドなど、
通信環境の改善により実現してきたシステムに、
多くの企業は移行してゆきました。
それでも、
“まだオフコンですか!?”という場面があるのです。
で、システム担当者は、こう言います。
“いやぁ、いろいろ検討しましたが、
 これが一番、うちには使い勝手がいいんですよ。”
“基幹システムを切り替えるのは、大変ですから。”
“コストが高いのと、セキュリティを考えると、
現状のものがベストです。”
そういう担当者は皆、オフコン導入時に関わった人ばかりです。
導入時には、かなりの苦労をしています。
手塩にかけて構築してきたシステムに、愛着が深いのです。
もちろん、オフコンのことを誰よりも理解しています。
だから、そこから抜け出せないのです。

“うちと同じ事業を後発組が取り組むとして、
 今さらオフコンなんて、使いますか?”
“いや、まあ、それはないでしょうね。”
“じゃあ変えればいいじゃないですか?”
“いや、それでもうちはオフコンがベストなんですよ。”
“あなたはあと数年で定年だけど、あとのこと考えてくれてるの?”
などとなるのです。

ご存知のとおり、システム導入費用は、
投資促進税制である、即時償却の対象です。
今なら一括償却できるのです。全額損金計上できるのです。
中小企業は、平成29年3月末まで可能です。
今からなら、間に合うはずです。

太陽光発電はじゃんじゃんやるのに、
それよりもっと重要な、基幹システムの変更に手を付けないのは、
もったいない話しなのです。

(古山喜章)


【DVD発売しました!】
DVD「社長の経営財務」を、
日本経営合理化協会より発売しました。
多くの経営者が苦手な、貸借対照表が、
これを見れば驚くほどよくわかります。
詳細&お買い求めはこちらからどうぞ。

【書籍のお知らせ】
「儲かる会社をつくるには、赤字決算にしなさい」(ダイヤモンド社)
が、おかげさまで発行数18000部を突破しました!
弊社でも、ご注文を受け付けております。
メールにてお問い合わせの方は、こちらをクリックしてください。

【ブログ-井上和弘の寄り道スケッチ】
道場主 井上和弘の趣味、旅、雑学など、
会社経営からちょっと離れた、日常生活をつづったブログ、
「井上和弘の寄り道スケッチ」もぜひご覧ください!
こちらをクリックしてください。

日本経営合理化協会のサイトにて、
「銀行交渉はこうしなさい!」音声配信を始めました。
図を見ながら音声を聞く、新たな配信形式です。
こちらからどうぞ。

LINEアプリのタイムラインにて、
巷で出会ったスイーツを、3行だけ書いて紹介する、
「スイーツ3行書く命」を配信しています。
ID:icofuruyama
で、LINE内で検索ください。

2015年12月 7日 (月)

除外合意(?) ②

法律的に弁護士を立てて 相続に関して遺言や合意書などと言わずに、
子供たちが18歳以上になれば、
全員 集めて 会社存続の為に 我が家の将来について
子供たちに文章(箇条書)に書いたものを渡し、
サインの同意をもらいなさいとアドバイスをしています。

相続トラブルの原因は お金と 権力 と 女 が 元になっています。
お金は損得、多い少ない
権力は 権限、支配
女は 母(妻)と相続に連れ合い 女房(女) である

子供たちが金銭的に困らず、
平和な生活を確保してくれればいいが、すべて異なります。

権力とは 小・中・高・大学と若い間は年齢の上の方が学力も腕力も優れています。
40歳以上になれば差はなくなってきます。
女性は理性ではなく、好き嫌いの感情が後先し、
兄弟仲良くも 妻によって、仲が悪くなったりすることがあります。
女性は感情が絡む相続においてトラブルの原因になります。

会社の持ち株は 経営を託する者に集中してくださいと 申し上げています。
分散させないでくださいと申し上げています。

よって、会社の運営は 相続する者に、
それ以外の不動産や投資有価証券や現金を分け与えていただきたい。

会社は、潰されずに存続させること。
内で争って、見苦しい事だけは社長にはしてほしくないですね。
大塚家具を見るまでもなく「みっともない!」
両親ともに世の笑いものにならないようにしてほしいものです。

株式などは 不必要な者には全くの価値がない。
それでいて相続評価は高い。
対策のあるのを知らず、ほっておくことは大罪です。

子供たちが若いうちに どういう方針で分け与えるかは 同意を取ってほしいのです。

父は若ければ若いほど力があるのです。
80歳以上は もう 男でも父でもなく、
コケウコッコーと朝ですよと知らす役目も忘れて老鶏になってしまいます。

(井上和弘)

【18000部(第6刷)になりました!】
平成27年1月にダイヤモンド社から発売した、
「儲かる会社をつくるには、赤字決算にしなさい」
がおかげさまで、増刷を重ねつづけ、18000部になりました。
弊社でも、ご注文を受け付けております。
メールにてお問い合わせの方は、こちらをクリックしてください。

【DVD発売しました!】
DVD「社長の経営財務」を、
日本経営合理化協会より発売しました。
多くの経営者が苦手な、貸借対照表が、
これを見れば驚くほどよくわかります。
詳細&お買い求めはこちらからどうぞ。

【ブログ-井上和弘の寄り道スケッチ】
道場主 井上和弘の趣味、旅、雑学など、
会社経営からちょっと離れた、日常生活をつづったブログ、
「井上和弘の寄り道スケッチ」もぜひご覧ください!
こちらをクリックしてください。

2015年12月 4日 (金)

言ってみないとわからない

財務の健全化を進めるうえで、
言ってみなければわからない、
ということがあります。
言わずして、
“それは、無理じゃないでしょうか?”
と、あきらめてしまっているのです。

例えば、こんなことがありました。
会社所有の古い土地を、全く別の会社に貸し、
家賃収入を得ている、という会社がありました。
よくあるパターンです。
本業で使う土地ではないのですが、
当然、固定資産に計上されています。
その分、総資産は大きくなっています。
その会社を取り巻く経営環境は厳しく、
借入金も、そこそこあります。
その借入金を、早期に返済したいのですが、
返済原資が思ったように出てきません。

“その土地、借りてもらっている会社に、
買ってもらったらいいじゃないですか?”
と言いました。
そうすれば、返済原資ができるのです。
“いやぁ、そうとも考えたのですが、
買ってくれるかなぁ、と思っていまして・・・。”
“言ってみたんですか?”
“いや、言ってはないんです。”
“じゃあ、わからないじゃないですか。”
というやりとりがあり、言ってみたわけです。

“売れました!びっくりしました!”
それも、価格が低いころに取得した土地です。
今の相場は、帳簿価格の倍くらいです。
“簿価の2倍以上で買ってくれる事になりました!
 今度は節税を考えないといけないですね!”
と、なったのです。
そこは、都心ではなく、かなりの地方です。
こんな場所の土地が売れるはずがない、
と、その経営者は心のどこかで思いこんでいたのです。
加えて、本気で困っていなかった、のです。
言わずして、きめつけていたのです。

しかし、実際にそうかどうかは、
言ってみなければわからないです。
仮にダメであっても、別に不利益はありません。
そのような意志表示をしておけば、いつか、
“やっぱり買いたいんだけど。”
と申し出てくることだって、あるのです。

やってみればいい、言ってみればいい、と思いながら、
できていない、ということは、何につけ、よくあります。
理由はさまざまですが、
リスクを伴わず、財務の健全化につながるのなら、
言ってみればよいのです。

(古山喜章)

【DVD発売しました!】
DVD「社長の経営財務」を、
日本経営合理化協会より発売しました。
多くの経営者が苦手な、貸借対照表が、
これを見れば驚くほどよくわかります。
詳細&お買い求めはこちらからどうぞ。

【最新書籍のお知らせ】
「儲かる会社をつくるには、赤字決算にしなさい」
がダイヤモンド社から発売中です。
弊社でも、ご注文を受け付けております。
メールにてお問い合わせの方は、こちらをクリックしてください。

【ブログ-井上和弘の寄り道スケッチ】
道場主 井上和弘の趣味、旅、雑学など、
会社経営からちょっと離れた、日常生活をつづったブログ、
「井上和弘の寄り道スケッチ」もぜひご覧ください!
こちらをクリックしてください。

日本経営合理化協会のサイトにて、
「銀行交渉はこうしなさい!」音声配信を始めました。
図を見ながら音声を聞く、新たな配信形式です。
こちらからどうぞ。

LINEアプリのタイムラインにて、
巷で出会ったスイーツを、3行だけ書いて紹介する、
「スイーツ3行書く命」を配信しています。
ID:icofuruyama
で、LINE内で検索ください。

2015年12月 3日 (木)

除外合意(?) ①

相続問題が持ち込まれても、
私も解決のしょうのない困った事が発生します。

小玉 司 若社長(60歳)仮名は、
55歳で先代 義太郎氏から経営を引き継ぎました。
その折、父との相談で株式も原則価格(類似業種)で
有名会計法人に入ってもらい、売買を終了させていました。

その間、市場が変化することで売り上げ規模も5倍に、
収益においても10倍と飛躍的に成長させました。

昨年、義太郎氏は、83歳でお亡くなりになりました。
そこで、兄弟の相続、遺留分財産算定となりました。
相続となると兄弟いろいろな思惑が入ります。

遺留分金額が、相続人が仲よく決定すれば問題はないのですが、
相続人間の人間関係が悪ければ大変な問題になります。

生前に売買で受けている株式は、
遺留分算定財産に加算されてしまい、
その総額は税法で計算すると 
この計算式とは異なるDCF法(デイスカウント キャッシュ フロー)方式といい、
企業買収の時に使われる金額算出法になってしまう。

これでは 会社継承者はたまったものではなく、相続税金額も多額になります。


私もこのような問題に直面し、調査をしていくうえで、
平成20年5月1日中小企業経営承継円滑法が生まれ、施行されています。

後継者が旧代表から贈与により取得した会社の株式価格を
遺留分を算定しない、遺留分から外す、
適合除外となるという法律なのです。

参考資料
4条
一 当該後継者が当該旧代表者からの贈与又は当該贈与を受けた
旧代表者の推定相続人からの相続、遺贈若しくは贈与により取得した
当該特例中小企業者の株式等の全部又は一部について、
その価額を遺留分を算定するための財産の価額に算入しないこと。

ほとんど知らないのではないでしょうか!
しかし、小玉社長の場合、
平成21年以前で この適合除外とはならないのです・・・・・

(井上和弘)

【DVD発売しました!】
DVD「社長の経営財務」を、
日本経営合理化協会より発売しました。
多くの経営者が苦手な、貸借対照表が、
これを見れば驚くほどよくわかります。
詳細&お買い求めはこちらからどうぞ。

【最新書籍のお知らせ】
「儲かる会社をつくるには、赤字決算にしなさい」
がダイヤモンド社から発売中です。
弊社でも、ご注文を受け付けております。
メールにてお問い合わせの方は、こちらをクリックしてください。

【ブログ-井上和弘の寄り道スケッチ】
道場主 井上和弘の趣味、旅、雑学など、
会社経営からちょっと離れた、日常生活をつづったブログ、
「井上和弘の寄り道スケッチ」もぜひご覧ください!
こちらをクリックしてください。

2015年12月 2日 (水)

「ムリ」と言われたオフバランス②

前回の続きです。

地元の顧問税理士からまず指摘されたのが、

①売却先は、永い間活動を休止していた、
いわゆる休眠会社であること

休眠会社は、ここ5年近く活動をせずに、眠ったままでした。
この会社を、不動産管理会社として活用することで、
含み損を吐き出そうとしたことが、「危ない」と言われたのです。

これに対して、
私たちがとった対策は、次のとおりです。

この会社は、“●●工業”という名前でした。
とても、不動産会社には似つかわしくない名前です。
もともと、部品製造の会社として設立していたのです。

なので、
①会社名(商号)を変更した
 “××ホールディングス”としました。
 “××地所”“××エステート”とう名前でもよいでしょう。

②次に、事業の目的として、
不動産賃貸、管理を追加することにしました。

→これらについて、株主総会を開催し、定款を変更ました。
もちろん、株主総会の議事録を残します。

③次に、不動産を購入した場合の、
長期(20年)の事業計画を作成しました。
・いくら資金が必要なのか?
・いくらの家賃に設定すれば採算が合うか?
を細かくシュミレーションし、
それを具体的に、
事業計画表1枚に落としこんでゆきました。

④資金は、親会社からの貸付ではなく、
地元の地方銀行から資金調達しました。
(親会社の保証は付けました)

⑤不動産の取得にあたっては、
取締役会を開催し、
議事録にもその旨をしっかりと残しました。

一つ一つエビデンスを積み上げることで、
この会社をグループの不動産部門として、
客観的にもわかるように、位置付けていったのです。

(福岡雄吉郎)

【DVD発売しました!】
DVD「社長の経営財務」を、
日本経営合理化協会より発売しました。
多くの経営者が苦手な、貸借対照表が、
これを見れば驚くほどよくわかります。
詳細&お買い求めはこちらからどうぞ。

【最新書籍のお知らせ】
「儲かる会社をつくるには、赤字決算にしなさい」
がダイヤモンド社から発売中です。
弊社でも、ご注文を受け付けております。
メールにてお問い合わせの方は、こちらをクリックしてください。

【ブログ-井上和弘の寄り道スケッチ】
道場主 井上和弘の趣味、旅、雑学など、
会社経営からちょっと離れた、日常生活をつづったブログ、
「井上和弘の寄り道スケッチ」もぜひご覧ください!
こちらをクリックしてください。

2015年12月 1日 (火)

かんちがい経営があふれている ③

経営に携わる立場の方とお話ししていると、
“えっ?”と思わされる発言に出会います。
かんちがい経営が、あちらこちらにあふれているのです。

③この株があるから取引してくれる

今年度、東京取引証券所が、「企業統治方針」、
いわゆる「コーポレートガバナンスコード」を導入しました。
上場会社は、持ち合い株に対して、
説明を求められることになったのです。
上場株式の時価の16%は、持ち合い株だと言われています。

確かにかつて、株式を持ち合うことによって、
互いの信用が成り立つ、という時代があったのでしょう。
しかし今や、さまざまな情報開示が進み、
その環境も変わりました。
株式をもっているからといって、
信用に繋がるような時代は、とうの昔に終わっているのです。

しかしながら、
取引銀行の株式を保有している中小企業を、
今も見かけます。
“なんで持ってるんですか?”と聞くと、
“これがあるから貸してくれるんですよ。”
と、本気で答える方が、おられるのです。
“売りなさい!”と言っても、
“売って大丈夫ですか????”と、気にするのです。
“そもそも、そんなわずかな株をもっていようが、
 売却しようが、あの銀行になんの影響もないでしょ!”
で、こわごわ、銀行に相談します。
“どう言われました?”とお聞きします。
“ご自由にどうぞ、とそっけなく言われました。”
となったのです。

株式を持っているから取引が有利に働く、
ということは、今やありません。
特に銀行は、決算書による、
格付け(スコアリング)がすべてです。
なかでも、営業利益と自己資本比率は、
最も大きな配点要素です。

取引に関係のない株式が資産に含まれていれば、
総資産は、そのぶん膨らみます。
つまり、自己資本比率は下がり、悪化するのです。
そんな株式は、資産にないほうが、いいのです。

銀行以外の取引先でも同様です。
不要な株式を売却して現金化し、借入金を返済するのです。
そうすれば、総資産は縮みます。
総資産を圧縮したほうが、取引に有利な財務体質に、
近づけることができるのです。

(古山喜章)


【DVD発売しました!】
DVD「社長の経営財務」を、
日本経営合理化協会より発売しました。
多くの経営者が苦手な、貸借対照表が、
これを見れば驚くほどよくわかります。
詳細&お買い求めはこちらからどうぞ。

【最新書籍のお知らせ】
「儲かる会社をつくるには、赤字決算にしなさい」
がダイヤモンド社から発売中です。
弊社でも、ご注文を受け付けております。
メールにてお問い合わせの方は、こちらをクリックしてください。

【ブログ-井上和弘の寄り道スケッチ】
道場主 井上和弘の趣味、旅、雑学など、
会社経営からちょっと離れた、日常生活をつづったブログ、
「井上和弘の寄り道スケッチ」もぜひご覧ください!
こちらをクリックしてください。

日本経営合理化協会のサイトにて、
「銀行交渉はこうしなさい!」音声配信を始めました。
図を見ながら音声を聞く、新たな配信形式です。
こちらからどうぞ。

LINEアプリのタイムラインにて、
巷で出会ったスイーツを、3行だけ書いて紹介する、
「スイーツ3行書く命」を配信しています。
ID:icofuruyama
で、LINE内で検索ください。

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

おすすめブログ

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック