サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

インフレ対策セミナー終了とCD発売のお知らせ

2022年11月 「新・決算対策」セミナーのお知らせ

  • 「新・決算対策」セミナーのお知らせ
    11月22日(火)大阪、11月29日(火)東京(オンライン受講あり)にて。10時30分~16時00分。古山喜章&福岡雄吉郎にて、「新・決算対策」をテーマにセミナーを行います。コストインフレ時の決算対策をご披露します。詳細&申し込みはこちらからどうぞ。

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 井上和弘 経営革新全集第10巻 9月26日発売!
    井上和弘 経営革新全集 第10巻(著:井上和弘、発行:日本経営合理化教会)「社長の財務戦略」 経営コンサルタントとして約40年前のインフレ期を経験した著者が、来るべきインフレ期へ向けて、中小企業の経営者に対応の要点を熱く語る内容を新たに書き下ろしました。ファン必携の、全集最終巻です。

古山喜章CD お金が残る決算書「100の打ち手」発売!

  • お金が残る決算書「100の打ち手」発売!
    1話5分完結で全100話収録! 会社を強くする決算書にするための具体策を、節税対策、銀行対策、危機対応、業種別対策など、7つの側面から、実例を交えて語ります。 移動時・在宅時などのすきま時間に、ぜひご活用ください。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« イザというとき、どうなったか ② | トップページ | 電話加入権除却のお手伝い業者現る!しかし、その文章は! »

2016年2月10日 (水)

自社株のバトンタッチ⑨

最近、自社株をどう次にバトンタッチさせるか?
「事業承継」をテーマとして、
相談を受けることが多くなっています。

株主総会でものごとを決めるときは、
「議決権」を持っているかが重要だとお伝えしました。

議決権は、どの程度持っているかで、
使える権利が違ってきます。

○1株以上
・配当をもらう権利
・株主代表訴訟を提起できる権利

○1%以上
・株主総会で提案できる権利

○3%以上
・株主総会を招集できる権利
・帳簿を謄写できる、また、閲覧できる権利

○10%以上
・解散を請求できる権利

○1/3超
・株主総会特別決議を否決できる権利

○1/2超
・株主総会普通決議を可決できる権利
(取締役や監査役を選任できる権利など)

○2/3以上
・株主総会特別決議を可決できる権利
(取締役や監査役を解任できる権利、定款を変更できる権利など)

一番下の権利は、議決権全体の2/3以上を握れば、
会社運営に関する重要なものごとを決められる、
ということです。

ということは、裏返すと、
重要なものごとを決めさせないためには、
1/3超を握っていればいい、ということです。

これが、いわゆる“拒否権”なのです。

34、51、67の意味は、

34%=1/3超
51%=1/2超
67%=2/3以上

ということなのです。

(福岡雄吉郎)

web拍手 by FC2

【18000部(第6刷)になりました!】
平成27年1月にダイヤモンド社から発売した、
「儲かる会社をつくるには、赤字決算にしなさい」
がおかげさまで、増刷を重ねつづけ、18000部になりました。
弊社でも、ご注文を受け付けております。
メールにてお問い合わせの方は、こちらをクリックしてください。

【DVD発売しました!】
DVD「社長の経営財務」を、
日本経営合理化協会より発売しました。
多くの経営者が苦手な、貸借対照表が、
これを見れば驚くほどよくわかります。
詳細&お買い求めはこちらからどうぞ。

【ブログ-井上和弘の寄り道スケッチ】
道場主 井上和弘の趣味、旅、雑学など、
会社経営からちょっと離れた、日常生活をつづったブログ、
「井上和弘の寄り道スケッチ」もぜひご覧ください!
こちらをクリックしてください

« イザというとき、どうなったか ② | トップページ | 電話加入権除却のお手伝い業者現る!しかし、その文章は! »

事業承継・M&A」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自社株のバトンタッチ⑨:

« イザというとき、どうなったか ② | トップページ | 電話加入権除却のお手伝い業者現る!しかし、その文章は! »

2022年 ご挨拶動画

  • 2022年 ご挨拶動画
    アイシーオーメンバーより皆様へ、新年ご挨拶とともに、2022年に進めてほしいことを、お伝えします。

おすすめブログ

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック