サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 福岡雄吉郎の最新刊
    好評発売中! 「社長の賢い節税」(著:福岡雄吉郎、発行:日本経営合理化教会) 社長が賢い節税をせずして、会社にも、社長にも、お金を十分に残すことはできません。数々の現場での、あっと驚く事例をもとに、お金を残すための具体策を、余すところなく披露します。

福岡雄吉郎 出版記念セミナーのお知らせ!

  • 福岡雄吉一郎 出版記念セミナーのお知らせ
    「社長の賢い節税」出版を記念とした、税務対策セミナーです。 5月25日(大阪)、28日(東京)にて開催します。 ゲスト講師も登壇予定です。 詳細は追って連絡いたします。 主催:日本経営合理化協会

相続対策セミナーのお知らせ

  • 相続対策セミナーのお知らせ
    2021年度の日程が決定しました。6月8日(火)東京・オンライン、6月22日(火)大阪。 主催:日本経営合理化協会 詳細は追ってご連絡いたします。

古山喜章CD お金が残る決算書「100の打ち手」発売!

  • お金が残る決算書「100の打ち手」発売!
    1話5分完結で全100話収録! 会社を強くする決算書にするための具体策を、節税対策、銀行対策、危機対応、業種別対策など、7つの側面から、実例を交えて語ります。 移動時・在宅時などのすきま時間に、ぜひご活用ください。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 6億円の退職金は高いのか?⑤ | トップページ | 私は見た!死語の世界 ② »

2016年6月16日 (木)

年間110万円の贈与税控除を活用せよ

もっとも相続税の節税法として知られているのは、
毎年110万円ずつ贈与するというものです。
贈与税の年間控除額の上限ですので、
子供に10年連続すれば1110万円 20年間であれば2220万円
 30年で3330万円という金額を無税で渡すことが出来ます。

毎年200万円を贈与し、税率10%の20万円を支払えば 年間180万円贈与できます。
そこで多くの資産家は、
後継者の息子の名義の預金通帳にコツコツとお金を積み上げていきます。
勿論、印鑑も息子の印鑑にしてあります。

しかし、税務署から アウトと判定され、
相続税対象とされてしまった失敗例を私は見ています。

贈与契約書によって「あげた方」と「もらった方」が贈与だと認識をしていない。
証拠がないのは認められないというのです。

現実16歳~30歳の頃に多額なお金が自分にある、
自分の意思で引き出せるなどとは親としてできず、
やはり管理したくなるのは当然ではないでしょうか?

それらの対策では 子供の携帯電話の料金を自動引き落としにしておけば
贈与契約書と同じ効果でしっかりしたエビデンス(証拠)となりますのでお勧めします

贈与税というものは、著者は常に違和感を覚えています。
贈与税は上げた方が支払うものではなく、もらった方が申告をして支払うものでしょう・・・
早くに結婚した夫妻などは親がかりで 年間110万円は超えるのではないでしょうか?

親族に贈与せずとも銀座の女性や両国のお相撲さんは
パトロンから年間110万円以上受け取っておられるのでは・・・申告していますか?

社会通念上、絶対におかしいと思うのですが、如何でしょうか?
立小便して軽犯罪として検挙されるより少ないのでは・・・・

学費に関しては、贈与税はかからないと税理士に言われました。
では、私の息子20年前に上京して、大学に通っておりましたが、
いくらまでいいのでしょうか?と問うた時
「そうですね 40万円ぐらいですか?」と言われました。
私以外に じいさんばあさんも 孫に学資として渡せるのでしょうか?
いったい 何年間もらっていたのですか?

修正申告したのですって?
過少申告加算税15%を加算して支払った?
贈与税の時効は 何年ですか?
重加算税率の35%を支払う事ってあるのでしょうか?

(井上和弘)

web拍手 by FC2

【20000部(第7刷)になりました!】
平成27年1月にダイヤモンド社から発売した、
「儲かる会社をつくるには、赤字決算にしなさい」
がおかげさまで、増刷を重ねつづけ、20000部になりました。
弊社でも、ご注文を受け付けております。
メールにてお問い合わせの方は、こちらをクリックしてください。

【DVD発売しました!】
DVD「社長の経営財務」を、
日本経営合理化協会より発売しました。
多くの経営者が苦手な、貸借対照表が、
これを見れば驚くほどよくわかります。
詳細&お買い求めはこちらからどうぞ。

【ブログ-井上和弘の寄り道スケッチ】
道場主 井上和弘の趣味、旅、雑学など、
会社経営からちょっと離れた、日常生活をつづったブログ、
「井上和弘の寄り道スケッチ」もぜひご覧ください!
こちらをクリックしてください

« 6億円の退職金は高いのか?⑤ | トップページ | 私は見た!死語の世界 ② »

事業承継・M&A」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 年間110万円の贈与税控除を活用せよ:

« 6億円の退職金は高いのか?⑤ | トップページ | 私は見た!死語の世界 ② »

おすすめブログ

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック