サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 福岡雄吉郎の最新刊
    9月6日発売!「会社にお金を残したいなら、今すぐ経費を増やしなさい!」(著:福岡雄吉郎、発行:ダイヤモンド社)税込み1,620円 顧問税理士では教えてもらえない、会社にお金を残す税務テクニックを存分に披露します! グレーゾーンを白にする、税務対策の新・マニュアル!

2018年11月 「決算対策」セミナーのお知らせ

  • 11月 「決算対策」セミナーのお知らせ
    11月8日(木)大阪、11月29日(木)東京、両日10時30分~16時00分。古山喜章&福岡雄吉郎にて、「決算対策」をテーマにセミナーを行います。 詳細は追って連絡します。

好評発売中!

  • 古山喜章の最新刊
    「社長の決算書の見方・読み方・磨き方」(著:古山喜章、発行:日本経営合理化協会) 税込15,660円。 決算書を税理士に任せっぱなしでは、会社にお金は残らない!中間決算・本決算の前には一読したい、決算書づくりの新・バイブル!

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 出版記念セミナー開催します | トップページ | 名義株のトラブル⑥ »

2016年8月16日 (火)

少人数私募債は、なぜ「資本金」とみなされるのか。

金融庁が銀行に対して発行するルールブックのなかに、
「金融検査マニュアル」というものがあります。
銀行が企業に融資をする際の見かた・考えかたが、
細かく書かれています。

さらに「別冊」というものがあります。
「別冊」のサブタイトルは、「中小企業融資編」です。
わざわざ「別冊」としているのは、融資において、
“大企業と中小企業では、見かた・考えかたが違いますよ。”
ということです。

そこには、中小企業への融資における、
検証ポイントが記載されています。
具体的に、最初に挙げられている検証ポイントは、
「代表者等との一体性」をよく見なさい、ということです。
さらにその筆頭は、
「実態的な財務内容を見なさい」となっています。
その解説として、
「代表者等からの借入金は、自己資本に加味しなさい」
ということが記載されています。
「代表者等」となっているのは、
代表者とその家族・親戚や、密接な関係のある者を含む、
となっているからです。

例えば、
“「少人数私募債」は、銀行の評価では、
自己資本とみなされますよ!”
と、私たちは言い続けています。
その根拠が、ここにあるのです。
「少人数私募債」は、代表者や家族、取引先など、
いわば身内の者や親しい間柄の者が、引受人です。
しかも、それはどちらかといえば、
いやいや引き受けたのではありません。
引受人は、余裕のある資金を出資しているのです。
で、金利でのリターンを期待しているのです。
まさしく、出資金と同様なものです。
引受人は、すぐに返してもらいたくないのです。

なので、貸借対照表の固定債務に記載されていても、
「それは実態として、自己資本に加味しなさい」
ということに、なるのです。
債務ではあるものの、早期返済を要するものではない、
とみなすのです。

ただ、貸借対照表の記載方法には注意が必要です。
例えば、「少人数私募債」なのに、
「社債」と記載されていた例を見たことがあります。
間違いではないです。が、「社債」となると、
決算書データを入力する銀行の人は、
銀行引き受けの「社債」とみなします。
そうなると、単なる「有利子負債」扱いです。
自己資本とはみなされません。

もっとひどいのは、
「長期借入金」と記載されている例です。
他の銀行借入金と、合算されてしまっているのです。
これらのことは、
会計事務所に任せっぱなしにすることで、
発生してきます。
多くの会計事務所は、
銀行が勘定科目をどう評価するかなど、
まったく気にもしていないし、知らないのです。

経営の生命線は、資金繰り、キャッシュフローです。
この生命線を太く強くするには、
決算書に対する銀行の見かた・考え方を、
経営者自らが知る必要があります。
加えて、会計事務所にその必要性を説き、
財務の実態が銀行に伝わる決算書、
にしておかねばならないのです。

(古山喜章)

web拍手 by FC2

【新刊本 発売しました】
平成28年6月にあさ出版から、
「決算書で面白いほど会社の数字がわかる本」
が発売されました(監修:井上和弘 著者:福岡雄吉郎)。
“やさしく、わかりやすく”ページは薄いが中身は濃く、
決算書や会社の数字を解説しています。
弊社でも、ご注文を受け付けております。
メールにてお問い合わせの方は、こちらをクリックしてください。

「儲かる会社をつくるには、赤字決算にしなさい」(ダイヤモンド社)
が、おかげさまで発行数20000部を突破しました!
弊社でも、ご注文を受け付けております。
メールにてお問い合わせの方は、こちらをクリックしてください。

【ブログ-井上和弘の寄り道スケッチ】
道場主 井上和弘の趣味、旅、雑学など、
会社経営からちょっと離れた、日常生活をつづったブログ、
「井上和弘の寄り道スケッチ」もぜひご覧ください!
こちらをクリックしてください。

LINEアプリのタイムラインにて、
巷で出会ったスイーツを、3行だけ書いて紹介する、
「スイーツ3行書く命」を配信しています。
ID:icofuruyama
で、LINE内で検索ください。

« 出版記念セミナー開催します | トップページ | 名義株のトラブル⑥ »

銀行交渉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1165409/67007592

この記事へのトラックバック一覧です: 少人数私募債は、なぜ「資本金」とみなされるのか。:

« 出版記念セミナー開催します | トップページ | 名義株のトラブル⑥ »

おすすめブログ

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック