サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 福岡雄吉郎の最新刊
    9月6日発売!「会社にお金を残したいなら、今すぐ経費を増やしなさい!」(著:福岡雄吉郎、発行:ダイヤモンド社)税込み1,620円 顧問税理士では教えてもらえない、会社にお金を残す税務テクニックを存分に披露します! グレーゾーンを白にする、税務対策の新・マニュアル!

井上和弘次回セミナーのお知らせ!

  • 井上和弘次回セミナー日程のお知らせ
    2019年3月7日(木)東京・27日(水)大阪にて、「ICO式事業承継対策」をテーマに開催します。 主催:日本経営合理化協会 詳細は改めてお知らせします。

好評発売中!

  • 古山喜章の最新刊
    「社長の決算書の見方・読み方・磨き方」(著:古山喜章、発行:日本経営合理化協会) 税込15,660円。 決算書を税理士に任せっぱなしでは、会社にお金は残らない!中間決算・本決算の前には一読したい、決算書づくりの新・バイブル!

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 出口を考える | トップページ | ICOがお勧めする決算書対策 ① »

2017年2月23日 (木)

なぜ 真剣な期末決算対策をしないのか?

ほとんどの中小企業は3月末に一年の総決算日の3月31日を迎えるのです。
しかるに 私の目から見れば、
2か月前、3か月前に期末決算対策をしているようには思えない会社が
実に多くあります。

対策って?何でしょうか?
一年間の財務諸表、すなわち P/L(売上損益計算書)
B/S(期末資産一覧表)を正確に表すという決算作業をしているか!
しないのかなのです

経理の人間は、期末が過ぎてから、決算計算作業をはじめようとしますが、
全くもって、私の思想とは異なり、「あほちゃうか?」となるのです。

何の為に1年間の P/L  B/Sを
正確に表す作業をしているのでしょうか?
①会社業績は如何であったのか?
②それに伴う利益配分(役員賞与、配当)は?
③法人税をいくら支払わなければならないのか?

①の業績は のこり2か月で、
すでに今期はどれぐらい売り上げになり、
営業利益、経常利益はいくらになるのかは予想できるはずです。
いまさらジタバタしてもどうしようもありません!

②利益に関しては 幹部クラスは興味のある所です。
待遇、処遇、経済的にも影響が大きいのですから・・・
目標や前年比 どうなるかという所です。

③の法人税に対してはどんな経営者でも利益を追求していても、
どうにかして税金が安くならないのか!
1円でも安くしてほしいという願望を持っているはずです。


利益は高く多く達成して、税金等の社外流出はできるだけ抑えたいのです。
世間でよくあるのは 決算日を過ぎて、
その数字を見て、現金を〇○○万円支払ってくださいと言われて、
慌てふためくことが多いことです。

決算日が過ぎてしまって その前の伝票を操作するのは、明らかに違法です。
違法な事はやってはなりません。
経営者がやるような小手先の方法などは、
税務調査が入れば簡単に見つかってしまいます。

「頭隠して尻隠さず」 拙い方法をしてはいけないのです。
それよりももっとしっかりと B/S,P/Lを理解し、
対策を早くからすることです。

なぜ、支払わなくても もう少し考えれば税金が安くなる方法を
皆で考えないのでしょうか?それは

会社の幹部連中が マイナス部分を隠すからです


・回収も出来ないトラブル売掛金の存在を
いかにも生きている売掛債権にしている

・売れると思って作った(仕入れた)製品、商品が不良化している

・稼働すると思っていた機械が全くあて外れで、稼働していない

・仮払いや未収金や きっちりと期日までに精算していない金額がある

経営では、いろいろ目論んでも、そのようにはなかなかいきません。
失敗事が生じるものです。それを早め、早めに「すみません!」と言って謝り、落としてしまったらいいものを落とさないで誤魔化して、
時間稼ぎをするのは どこの会社でもやっているのです。

「ガバナビリテイ」とは 
トップの社長がそれらを明らかにして、スパッ!と切ってしまう事なのです。
儲かっていないのに利益が出たような計算書をつくり、
後で 大問題になる東芝みたいになっては絶対いけません。

(井上和弘)

web拍手 by FC2

【新刊本 発売しました!】
井上和弘の最新刊『承継と相続 おカネの実務』が発売されました。
オーナー経営に精通した井上和弘が生み出した事業承継対策が満載です!
難しい専門用語は一切なし!多くの実例を示して、
あくまでも社長目線でわかりやすく解説しています。
メールにてお問い合わせの方は、こちらをクリックしてください。

【20000部(第7刷)になりました!】
平成27年1月にダイヤモンド社から発売した、
「儲かる会社をつくるには、赤字決算にしなさい」
がおかげさまで、増刷を重ねつづけ、20000部になりました。
弊社でも、ご注文を受け付けております。
メールにてお問い合わせの方は、こちらをクリックしてください。

【DVD発売しました!】
DVD「社長の経営財務」を、
日本経営合理化協会より発売しました。
多くの経営者が苦手な、貸借対照表が、
これを見れば驚くほどよくわかります。
詳細&お買い求めはこちらからどうぞ。

【ブログ-井上和弘の寄り道スケッチ】
道場主 井上和弘の趣味、旅、雑学など、
会社経営からちょっと離れた、日常生活をつづったブログ、
「井上和弘の寄り道スケッチ」もぜひご覧ください!
こちらをクリックしてください

« 出口を考える | トップページ | ICOがお勧めする決算書対策 ① »

節税対策&決算対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1165409/69690167

この記事へのトラックバック一覧です: なぜ 真剣な期末決算対策をしないのか?:

« 出口を考える | トップページ | ICOがお勧めする決算書対策 ① »

おすすめブログ

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック