サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 福岡雄吉郎の最新刊
    好評発売中! 「社長の賢い節税」(著:福岡雄吉郎、発行:日本経営合理化教会) 社長が賢い節税をせずして、会社にも、社長にも、お金を十分に残すことはできません。数々の現場での、あっと驚く事例をもとに、お金を残すための具体策を、余すところなく披露します。

福岡雄吉郎 出版記念セミナーのお知らせ!

  • 福岡雄吉一郎 出版記念セミナーのお知らせ
    「社長の賢い節税」出版を記念とした、税務対策セミナーです。 5月25日(大阪)、28日(東京)にて開催します。 ゲスト講師も登壇予定です。 詳細は追って連絡いたします。 主催:日本経営合理化協会

相続対策セミナーのお知らせ

  • 相続対策セミナーのお知らせ
    2021年度の日程が決定しました。6月8日(火)東京・オンライン、6月22日(火)大阪。 主催:日本経営合理化協会 詳細は追ってご連絡いたします。

古山喜章CD お金が残る決算書「100の打ち手」発売!

  • お金が残る決算書「100の打ち手」発売!
    1話5分完結で全100話収録! 会社を強くする決算書にするための具体策を、節税対策、銀行対策、危機対応、業種別対策など、7つの側面から、実例を交えて語ります。 移動時・在宅時などのすきま時間に、ぜひご活用ください。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« ミスリードたる 小山 昇著『99%の社長が知らない銀行とお金のはなし』を切る! その1 | トップページ | 自社株のバトンタッチ④ »

2016年1月19日 (火)

ミスリードたる 小山 昇著『99%の社長が知らない銀行とお金のはなし』を切る! その2

世に小山昇なる、やたらと騒ぎまくるコンサルタントの名前が聞こえてくる。
先日、この人の新刊書を手に入れて読んだのであるが、
全くのミスリード続きの文章を読むにつけて、
このまま黙っていていいのか・・・と心配になって筆をとりました。

小山氏の主張その④
「銀行からのノルマ達成のお願いは極力聞いてあげること」

金融取引に「情実」は絶対に入りません。
支店長以下2~3年で転勤です。
協力したことなど引き継ぎされませんし、
新・旧支店長引き継ぎの時に ここの社長は甘い!
と引き継がれるだけです。

仕入業者の人からノルマ達成のために
お願いを極力,聞いてあげる甘い経営者が存在するでしょうか?
金の貸し借りで銀行に情は通じません。
金を貸してくれるのは貸せる状況があるからで、
貸せないのは貸せる状況にないからです。

小山氏のその⑤
「自己資本比率が低くても キャッシュフローがいい会社にはお金を貸す」

小山氏は、全く、財務知識、金融知識に対して無知ですよね。
銀行員が言うところのキャッシュフローは何なのでしょうか? 
銀行口座に現金が多く積まれている事なのでしょうか?

銀行員がすべて知っている知識のキャッシュフローとは 
CF = 営業利益高 + 減価償却費を言います。

一番 銀行員の大切な指標は、

借入金償還年数です。計算式は、

有利子負債総額
キャッシュフロー  

有利負債(長短借入高)を何年で返せるか?  です。

“自己資本比率が低い” とは、
有利子負債が多いという事で、
キャッシュフロー(分母)が多くとも、
借金が多い会社(自己資本が少ない)会社には、
銀行からみればお金を出したくないのです。

今日、残念ですが、銀行の支店長権限は非常に狭まっています。
決済! 本店 ⇔ 支店長 
本店には支店長に対する人間がいると小山氏は思っているのですね。

本店の決済はコンピューターです。
コンピューターがたたきだした点数による判断が
融資の可否の80%を占めます。

後の20%は 各店の提出資料によるところです。
支店長に権限があったのは30年前の話です。
私が嘘をついていると思われるなら
支店長にお聞きになればわかるはずです。
(ただし、現役の支店長に聞いても正直に言ってくれるかどうか…)
OBがいいと思いますよ。

小山氏の主張その⑥
「手形借入をすると期日までに手形を落とさねばならず、
待ったがきかない」

これも「嘘がひとり歩き」をしていますね。
手形借入の手形を何と称しますか?単名手形というのです。
取引に使われる商業手形は複名手形というのです。
ビジネスコンサルタントの常識です。

商業手形は手形交換所を通り、
預金残がないと不渡手形となり、
銀行取引停止となり、倒産という烙印を押されます。

銀行相手に出す単名手形は、交換所は通りません。
困るのは 実はその銀行です。

担当の行員が飛んできて、善後策を考えるだけです。
手形貸付は 支店長の少ない権限の1つで簡単なので、
すぐ貸す方も借りる方もこの安易な方法を取ります。

ぐるぐるまわして気が付けば長期資金になり、
額も多くなっており自己破産しなければならないような
借入金地獄に入り込みます。

ともかく小山 昇氏は、
体験・経験的な銀行との付き合い論であって、
業種、社歴的に普遍的な銀行取引の基本では、到底ない、
通用しない話を述べておられます。

経験浅き経営者に述べればミスリードすること
甚だしいものがあり、私は、身震いするほと恐ろしく感じるのです。

(井上和弘)

web拍手 by FC2

【18000部(第6刷)になりました!】
平成27年1月にダイヤモンド社から発売した、
「儲かる会社をつくるには、赤字決算にしなさい」
がおかげさまで、増刷を重ねつづけ、18000部になりました。
弊社でも、ご注文を受け付けております。
メールにてお問い合わせの方は、こちらをクリックしてください。

【DVD発売しました!】
DVD「社長の経営財務」を、
日本経営合理化協会より発売しました。
多くの経営者が苦手な、貸借対照表が、
これを見れば驚くほどよくわかります。
詳細&お買い求めはこちらからどうぞ。

【ブログ-井上和弘の寄り道スケッチ】
道場主 井上和弘の趣味、旅、雑学など、
会社経営からちょっと離れた、日常生活をつづったブログ、
「井上和弘の寄り道スケッチ」もぜひご覧ください!
こちらをクリックしてください

« ミスリードたる 小山 昇著『99%の社長が知らない銀行とお金のはなし』を切る! その1 | トップページ | 自社株のバトンタッチ④ »

経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ミスリードたる 小山 昇著『99%の社長が知らない銀行とお金のはなし』を切る! その1 | トップページ | 自社株のバトンタッチ④ »

おすすめブログ

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック