サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 福岡雄吉郎の最新刊
    9月6日発売!「会社にお金を残したいなら、今すぐ経費を増やしなさい!」(著:福岡雄吉郎、発行:ダイヤモンド社)税込み1,620円 顧問税理士では教えてもらえない、会社にお金を残す税務テクニックを存分に披露します! グレーゾーンを白にする、税務対策の新・マニュアル!

2018年11月 「決算対策」セミナーのお知らせ

  • 11月 「決算対策」セミナーのお知らせ
    11月8日(木)大阪、11月29日(木)東京、両日10時30分~16時00分。古山喜章&福岡雄吉郎にて、「決算対策」をテーマにセミナーを行います。 詳細は追って連絡します。

好評発売中!

  • 古山喜章の最新刊
    「社長の決算書の見方・読み方・磨き方」(著:古山喜章、発行:日本経営合理化協会) 税込15,660円。 決算書を税理士に任せっぱなしでは、会社にお金は残らない!中間決算・本決算の前には一読したい、決算書づくりの新・バイブル!

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 監査役は、本当に監査役ですか? | トップページ | まだできる決算対策 「少額償却資産の特例」 »

2016年4月 4日 (月)

節税策としての不動産(アパート、マンション)経営は危険

25年(1/4世紀)すぎるとまた、金持ちの不安心に付け込んで、
いろいろな節税話を吹き込む人々が居ます。

それらは
① タワーマンション節税
② マンション アパート投資
③ 貸しビル投資
の不動産投資ではないでしょうか?

相続税が高くなり、土地や自社株を所有するお金持ち経営者は不安になり、
新聞広告にある節税本やセミナー開催に目が留まり、
自分も何か策を取らねばと考えてしまのでしょうね。

今から30年前の1980年代、バブルの前も土地が上昇し、
景気がよくなった時にも今と同じように商社、不動産会社、建設会社が
ワンルーム投資、都会の100坪前後の土地活用を囃したて、
又、小型マンション・アパート経営を勧めたのです。

銀行からも資金が出ました。
土地や建物の相続評価が下がるために対策には良いからでしょう。

結論を申せば、それらの投資に失敗して、多くの破産、不良が発生したのです。私も多くを見てきたのですが、要は建てることと投資する事は簡単なのですが、借主が居なくなった時に困るのです。
あの時は、土地バブルで価格が暴落してしまいました。
そして、多額な銀行借入金が残りました。

②のマンション・アパート ③の貸しビルも新築物件は入居してくれますが、
5年10年となりテナントが出てしまうと、
なかなか次の借主が現れないことです。

修繕費もかかり、20年たてば赤字の連続で償却すらもできず、
銀行借り入れで運営していれば、元金も返せなくなるのです。

空室になっても、すぐさま入居者が出現する良質の物件や
全額自己資金でやる投資は安全で良い投資だと思いまし、
相続評価も下がりますが・・・

①のタワーマンションの節税は、
国税と総務省のタッグによる節税策封じが検討されて、
一時の熱は冷めたとのことです。
たとえ、当局が節税封じだと言っても、
今後も良質のタワーマンションは節税になることは間違いありません。

土地の評価にして 土地代 ÷ 総戸数でカウントすれば、
土地価格は低く評価され、アクセス、使用価値、セキュリテイ、快適さを加え、
自分が所有し、利用するならば間違いなく良い投資であり、
貸すにしても高望みしなければ需要はあるのですから。
需要不変の投資物件であれば何の問題もありません。

(井上和弘)

web拍手 by FC2

【18000部(第6刷)になりました!】
平成27年1月にダイヤモンド社から発売した、
「儲かる会社をつくるには、赤字決算にしなさい」
がおかげさまで、増刷を重ねつづけ、18000部になりました。
弊社でも、ご注文を受け付けております。
メールにてお問い合わせの方は、こちらをクリックしてください。

【DVD発売しました!】
DVD「社長の経営財務」を、
日本経営合理化協会より発売しました。
多くの経営者が苦手な、貸借対照表が、
これを見れば驚くほどよくわかります。
詳細&お買い求めはこちらからどうぞ。

【ブログ-井上和弘の寄り道スケッチ】
道場主 井上和弘の趣味、旅、雑学など、
会社経営からちょっと離れた、日常生活をつづったブログ、
「井上和弘の寄り道スケッチ」もぜひご覧ください!
こちらをクリックしてください

« 監査役は、本当に監査役ですか? | トップページ | まだできる決算対策 「少額償却資産の特例」 »

節税対策&決算対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1165409/64739409

この記事へのトラックバック一覧です: 節税策としての不動産(アパート、マンション)経営は危険:

« 監査役は、本当に監査役ですか? | トップページ | まだできる決算対策 「少額償却資産の特例」 »

おすすめブログ

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック