サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 古山喜章の最新刊
    「社長の決算書の見方・読み方・磨き方」(著:古山喜章、発行:日本経営合理化協会)税込み15,660円 銀行対策、税務対策など、会計事務所任せではできない決算対策の実務を網羅した一冊!決算対策の新・バイブルです!

好評発売中!

  • 井上和弘の最新刊
    「承継と相続 おカネの実務」(著:井上和弘、発行:日本経営合理化協会) 税込14,580円。 著者の長年にわたる指導体験をもとに、オーナー社長の承継と相続対策の実務を惜しみなく著した、他の誰にも書けない、渾身の一冊です。

古山喜章 出版記念セミナーのお知らせ

井上和弘次回セミナーのお知らせ!

  • 井上和弘次回セミナー日程のお知らせ
    平成30年6月5日(火)東京・27日(水)大阪にて、「高収益を稼ぎ出す、社員・組織の作り直し方」をテーマに開催します。 主催:日本経営合理化協会 詳細は改めてお知らせします。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 売上拡大を望むなら それだけの市場規模が必要なのです | トップページ | わかりやすい役員退職金の考え方 »

2017年4月18日 (火)

仁義なき銀行交渉 東芝VS銀行団④

融資継続か否か、このところ、
東芝VS銀行団のバトルが過熱しています。
4月に入り、進展があったので、
改めてこのシリーズを書かせていただきます。

④メイン全行が格付けを下げた

銀行団のメイン4行のうち、
みずほだけが2月下旬、
東芝の格付けを「要注意先」として下げました。
みずほは東芝への融資を切る覚悟で臨んだ、と申し上げました。
他の3行にすれば、みずほが裏切った形ですが、
その反面、自分たちも「要注意先」に下げやすくなりました。
どことも、一番手にはなりたくないものの、
そのあとには続きたいのです。
ただ、「要注意先」にすれば、融資額の5%を、
貸し倒れ引当金として損金計上しなければなりません。
そこに躊躇があったのです。

ところが、
4月に入り、他のメイン3行がすべて、
東芝の格付けを、「要注意先」に下げました。
これはどういうことでしょうか?
おそらく、年度末の3月末を超えたところで、
「要注意先」に下げよう、という思惑だったと思われます。
年度末を向かえる段階で「要注意先」にして、
貸し倒れ引当金の損金計上することを、避けたのでしょう。

メイン4行が「要注意先」なら、
メイン以外の地銀約80行も、当然、
東芝の格付けを「要注意先」か、それ以下にするでしょう。
地銀の銀行団離れは、ますます進行しているようです。
つまり、これ以上の融資はできない、
と決断した地銀が増えてきているのです。
その撤退分のカバーは、残った銀行団ですることになります。
各銀行の融資額という荷は、ますます重くなります。

東芝の自己資本は今、債務超過です。
それで「要注意先」というだけでも、優遇されています。
その下の格付けは、「要管理先」です。
この格付けになれば、銀行は、
約15%の、貸し倒れ引当金計上が必要となります。
「要注意先」の時に比べて、3倍の引当金計上です。
今のところ、銀行団は、融資を継続する姿勢、ということです。

しかし、
決算書に監査法人のお墨付きが出ていない現状、
銀行団は、「局面が変わった」と述べています。
これは何を意味するでしょうか。
融資継続の姿勢が撤回される可能性は、大いにある、
ということです。
銀行は、手のひらを返すもの、なのです。

中小企業も、決算書によって、
格付け(スコアリング)されています。
格付けが下がるほど、銀行は金利を高くしたがります。
それは、
貸し倒れ引当金の損金計上分を、取り戻しておきたい、
という意味でもあるのです。

(古山喜章)

【新刊本 発売しました!】
井上和弘の最新刊
『承継と相続 おカネの実務』が発売されました。
オーナー経営に精通した井上和弘が生み出した事業承継対策が満載です!
難しい専門用語は一切なし!多くの実例を示して、
あくまでも社長目線でわかりやすく解説しています。
メールにてお問い合わせの方は、こちらをクリックしてください。

「儲かる会社をつくるには、赤字決算にしなさい」(ダイヤモンド社)
が、おかげさまで発行数20000部を突破しました!
弊社でも、ご注文を受け付けております。
メールにてお問い合わせの方は、こちらをクリックしてください。

【ブログ-井上和弘の寄り道スケッチ】
道場主 井上和弘の趣味、旅、雑学など、
会社経営からちょっと離れた、日常生活をつづったブログ、
「井上和弘の寄り道スケッチ」もぜひご覧ください!
こちらをクリックしてください。

LINEアプリのタイムラインにて、
巷で出会ったスイーツを、3行だけ書いて紹介する、
「スイーツ3行書く命」を配信しています。
ID:icofuruyama
で、LINE内で検索ください。

« 売上拡大を望むなら それだけの市場規模が必要なのです | トップページ | わかりやすい役員退職金の考え方 »

銀行交渉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1165409/70295017

この記事へのトラックバック一覧です: 仁義なき銀行交渉 東芝VS銀行団④:

« 売上拡大を望むなら それだけの市場規模が必要なのです | トップページ | わかりやすい役員退職金の考え方 »

おすすめブログ

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック