サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 古山喜章の最新刊
    「社長の決算書の見方・読み方・磨き方」(著:古山喜章、発行:日本経営合理化協会)税込み15,660円 銀行対策、税務対策など、会計事務所任せではできない決算対策の実務を網羅した一冊!決算対策の新・バイブルです!

好評発売中!

  • 井上和弘の最新刊
    「承継と相続 おカネの実務」(著:井上和弘、発行:日本経営合理化協会) 税込14,580円。 著者の長年にわたる指導体験をもとに、オーナー社長の承継と相続対策の実務を惜しみなく著した、他の誰にも書けない、渾身の一冊です。

井上和弘次回セミナーのお知らせ!

  • 井上和弘次回セミナー日程のお知らせ
    平成30年6月5日(火)東京・27日(水)大阪にて、「高収益を稼ぎ出す、社員・組織の作り直し方」をテーマに開催します。 主催:日本経営合理化協会 詳細は改めてお知らせします。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 担保・保証に頼らない融資は、金融庁の重要施策です。 | トップページ | 税務知識に多くの経営者は弱い »

2016年7月23日 (土)

納税猶予はいいのか?わるいのか?②

納税猶予は、お勧めしないと申し上げました。
それは、この制度を適用するための条件が厳しい、
というのが一つの理由でした。

たとえば、次のような場合には、
猶予されている税金を支払う必要がでてくるのです。
①株式の一部を譲渡(贈与)した場合
②後継者が5年以内に会社の代表権を有しなくなった場合
③5年以内の雇用の平均が、贈与時の雇用の8割を下回る場合
④会社が資産管理会社に該当した場合
⑤先代が代表権を保有することになった場合

例えば、納税猶予の対象とした株式を、
後継者が自分の息子(社長の孫)に贈与する場合には、
猶予された贈与税を支払わなければならない、ということです。

この制度、もともとは現在よりもっと要件が厳しく、
ほとんど適用実績がなかったため、
平成27年に入り、要件が緩和されたのでした。

そして、理由の2つ目です。
仮に要件を満たして納税猶予を適用したとしても、
これはあくまで“猶予”に過ぎないのです。
いつかは払わなければならないのです。

「先代が亡くなった場合は、贈与税は免除されると聞きましたよ」
→贈与税は免除されても、その分、相続財産に加算されて
相続税がかかりますよ。とるものはとられます!

「猶予してもらった贈与税ですが、次の人間にバトンタッチするときに、また納税猶予を使って贈与すれば、結果的に贈与税は免除されませんか?」
→これは、いわば問題の先送りでしょう。
負の遺産を自分の息子(後継者)に押し付けるようなものです。

この納税猶予の条件を満たすために、ときどき経営者が、
株主から個人的に株式を買い集めようとしている場合があります。
しかし、経営者の株式は、本来減らしてゆく必要があります。

使い勝手の悪い納税猶予を、わざわざこうして使うよりは、
高額退職金を支給して、株価を思い切りさげることを
考えていただきたいです。

(福岡雄吉郎)

【新刊本 発売しました】
平成28年6月にあさ出版から、
「決算書で面白いほど会社の数字がわかる本」
が発売されました(監修:井上和弘 著者:福岡雄吉郎)。
“やさしく、わかりやすく”ページは薄いが中身は濃く、
決算書や会社の数字を解説しています。
弊社でも、ご注文を受け付けております。
メールにてお問い合わせの方は、こちらをクリックしてください。

【20000部(第7刷)になりました!】
平成27年1月にダイヤモンド社から発売した、
「儲かる会社をつくるには、赤字決算にしなさい」
がおかげさまで、増刷を重ねつづけ、20000部になりました。
弊社でも、ご注文を受け付けております。
メールにてお問い合わせの方は、こちらをクリックしてください。

【DVD発売しました!】
DVD「社長の経営財務」を、
日本経営合理化協会より発売しました。
多くの経営者が苦手な、貸借対照表が、
これを見れば驚くほどよくわかります。
詳細&お買い求めはこちらからどうぞ。

【ブログ-井上和弘の寄り道スケッチ】
道場主 井上和弘の趣味、旅、雑学など、
会社経営からちょっと離れた、日常生活をつづったブログ、
「井上和弘の寄り道スケッチ」もぜひご覧ください!
こちらをクリックしてください

« 担保・保証に頼らない融資は、金融庁の重要施策です。 | トップページ | 税務知識に多くの経営者は弱い »

事業承継・M&A」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1165409/66635844

この記事へのトラックバック一覧です: 納税猶予はいいのか?わるいのか?②:

« 担保・保証に頼らない融資は、金融庁の重要施策です。 | トップページ | 税務知識に多くの経営者は弱い »

おすすめブログ

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック