サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 古山喜章の最新刊
    「社長の決算書の見方・読み方・磨き方」(著:古山喜章、発行:日本経営合理化協会)税込み15,660円 銀行対策、税務対策など、会計事務所任せではできない決算対策の実務を網羅した一冊!決算対策の新・バイブルです!

好評発売中!

  • 井上和弘の最新刊
    「承継と相続 おカネの実務」(著:井上和弘、発行:日本経営合理化協会) 税込14,580円。 著者の長年にわたる指導体験をもとに、オーナー社長の承継と相続対策の実務を惜しみなく著した、他の誰にも書けない、渾身の一冊です。

井上和弘次回セミナーのお知らせ!

  • 井上和弘次回セミナー日程のお知らせ
    平成30年6月5日(火)東京・27日(水)大阪にて、「高収益を稼ぎ出す、社員・組織の作り直し方」をテーマに開催します。 主催:日本経営合理化協会 詳細は改めてお知らせします。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 現場はウソをつかない | トップページ | イザというとき、どうなったか ② »

2016年2月 8日 (月)

遅すぎる事業承継活動

日本の町の中には 地の果てと言われるところが数多くあります。
南の大隅 鹿児島半島、長崎や四国にも,山陰にも北陸にも・・・
数を挙げれば多くの地方都市いや、
田舎都市にも中小の会社が存在し、
この地域にも優良企業が存在するのです。

日本海寄りの人口6万人の都市で、
スーパーマーケット・ドラッグストアー、ホームセンター等の小売業を業態を変え、
合計10店舗開設され、地域の隠れた優秀企業になっている
ダイヤモンドリテイルセンター株式会社(仮称)が存在します。

そのこの創業者から数えて三代目の35歳の柿平駿平君 
25歳から相談を受けていました。

「井上先生から君の会社は
収益性も財務内容もあまりケチをつけるところがなく、良い会社だよ! 
一番の課題は創業者の藤次郎さんの退任と株式の承継課題だけだと!
と言われました」

Motikabu

「はい! 確かに 言いましたね。 どうなりましたか?」
「実は8年間 何も変わっていないのです!
しかし、 お爺さんの藤次郎さんは 最近はボケだし、
社長、専務も慌てだしています」
「当たり前だよ 8年間の時間で何らかの手を打たなかったのか?」
「爺さん藤次郎さんは 息子2人を競わせて、
頑として1株も譲らなかったのですよ。
今になって ようやく株式を譲ってもいいという気になってきました」

「今頃?この8年間で、又、収益が良くなって
剰余金が膨れ上がっているじゃないか!」

「爺さんは2人の息子、1人の孫に賞与は出さず、
配当もせず、ただただ貯めるのが好きなのですよ!
おまけに最近は、私の父の社長とおじさんの専務とがことごとく意見が異なり、
まとまりがつかぬまま 今日になってしまったのです」

「柿平駿平さん  はっきり言って “遅すぎた”
合法的に打つ手は限られます。
まして、ゼロ数しか持っていない君の相談に答えを言っても
社長、専務がそれを実行される保証はない。

会社の顧問税理士も今日まで
ほりっぱなしにしていたのは税理士が弱体か、
他にも重要な理由があるのですかね。

私達は、相続税務プロフェッショナル3人でチームを組んで行います。
費用も〇百万円必要です。
この相続問題の解決策は、私たちとの信頼関係がないと成功しないのです。

どうか、太郎さま、次郎さま 駿平さん3人で
一度 私の事務所までお越しください。

しっかりとお話を聞いて覚悟を決めて、契約を結んでからでないと
対策、実施行動に動けません。 しかし、遅すぎますね」

実は、こんな話、ダイヤモンド・リテイルセンター(株)だけの話ではありません。
実は、そっくりな話は いくらでもあるのです。

この文を読んで あそこだ! うちだ! などと言わないでください。
地域、社名も人名も持株比率も変えてあります。
しかし、これよりももっと事実は複雑なんです。

柿平さんの処は三代目の駿平さんがおられますが

・二代目に男子のお子様がいらっしゃらない。三代目後継者がいない
・三代目は娘婿にしていたが、その婿が他所で女性をつくり、離婚だと騒ぎになっている
・三代目は、性格性質が業種に向かずに番頭にまかせっぱなしにして赤字垂れ流し

このような例で申し上げる会社の承継問題は

・年老いた経営者が 地位と株式を手放さない
・兄弟が仲悪く、意見が定まらない
・税務顧問が弱く、法人申告業務のみに終始している
・次の代をどうするか 全く考えない、死ぬことする思っていない

カリスマ性のある1代で事業を立ち上げ、
優良会社に持って行った人ほど自信過剰で自分が死ぬことを考えない

よって、会社承継等を考えたくないのです。
しかし、申し上げます。
「会社の良き承継は生前対策で90%決まる」のです。

(井上和弘)

web拍手 by FC2

【18000部(第6刷)になりました!】
平成27年1月にダイヤモンド社から発売した、
「儲かる会社をつくるには、赤字決算にしなさい」
がおかげさまで、増刷を重ねつづけ、18000部になりました。
弊社でも、ご注文を受け付けております。
メールにてお問い合わせの方は、こちらをクリックしてください。

【DVD発売しました!】
DVD「社長の経営財務」を、
日本経営合理化協会より発売しました。
多くの経営者が苦手な、貸借対照表が、
これを見れば驚くほどよくわかります。
詳細&お買い求めはこちらからどうぞ。

【ブログ-井上和弘の寄り道スケッチ】
道場主 井上和弘の趣味、旅、雑学など、
会社経営からちょっと離れた、日常生活をつづったブログ、
「井上和弘の寄り道スケッチ」もぜひご覧ください!
こちらをクリックしてください

« 現場はウソをつかない | トップページ | イザというとき、どうなったか ② »

事業承継・M&A」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1165409/63841313

この記事へのトラックバック一覧です: 遅すぎる事業承継活動:

« 現場はウソをつかない | トップページ | イザというとき、どうなったか ② »

おすすめブログ

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック