サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 福岡雄吉郎の最新刊
    好評発売中! 「社長の賢い節税」(著:福岡雄吉郎、発行:日本経営合理化教会) 社長が賢い節税をせずして、会社にも、社長にも、お金を十分に残すことはできません。数々の現場での、あっと驚く事例をもとに、お金を残すための具体策を、余すところなく披露します。

福岡雄吉郎 出版記念セミナーのお知らせ!

  • 福岡雄吉一郎 出版記念セミナーのお知らせ
    「社長の賢い節税」出版を記念とした、税務対策セミナーです。 5月25日(大阪)、28日(東京)にて開催します。 ゲスト講師も登壇予定です。 詳細は追って連絡いたします。 主催:日本経営合理化協会

相続対策セミナーのお知らせ

  • 相続対策セミナーのお知らせ
    2021年度の日程が決定しました。6月8日(火)東京・オンライン、6月22日(火)大阪。 主催:日本経営合理化協会 詳細は追ってご連絡いたします。

古山喜章CD お金が残る決算書「100の打ち手」発売!

  • お金が残る決算書「100の打ち手」発売!
    1話5分完結で全100話収録! 会社を強くする決算書にするための具体策を、節税対策、銀行対策、危機対応、業種別対策など、7つの側面から、実例を交えて語ります。 移動時・在宅時などのすきま時間に、ぜひご活用ください。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« コンプライアンスの時代です | トップページ | 見落としがちな30%特別償却 »

2016年10月11日 (火)

うそつき経済評論家

高橋洋一氏(元高級官僚  経済評論家)の著者に学ばされることが多いです。
新著の(これが世界と日本経済の真実だ)で
「数字を読めないマスコミ、評論家、学者、官僚たちの嘘八百 左巻き報道に惑わされるな!」とおっしゃっています。


今は10月、来月にもなれば「来年の経済はどうなるのか?」と、
各評論家先生方も原稿の締め切りに追われることになります。
しかし、高橋先生の言われる通り、
どれもこれも当たらず、結局は、嘘八百になってしまうのですね。

高橋先生の言われている論旨の中で 一番同感するのは、
日本の1000兆円を超える債務に対する考え方です。
ハイパーインフレが来る!
預金封鎖が起こる!
という意見に対して、はっきりと「起きない!」とおっしゃっています。
理由は簡単、B/S発想すれば理解できることなのです。
マスコミ、学者、そのほかの評論家は B/Sが解らないのです。
B/S思考すれば 借金は右側に来ます。
一方、借金に対して左側の資産がどれだけあるか、バランスしていればよいのです。(私は 借金はしない方がよいと思っていますが、国はそうもいかないのですね)

借金の多さではなく、資産がどれだけあるか? なのです。
1000兆円から資産(現金、金融証券)の中で売却できるものを引かないといけないのでしょうね。
P/L発想で予算の収支だけを見ていてはいけないでしょうね。

そういえば、
ハイパーインフレ、大恐慌、預金封鎖が発生するといっていた人物、
浅井  隆氏、朝倉 慶氏、沢上 篤人氏、藤巻 健史氏、榊原 英資氏、大竹 慎一氏、これらは有名人です。
全くの嘘八百をしゃべってはお金にしている罪作りの人物ですね?

浅井  隆氏なる人物は、20年間、自分で出版社をつくり、毎年、出版して,懲りもせず、アジっております。

私は、浅井 隆氏(ゲストで 大昔招いたことがあります) とは、真逆で、デフレが続くと言って今日まで来ています。
幸いにも嘘呼ばわりされていません。
言った本人もびっくりしますが、ボツボツ軽いインフレにしないと困ったと思う今日この頃ですが。

原油が 100ドル時代からみれば半分の50ドルとなり、中国も欧州も不況になっており(過剰),資源デフレ 為替デフレ、マインド(需要)デフレに対抗して政治的にインフレ導入しようにもこの壁は厚いでしょうね。

預金封鎖もそうです。
今 発生するとするなら 銀行が倒産すれば1000万円以上はパーになるので、これも預金封鎖と言えるかもしれませんが、その前に金融庁が合併させてしまうでしょう。
対策を考えるなら、
週刊ダイヤモンドに掲載されている下位の金融機関とは取引をしないことです。


昭和21年2月に発生した新円切替と同じようなことは起こりません。
実行するのは財務省でしょう。総理大臣が発動するのです。
総理大臣は与党の党首です。
選挙でいっぺんに飛ばされます。日本が独裁国家にならないとやれません。
そんなことも分らないのでしょうか?  評論家諸兄は・・・・・??

(井上和弘)

web拍手 by FC2

【新刊本 発売しました】
平成28年6月にあさ出版から、
「決算書で面白いほど会社の数字がわかる本」
が発売されました(監修:井上和弘 著者:福岡雄吉郎)。
“やさしく、わかりやすく”ページは薄いが中身は濃く、
決算書や会社の数字を解説しています。
弊社でも、ご注文を受け付けております。
メールにてお問い合わせの方は、こちらをクリックしてください。

【20000部(第7刷)になりました!】
平成27年1月にダイヤモンド社から発売した、
「儲かる会社をつくるには、赤字決算にしなさい」
がおかげさまで、増刷を重ねつづけ、20000部になりました。
弊社でも、ご注文を受け付けております。
メールにてお問い合わせの方は、こちらをクリックしてください。

【DVD発売しました!】
DVD「社長の経営財務」を、
日本経営合理化協会より発売しました。
多くの経営者が苦手な、貸借対照表が、
これを見れば驚くほどよくわかります。
詳細&お買い求めはこちらからどうぞ。

【ブログ-井上和弘の寄り道スケッチ】
道場主 井上和弘の趣味、旅、雑学など、
会社経営からちょっと離れた、日常生活をつづったブログ、
「井上和弘の寄り道スケッチ」もぜひご覧ください!
こちらをクリックしてください

« コンプライアンスの時代です | トップページ | 見落としがちな30%特別償却 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: うそつき経済評論家:

« コンプライアンスの時代です | トップページ | 見落としがちな30%特別償却 »

おすすめブログ

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック