サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 古山喜章の最新刊
    2月28日発売!「社長!カネ回りをよくしたければ 銀行の言いなりはやめなさい!」(著:古山喜章、発行:ダイヤモンド社)税込み1,620円 銀行交渉を有利に運ぶことで、稼いだお金をより多く残せます。銀行の実態に即した知識と交渉術を、余すことなくお伝えする、銀行交渉本の新バイブルです。

次回セミナーのお知らせ!

  • 次回セミナー日程のお知らせ
    2019年6月27日(木)東京にて、財務改善をテーマに古山喜章のセミナーを開催します。 「《決算書》見方、読み方、今年の磨き方」 主催:日本経営合理化協会 詳細・お申込みはこちらを参照ください。

好評発売中!

  • 福岡雄吉郎の最新刊
    「会社にお金を残したいなら 今すぐ経費を増やしなさい」(著:福岡雄吉郎、発行:ダイヤモンド社) 税込1,620円。 リターンのない社外流出である税金を、いかに減らし、稼いだお金を会社にしっかり残すのか。誰もが知りたくなる実務を詳細に書いた、中小企業必携の一冊です!

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 仁義なき銀行交渉 個人保証死闘篇④ | トップページ | 三つの風が吹いています »

2016年11月18日 (金)

合併すれば節税できる?③

「合併して節税する」
こう聞くと???と思われるかもしれません。
が、この方法で節税している会社は結構あります。

合併して節税する、というのは、
吸収される会社に繰越欠損金があれば、
吸収した会社がそれを使って節税する、ということです。
顧問先であったのが、グループ会社の合併でした。

もともと資本関係はありませんでしたが、
いまから4年前に業績不振で債務超過の会社を救うために、
顧問先が1株1円で、100%を取得したのでした。
で、その後まもなく、その子会社を吸収合併して、
繰越欠損金を1億円程度、活用したのです。

前回説明したとおり、
グループ化して5年経っていないうちに合併しました。
この場合、繰越欠損金を使うには、
4つの条件を満たす必要がありました。
(前回の記事はこちらです)

このうち、ネックだったのは、
『売上高、従業員数、資本金額等が、
おおむね5倍を超えないこと』
という条件でした。

当時、親会社の資本金は1億円、
(吸収される)子会社の資本金は、10百万円でした。
つまり、資本金は10倍になっています。
この要件を満たすことができていなかったのです。

この場合、一つの対策として、
資本金を20百万円に増資することです。
そうすれば、親会社と子会社の資本金の倍率は、
5倍以内となります。

そのかわり、増資をするときには、
しっかりとしたエビデンスが必要です。

とくに、「なぜ、増資する必要があるのか?」
を合理的に説明できなければ、
「節税のために、都合よく増資したのだろう」
と言われかねません。

そのために、稟議書や取締役会議事録で、
「設備投資資金が必要」
「財務体質強化のために増資が必要」
ということを、しっかりと記しておく必要があるのです。

(福岡雄吉郎)

【新刊本 発売しました】
平成28年6月にあさ出版から、
「決算書で面白いほど会社の数字がわかる本」
が発売されました(監修:井上和弘 著者:福岡雄吉郎)。
“やさしく、わかりやすく”ページは薄いが中身は濃く、
決算書や会社の数字を解説しています。
弊社でも、ご注文を受け付けております。
メールにてお問い合わせの方は、こちらをクリックしてください。

【20000部(第7刷)になりました!】
平成27年1月にダイヤモンド社から発売した、
「儲かる会社をつくるには、赤字決算にしなさい」
がおかげさまで、増刷を重ねつづけ、20000部になりました。
弊社でも、ご注文を受け付けております。
メールにてお問い合わせの方は、こちらをクリックしてください。

【DVD発売しました!】
DVD「社長の経営財務」を、
日本経営合理化協会より発売しました。
多くの経営者が苦手な、貸借対照表が、
これを見れば驚くほどよくわかります。
詳細&お買い求めはこちらからどうぞ。

【ブログ-井上和弘の寄り道スケッチ】
道場主 井上和弘の趣味、旅、雑学など、
会社経営からちょっと離れた、日常生活をつづったブログ、
「井上和弘の寄り道スケッチ」もぜひご覧ください!
こちらをクリックしてください

« 仁義なき銀行交渉 個人保証死闘篇④ | トップページ | 三つの風が吹いています »

節税対策&決算対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 合併すれば節税できる?③:

« 仁義なき銀行交渉 個人保証死闘篇④ | トップページ | 三つの風が吹いています »

おすすめブログ

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック