サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 古山喜章の最新刊
    「社長の決算書の見方・読み方・磨き方」(著:古山喜章、発行:日本経営合理化協会)税込み15,660円 銀行対策、税務対策など、会計事務所任せではできない決算対策の実務を網羅した一冊!決算対策の新・バイブルです!

好評発売中!

  • 井上和弘の最新刊
    「承継と相続 おカネの実務」(著:井上和弘、発行:日本経営合理化協会) 税込14,580円。 著者の長年にわたる指導体験をもとに、オーナー社長の承継と相続対策の実務を惜しみなく著した、他の誰にも書けない、渾身の一冊です。

古山喜章 出版記念セミナーのお知らせ

井上和弘次回セミナーのお知らせ!

  • 井上和弘次回セミナー日程のお知らせ
    平成30年6月5日(火)東京・27日(水)大阪にて、「高収益を稼ぎ出す、社員・組織の作り直し方」をテーマに開催します。 主催:日本経営合理化協会 詳細は改めてお知らせします。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 承継後 豊かな人生を送る元経営者 | トップページ | 忘れられた倒産防止共済 »

2016年8月30日 (火)

○○銀行が来た、というだけで拍手が起こっていました

ある会社の借入金明細を見ると、
四つの銀行と取引があるものの、
○○銀行からの借入金が、やたらと多いのです。
しかも、金利が他行よりも高い。
“これ、個人保証はどうなってますか?”
と、経営者にたずねました。
“はずかしい話し、全部個人保証させられてます。”

“○○銀行は、この地域では、一番の地銀ですよね。
 そもそも第一地銀は、殿様意識が強いです。
 それにのまれて、先方の条件を受け入れたんじゃないですか?”
と申し上げました。
“いや、もう、おっしゃる通りです・・・。”
どうしてこんなことになったのか、改めてお聞きしました。

その会社は、地域で30年以上の業歴があります。
当初はもちろん、商いも小さく、融資をお願いできるのは、
信用金庫や第二、第三地銀、と呼ばれる金融機関だけでした。
“第一地銀の○○銀行なんて、相手にしてくれないと思ってました。
 事実、○○銀行からは、誰も営業に来なかったのです。”
とは、その経営者の言葉です。
しかし、業績が伸び、売上規模が伸びると、
○○銀行から社長あてに、電話が入ったそうです。
今から20年くらい前のことです。

電話を受けた事務員は、
“社長、○○銀行さん、ウチに来られるんですか!”
“うん!○月○日に来られることになった。
 なんと融資の件らしい!”
“えぇ!そうなんですか!あの○○銀行さんが!”
と、電話がかかってきただけで、事務所が盛り上がったそうです。

で、当日になり、銀行の要件は、
“当行からぜひ、融資を検討させていただきたい。”
というものでした。
銀行員が事務所を出たあと、社長は、
“あの○○銀行が、ウチに融資をしたいと言ってきました!”
と事務スタッフたちに伝えると、
「やったぁ!」と全員拍手喝さいで喜んだそうです。

“えぇ!うそでしょう!”と言うと、
“いやぁ、○○銀行、というのが、
それだけでステイタスのように感じていたんですよ。
そりゃもう、そのときは、嬉しかったんですよ。”
と、おっしゃるのです。
その喜びようが、言葉にせずとも、銀行員にはわかったのでしょう。
○○銀行に都合の良い条件ばかりを提示してきたのです。
融資してくれるだけで喜んでいる経営者が、
その条件を断るはずもありません。
続け様に融資を受け入れ、○○銀行のシェアが
どんどん高くなっていったのです。

かくして、○○銀行からの悪条件融資の残骸を、
今もなお、ひきずっているのです。
“今から思えば、
 どうしてあんなことで喜んでいたのか…。”
とは、その経営者のつぶやきです。

「銀行」というだけで、
なんだかエライように感じていた時代、
多くの中小企業経営者は、銀行に強い姿勢を示せませんでした。
しかし今、銀行は単なる業種のひとつです。
それも、再編されずに生き残ることさえ、難しい時代です。

過去はどうあれ、
「現金」という商品を仕入れる業者のひとつとして、
意識を転換させて、交渉に挑んでほしいのです。

(古山喜章)

web拍手 by FC2

【新刊本 発売しました】
平成28年6月にあさ出版から、
「決算書で面白いほど会社の数字がわかる本」
が発売されました(監修:井上和弘 著者:福岡雄吉郎)。
“やさしく、わかりやすく”ページは薄いが中身は濃く、
決算書や会社の数字を解説しています。
弊社でも、ご注文を受け付けております。
メールにてお問い合わせの方は、こちらをクリックしてください。

「儲かる会社をつくるには、赤字決算にしなさい」(ダイヤモンド社)
が、おかげさまで発行数20000部を突破しました!
弊社でも、ご注文を受け付けております。
メールにてお問い合わせの方は、こちらをクリックしてください。

【ブログ-井上和弘の寄り道スケッチ】
道場主 井上和弘の趣味、旅、雑学など、
会社経営からちょっと離れた、日常生活をつづったブログ、
「井上和弘の寄り道スケッチ」もぜひご覧ください!
こちらをクリックしてください。

LINEアプリのタイムラインにて、
巷で出会ったスイーツを、3行だけ書いて紹介する、
「スイーツ3行書く命」を配信しています。
ID:icofuruyama
で、LINE内で検索ください。

« 承継後 豊かな人生を送る元経営者 | トップページ | 忘れられた倒産防止共済 »

銀行交渉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1165409/67241732

この記事へのトラックバック一覧です: ○○銀行が来た、というだけで拍手が起こっていました:

« 承継後 豊かな人生を送る元経営者 | トップページ | 忘れられた倒産防止共済 »

おすすめブログ

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック