サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 福岡雄吉郎の最新刊
    好評発売中! 「社長の賢い節税」(著:福岡雄吉郎、発行:日本経営合理化教会) 社長が賢い節税をせずして、会社にも、社長にも、お金を十分に残すことはできません。数々の現場での、あっと驚く事例をもとに、お金を残すための具体策を、余すところなく披露します。

福岡雄吉郎 出版記念セミナーのお知らせ!

  • 福岡雄吉一郎 出版記念セミナーのお知らせ
    「社長の賢い節税」出版を記念とした、税務対策セミナーです。 5月25日(大阪)、28日(東京)にて開催します。 ゲスト講師も登壇予定です。 詳細・お申込みはこちらから。 主催:日本経営合理化協会

相続対策セミナーのお知らせ

  • 相続対策セミナーのお知らせ
    2021年度の日程が決定しました。6月8日(火)東京・オンライン、6月22日(火)大阪。 主催:日本経営合理化協会 詳細は追ってご連絡いたします。

古山喜章CD お金が残る決算書「100の打ち手」発売!

  • お金が残る決算書「100の打ち手」発売!
    1話5分完結で全100話収録! 会社を強くする決算書にするための具体策を、節税対策、銀行対策、危機対応、業種別対策など、7つの側面から、実例を交えて語ります。 移動時・在宅時などのすきま時間に、ぜひご活用ください。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 知らないものはできない? | トップページ | 会社はすぐには売れません① »

2016年9月 8日 (木)

銀行の態度が180度変わった日 ②

晴れた日に傘を貸し、雨の日に傘をとりあげる。
銀行とのつきあいが長いほど、切実に感じることと思います。
銀行のその体質は、今も何ら変わっていないのです。

新規融資を受けて始まるはずだった事業が頓挫し、
その経営者はいきなり銀行支店に呼び出されました。
「いつもは銀行が会社に来ていたのに、急に態度を変えやがって!
 しかも、今すぐ来てくれ!だなんて・・・。」
と、その態度の変わりように怒りを覚えながらも、
急遽、銀行へ出向いたのです。

到着後、経営者は支店長室に案内されました。
銀行支店長は厳しい表情で開口一番、こう言いました。
“御社の新規事業に備えて融資している資金ですが、
 一部を早期返済いただき、残金は組み直して、
明日から元金返済をスタートさせていただきます。”
その新規融資は、約1年前に実行されていました。
そのとき、その支店長は、笑顔で次のように言っていたのです。
“元金返済は、事業がスタートしてからでいいので、
 それまでは金利だけをお支払いいただけますか?”
経営者は、それならありがたい、と思い、
その銀行から融資を受けることにしたのです。

本来なら長期借入金とする融資額を、短期借入金扱いで融資を受け、
金利だけを払う形にしていたのです。
いわゆる、短期のころがしです。
短期扱いなら、支店決済で通せます。
で、事業がスタートしたら、長期に切り替える、
という口約束のもとに、融資を受けていたのです。

“えっ、明日からですか!”
“御社の新規事業のことは存じています。
 こちらとしても、本部から対応を迫られており、
 これ以上はどうすることもできないのですよ。”

雨の日に傘を取り上げるとは、このことです。
しかも、
自分には責任がなく、本部が言うから仕方なく、
という言いかたをするわけです。
そもそも、全額支店決済で通している短期案件ですから、
本部がとやかく言ってきた、なんて、ウソです。
要は、回収にかかり出したのです。

融資を受けた会社は、新規事業が頓挫したとはいえ、
資金繰りには問題のない状況でした。
一部早期返済し、元金返済がスタートしても、
すぐに困る状況でもありませんでした。

“わかりました。早期返済と明日からの元金返済をお受けします。”
経営者はその場でしぶしぶ了解しました。
同時に、“いつか仕返ししてやる。”
と、心に刻んだ瞬間でした。

その銀行支店とは、創業以来、30年以上にわたるつきあいです。
借入金に占める割合も、ダントツで高いです。
その銀行支店にしたら、シェアが一番の取引先だったはずです。
結局、そんなことは、借りる側にとって、
なんのプラスにもならないのです。
回収に不安を感じたら、傘を取り上げにかかるのです。
銀行とは、そういうものです。
しかし、その銀行支店にしても、
すぐに回収に動かざるをえない、別の理由があったのです…。

(古山喜章)

web拍手 by FC2

【新刊本 発売しました】
平成28年6月にあさ出版から、
「決算書で面白いほど会社の数字がわかる本」
が発売されました(監修:井上和弘 著者:福岡雄吉郎)。
“やさしく、わかりやすく”ページは薄いが中身は濃く、
決算書や会社の数字を解説しています。
弊社でも、ご注文を受け付けております。
メールにてお問い合わせの方は、こちらをクリックしてください。

「儲かる会社をつくるには、赤字決算にしなさい」(ダイヤモンド社)
が、おかげさまで発行数20000部を突破しました!
弊社でも、ご注文を受け付けております。
メールにてお問い合わせの方は、こちらをクリックしてください。

【ブログ-井上和弘の寄り道スケッチ】
道場主 井上和弘の趣味、旅、雑学など、
会社経営からちょっと離れた、日常生活をつづったブログ、
「井上和弘の寄り道スケッチ」もぜひご覧ください!
こちらをクリックしてください。

LINEアプリのタイムラインにて、
巷で出会ったスイーツを、3行だけ書いて紹介する、
「スイーツ3行書く命」を配信しています。
ID:icofuruyama
で、LINE内で検索ください。

« 知らないものはできない? | トップページ | 会社はすぐには売れません① »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 銀行の態度が180度変わった日 ②:

« 知らないものはできない? | トップページ | 会社はすぐには売れません① »

おすすめブログ

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック